2015年05月14日

おしゃべり女子組

150514.jpg

次女の誕生日が近いので、ケーキの予約に行きました。
ケーキの陳列棚を見て、大喜びの次女。
お誕生日ケーキのパンフレットを見て、ハート形のケーキを予約しました。

しかし、ケーキもさることながら、今食べる物を物色し始めた次女。
「今日なら買ってもらえる」と確信をしたのでしょう。
ゼリーを一つ選んで持って来ました。
そうなると長女も買います。
結局、1人1個ゼリーを買って、車の中で幸せそうに食べていました。

長女と次女。
4歳違いだが、この二人がふざけ合うと、まぁうるさい(><)
長女が次女をからかうと、次女が大声で笑ったり、時々超音波のような奇声を発する。
ほんのひとときなら良いが、これが延々続くと、さすがにこっちも切れる。
「静かにしろ!騒ぐな!」が口から出て来る。

それでも、一瞬は静まるものの、再び騒ぎ出す。
これが我が家の日常になっています(-_-)
騒がない時でも、二人で良くおしゃべりをする。
おままごとではないが、二人で何かを演じる様に、ずっとおしゃべりをする。
よくまぁ飽きないものだ。と、男であり父である私は半分呆れて見ている。

女の子ってこんなものなんでしょうね。
男の子はとにかく騒ぐ時は身体を使って騒ぐ。
身体を使わない時は、おもちゃで遊ぶ。
おもちゃで遊ぶ時は、あまり言葉は出さない。

息子もそうだったが、効果音が多いんですよね。
ウィーン!!ビビビビィ〜〜〜!!ドッカーン!!
台詞はいっさい出て来ません(笑)

ところが女の子は、ひたすら台詞が続く。
自分たちの中で、次々とストーリーが展開されて行くのでしょう。
延々と話し続ける長女と次女(^^;)
本当におしゃべり好きです。

車に乗っていても、私と嫁さんが話しをしていても、間に割って話して来る。
あまりにも続くので、「5分で良いから黙ってくれ」と言った事もしばしば(笑)
女子の気持ちを解っているハズの嫁さんでも、そう思うらしい(^^;)

無口過ぎるのも困りますが、おしゃべり過ぎるのも参ります。
まぁそれだけ元気な証ではあるのですが。
これだけ騒いで、これだけおしゃべりして、親に甘えて来るのも、あと数年でしょう。
長女が小学校の高学年になれば、落ち着くだろうし、そうなれば次女も1人では騒がない・・・ハズ(^^;)

数年後には「そんなんだったなぁ〜」と懐かしく、このつぶやきを読み返す事でしょうね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:46 | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。