2015年02月21日

音楽の移り変わり

150221.png

学童の修了式DVDを制作するにあたって、使用する音楽を今探しています。
毎年の事ですが、12〜3分のムービーの中で、5〜6曲の音楽を使います。
ポップなイメージの曲がメインですが、最後はちょっとしっとりとした曲を使います。
さて、今年はどんな曲にするか。

最後の曲は「卒業」とか「感謝」「別れ」などを感じさせる曲がほしい。
昨年は「さくら/森山直太朗」を使いました。
その前の年は「栄光の架け橋/ゆず」でしたね。
さて今年はどうしようかな?

持っている楽曲から選んでも良いけど、せっかくなので新たに曲を入れても良い。
毎年、1〜2曲はこのDVD制作に合わせて、iTunes Storeからダウンロードしています。
今年も良い曲があれば、数曲ダウンロードしたいと思います。

iTunes Storeで曲を選ぶのは、視聴が出来るので良いですね。
気に入った曲があれば、すぐにダウンロードして使える。
本当に便利です。

結婚式のDVDを作っていた時も、同様に音楽を探したりしていました。
まだiTunes Storeが無かった頃は、レンタルCDを探しに行っていました。
レンタルがあれば良いけど、無い場合もあって、苦労したのを覚えています。
今は殆どの楽曲がiTunes Storeでダウンロード購入出来ます。
手間ひまを考えれば、レンタルしてくるのと、さほど変わらない。

最近はCDで曲を買う事は、ほとんど無くなりました。
ほとんどがiTunes Storeでダウンロード購入しています。
よほど好きなアーティストなら、CDで買いたいけど、今そこまで熱烈に好きなアーティストもいない。
気に入った曲をダウンロードして購入しています。

特に私が購入すると言うよりも、息子に頼まれて購入する場合が多い。
息子が気に入った曲をダウンロード購入して、それを私も聴いている(笑)
時々アニソンだったりして、あまり聴かない曲もあるが、結構私と音楽の志向が似ているので、私も聴いている曲が多い。
そしてこのDVD制作の時に、何曲かダウンロードします。

iTunes Storeでダウンロードして、iMacで音楽を聴く。
このスタイルが定着してしまいました。
そしてそのままiPhoneで音楽を持ち歩いて、外ではiPhoneで聴く。
昔ならCDからテープにダビングして、ウォークマンで聴く・・・・という時代でしたね(笑)
さらにその昔は、レコードでした。
あぁ〜懐かしい(大笑)

音楽も音楽を売る方法も、そして私達が音楽を聴くスタイルも、どんどんと変わって行きます。
気軽に音楽を楽しめる時代になったという点では、良かったと言えますが、その分、じっくりと腰を据えて音楽に聴き入るという事は無くなりました。
たまにはアンプを通して大きなスピーカーで、身体ごと音楽に浸ってみたい。
そんな音響システムは、もはや限られた所でしか味わえないのでしょうね。

音楽が手軽に入手できる環境になり、手軽に聴ける時代。
その分、じっくりと音楽を聴く環境は無くなりつつある。
時代の流れですが、やはりちょっと寂しい感もありますね。

さて、センチメンタルな気分になっている場合ではない。
音楽を選んでDVD制作に取りかからなくては(笑)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:35 | Comment(0) | 音楽/映画
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。