2015年05月07日

火山大国日本

150507.jpg

ゴールデンウィーク明けはやはりキツい。
身体がすっかり休日モードに慣れてしまっています(^^;)
でも、仕事しないとね。平常運転で頑張りますか。

もうすっかり夏の空になっていて、空には入道雲がチラホラ見受けられる様になりました。
春なのに寒いと思っていたら、今度は一気に夏のような暑さ。
ぽかぽか陽気の春が今年は殆ど無い感じです。
やっぱり異常気象なのでしょうか。

春と秋が短くて、寒さから突然暑さへ、暑さから突然寒さへ。
そんな気がしてなりません。
確か去年の寒さも、突然やって来ました。
そしてなかなか寒さが抜けないまま、突然暑さがやって来た。
四季のバランスがおかしくなっているのでしょうか?

今、箱根では大涌谷周辺の噴火の恐れがあるとして、警戒が続いています。
昨年秋の御嶽山の悲劇を繰り返さないために、警戒レベル1の段階から、入山を制限したりして来ました。
ちょうどゴールデンウィークの真っただ中で、観光業界には打撃だったかも知れません。
しかし、万一の事に備えて、人命を護るのが最優先です。

日本は火山大国。
その恩恵として、沢山の温泉があります。
災害が多い国ですが、その災害から学んだ知恵がある。
そして自然災害が多いと言う事は、それだけ自然が豊であるという証。
災害も多いが、自然の恩恵も沢山受けています。

私達人間は、自然界の中で生かされている存在。
火山が活発化すれば、なす術もありません。
ただただ安全な場所へ非難して、火山活動が静まるのを祈るのみです。
これは古の時代から、何も変わらない事だと思う。

水害を防ぐために、ダムを造ったり防波堤を築いたり。
それなりに災害に対して人の力を出せる事もある。
しかし、吹き出すマグマを抑える事は絶対に出来ません。
まさしく火山活動と言うのは、地球そのものの活動です。

箱根の心配がありますが、このまま沈静化してくれる事を祈るばかりですね。
しばらくは警戒が必要だと思いますが、何も箱根全てが危険な訳では有りません。
困るのは安全な場所にも、観光客が来なくなる風評被害だと思います。
ちゃんと情報をつかんで、行動をしないといけませんね。

私も一度だけ箱根に行った事ありますが、とってもステキな場所でした。
出来ればまた行きたいです。
逆手に考えれば、箱根を避ける人が多いので、今は空いていて狙い目かも知れません。
ただし、警戒地域には絶対に近づかない事。

確かな情報を持って、正確に恐れましょう。
そしてそれは火山だけに限った事ではありません。
全ての災害に対して言える事だと思います。

自然災害の多い国・日本。
それだけ自然の恵みが多く、自然から恩恵を受けている国と言えます。
自然を恐れ敬い、自然の恵みに感謝して、生きて行きましょう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:20 | Comment(0) | 私の思うこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。