2015年01月17日

20年を経て

150117.jpg

阪神・淡路大震災から20年が経ちました。
20年前のあの日。
私は一人寝ていました。
そして地響きで目が覚めた。

私の住んでいる町では震度4。
しかし、実際はそれ以上の揺れの様に感じた。
しばらくしてテレビを見て唖然とした。
まるで映画のシーンのような、めちゃくちゃになった神戸の町。

あれから20年が経ちましたが、阪神・淡路大震災で被災された方や、肉親・知人を亡くされた方にとっては、昨日の事のように感じられるのではないでしょうか。
町は復興して、傷跡も消えた様に見えますが、被災した方の心の傷は一生癒えないのだと思います。
私達も忘れるのではなく、しっかりと心に刻んでおかなくてはいけない。

震災が起きる度に、地域の大切さを学んでいる気がします。
日常の中では特に感じない地域の繋がり。
しかし非常時となった時、やはり頼りになるのは地域のコミュニケーションです。
「どこの誰」すらわからない状況では、何も出来ない。

私の住んでいる町は、新しい町で、今も人口が増えている。
次々と新しい住民が増えて、若い世代が急増しています。
私自身もどこに誰が住んでいて、何人家族なのか解りません。

何か起きた時、一番大切なのは、やはり人と人の繋がり。
もし、どこかの家が被災したとしたら、その家の家族は何人なのか?が解れば、安否の確認はやりやすい。
しかし、誰が住んでいるのか?何人家族なのか?解らなければ安否の確認は出来ない。
以前起きた、長野県白馬村の地震で、犠牲者が0であった奇跡も、地域のコミュニケーションが最大限に発揮されたからでした。

日本は地震大国。
いつどこで大きな地震が起きてもおかしくはありません。
やはり早急に町づくりを進めていかないといけませんね。
私も役員の一人として、考えていきたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:50 | Comment(0) | 私の思うこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。