2015年04月30日

日本のために正しく伝えよ

150430.jpg
【写真は産経ニュースWeb版から】

アメリカの米上下両院合同会議で演説を英語で行った安倍総理。
上下両院合同会議で日本の総理が演説をするのは初めて。
それだけ異例の事なんですが、直前まであまりマスコミは報道していませんでした。

ところが直前になって、急に報道が多くなった。
しかし、「上下両院合同会議で日本の総理が演説をするのは初めて」という報道ではなく、演説で安倍総理が「お詫び」や「侵略」という言葉を盛り込むかどうか?という報道。
何でアメリカの合同会議で演説をするのに、「お詫び」「侵略」という言葉を使わなくてはならないの?

「お詫び」「侵略」という言葉を入れて欲しいのは、アメリカでは無くて、韓国と中国です。
アメリカの議員を通して、アメリカ国民向けに演説するのに、何で韓国と中国に気を使わなければいけないのですか?
そしてそれに乗っかる様に、日本のマスコミが「お詫び」「侵略」にこだわるのは、日本の総理大臣の足を引っ張っているだけです。

おそらく日本のマスコミは、安倍総理に「お詫び」「侵略」という言葉を使って欲しかったのでしょうね。
しかし、安倍総理はその圧力に負けずに、未来志向の演説を行いました。
時にユーモアを交えて、笑いも会場に溢れる演説でした。
歴史認識にも触れましたが、「痛切な反省」という言葉を使い、「お詫び」「侵略」等の言葉は使いませんでした。
そしてもちろん「慰安婦問題」も触れていません。

演説の中で、スタンディングオベーションが10回もありました。
それだけ安倍総理の演説に、上下両院合同会議の議員も賛同したと言う事。
つまりは演説は大成功だったと言える事です。

ところが日本のマスコミは、そんな事は伝えません。
なぜか一斉に「総理が歴史認識で痛烈な反省」と大々的に報道しています。
確かに歴史認識で痛烈な反省と述べました。
しかし、それ以上に報道すべき内容は沢山あるハズです。

スタンディングオベーションが10回もある程、素晴らしい演説であった事を、何故伝えないのか?
ビックリしたのは、mixiニュースの朝日デジタルでは、「「前向き」「失望した」 安倍首相演説、米で評価二分」というタイトル。
へ!?どこが評価二分なの?「失望した」議員と言うのは、ほんの一握り。
この記事だけ見ると、まるで演説が賛否両論だったように思えます。
これって明らかにマスコミの偏向報道です。

演説の内容は伝えずに、自分たちの都合の良い様に伝えようとする。
全くフェアじゃない。いい加減にしてほしいですね。
まぁネットなどで国民は解っていると思います。
韓国や中国が怒っているようですが、勝手に怒ってりゃ良いでしょ。
マスコミもそんな事、伝える必要ないですよ。

ホント、日本のマスコミって、なんで日本を貶めようとばかりするのでしょう。
だからテレビ離れが進むんですよ。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:47 | Comment(0) | 私の思うこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。