2015年02月02日

テロの根幹を考える

150202.jpg
【写真は産経ニュースWeb版から】

一時は「死刑囚との人質交換」との情報が出ていたのに、あれはデマだったようですね。
日曜の朝からショッキングなニュースで目覚めました。
ある程度覚悟はしていたものの、やはりショックです。

拘束されていた湯川氏が殺害されてしまい、続けて後藤氏も殺害されてしまいました。
最後の最後まで、救出される事を、日本中が祈っていました。
しかし、殺害を動画で見せるという、非道きわまりない行為。
ISILのした事は、本当に許せないし、正直憎悪の念さえ沸いて来る。

だが、ここで復習の念を持っても、何の意味も持たないと思う。
むしろ復習の念を持たせる事が、ISILの望んでいる事でしょう。
敵対意識を持たせる事で、自分たちが戦う事への正当性を得たいのでしょう。
日本が「テロと戦う」と言えば、日本人は敵とみなして攻撃出来ると考えているのだと思う。

ISILの行為は決して許されない。
しかし、単純に「テロは悪だ」と思い込むだけでは何も解決しないと思う。
決してテロ行為は許されないし、許してはならない。
許してはならないが、テロ行為が起きる根幹を探らなければ、いつまでもテロは無くならない。

テロとの戦いと言えば聞こえは良い。
テロリスト側を完全悪として、それを叩く正義としての戦いに見える。
しかし、叩けば叩く程、憎しみは芽生えて来る。

何故テロが無くならないのか?
いろいろと複雑な問題はあると思うが、一つの要因として貧困があると思う。
暮らしが有る程度裕福であれば、テロなんて起きない。
そしてその貧困からなかなか脱せない。
その理由が教育にあると思う。

まともに教育を受けれない子供達。
大人になってもまともな職に就けない。
金を得るために、テロに参加して行く。
全ての子供達に教育が必要。
しかし、その教育をもテロリスト達は拒もうとしている。

女性や子供に、まともな教育を受けさせないのは、宗教をねじ曲げて自分たちの都合の良いように解釈した差別的思想。
武力による恐怖の支配は、新たな憎しみの芽を産み出す。
やがて武力衝突が起きて、内戦が始まる。

さらに事態を難しくしているのが、宗派や部族間での思想の違い。
そこにアメリカが加わる事で、ますます事態が難しくなる。
アメリカは「テロと戦う」ではなく「テロと向き合う」に考えを改めるべきだと思います。
テロは叩けば叩く程、憎悪の目が吹き出す。

私達も、「イスラム」とひとくくりに考えるのではなく、複雑な問題の中で、日本が出来る事を考えて行く必要があると思います。
その事が、後藤氏の思いでもあったのではないかと考えます。
後藤氏が伝えたかった事、それを少しでも考える事が、後藤氏の供養になる気がします。

殺害されてしまった後藤氏。
さぞかし無念であったと思います。
そして残された家族、特に小さなお子様と帰りを待っていた奥様の心痛を思うと、本当にやりきれません。
心よりご冥福をお祈りすると共に、ご家族の皆様にお悔やみを申し上げます。

ただ、私は後藤氏がISILに飛び込んで行ったのは、大きな過ちであったと思っています。
自分の責任でとビデオに残していますが、結果的に日本政府とヨルダン政府、そして世界中に波紋を広げてしまった。
一部のメディアでは、後藤氏のこれまでの活動を紹介して、後藤氏を英雄のように扱っています。
これまでの活動は活動として賞賛すべきですが、今回の行いは問題があったと思います。

そして、今回の事件を政府批判に利用しようとする動きが見受けられます。
批判すべきはISILであり、そのISILのようなテロを無くす事に全力を注ぐべきです。
それこそが後藤氏の願いであると思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:47 | Comment(0) | 私の思うこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。