2015年01月08日

マクドナルドはどこへ行く

150108.jpg

昨年のペヤングあたりから、食品への異物混入問題が続いている。
そして今、あのマクドナルドが岐路に立たされています。
異物混入問題が次から次へと、表立って来て謝罪会見を開きました。
しかし、あれを謝罪会見と言えるのでしょうか?
単なる言い訳会見にしか見えなかったような気がします。

マクドナルドと言えば、昨年、中国での取引会社のずさんな肉の扱いが問題となったばかり。
あの一件で、マクドナルドから足が遠ざかった客も多かったと思う。
そして我が家もその一部かもしれない。
最近、とんとマクドナルドへ行かなくなりました。

今後、ますます行かなくなるような気がします。
あの中国でのずさんな肉の扱い、加えて今回の異物混入問題。
正直、マクドナルド側が真剣に対策しているとは思えない。
会見を見ても、どこか開き直った会見にさえ感じる。
具体的な解決策を探る努力をせずに、この問題がのど元を過ぎるのを待っている気がしてならない。

いずれこの問題が忘れ去られる様になれば、またお客は戻って来ると考えているのではなかろうか?
しかし、仮に客足が戻ったとしても、何も具体的な対策をしていなければ、また今回のような件は起きる可能性が高い。
今回の一連の問題を、どこか他人事として捉えている感が否めない。

以前から、マクドナルドの経営姿勢には意義をとなえる人もいる。
品質よりも価格を優先するがために、中国や韓国から材料を仕入れる。
果たして今の状況で、マクドナルド経営陣は、マクドナルドのハンバーガーを食べたいと思うだろうか?
お客様目線で考えないと、ますます客足は遠のきます。

この異物混入問題。
食品を扱う以上、100%の保証は出来ない。
どうやったって、異物混入する可能性がある。
問題は、異物混入が発覚した後の対応です。
残念ながらマクドナルドは、最悪の対応でした。

子供が大好きなので、出来れば時々は連れて行ってあげたい。
しかし、今の企業体質のままでは、連れて行きたいと思えない。
もっとお客様目線になって、心のこもった対応をしてほしいと思います。
今のままでは、きっとモスバーガーかケンタッキーに行くだろうな。

今後、企業体質を変える事が出来るかが、マクドナルドの運命を変える事になると思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:48 | Comment(0) | 私の思うこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。