2014年09月27日

月を描いたイラスト

140927.jpg

土曜日の夕方は、剣道の稽古がある。
長女は家を出るときで、剣道着に着替えて行く。
今日も次女を託児所に迎えに行った足で、そのまま剣道の稽古に向かった。

最近の次女は剣道の稽古にはすっかり興味を示さなくなった(^^;)
毎回、iPadで遊んでいる。
まぁその内、また突然「剣道する!!」って言い出すかもしれないので、毎回竹刀だけは持って行きます。
今日もiPadで遊び通して、稽古の時間が終わりました。

もう日がだいぶ短くなって来ているので、稽古が終り帰る頃には、陽もすっかり暮れていた。
ふと西の空を見ると、細く今にも折れてしまいそうな、三日月が見えた。
娘達も月を見つけて「お父さんバナナムーンだ」と、私に教えてくれました。
我が家の子供達にとっては、三日月はバナナムーンなのです。

月って何か不思議な魅力があります。
満月の美しさ、細い三日月の可憐さ。
同じ月でありながら、様々な表情を見せてくれます。

そのためでしょうか、私のイラストにも沢山の月が出て来る。
バナナムーンも月ですが、月のイラストは数えきれないくらいあります。
満月の十五夜の月は、シリーズでありますし、三日月の月も沢山あります。
最新作の「奄音恋美月(あまねこいみづき)」も月がテーマ。
月ってやっぱり絵にしやすいんですよね。

今日はいくつか月のイラストをご紹介します。
まずは定番で私の代表作でもある「バナナムーン」。
子供のゾウが月をバナナだと思って、お父さんに手伝って月を取ろうとするイラストです。
009バナナムーン.jpg

次に月のハンモックで寝てみたい私の欲望のイラスト「月に揺られて」。
016月に揺られて.jpg

次は奈良らしさを月で表現した「古都静月(ことしづき)」。
047古都静月(ことしづき).jpg

今度はクリスタルな月をイメージした「Moon Harp」。
058Moon Harp.jpg

切なさと凍てつく寒さを表現した「寒月の涙」。
083寒月の涙.jpg

思わずほのぼのとなる「お月見にゃんこ」。
097お月見にゃんこ.jpg

そして最新作の「奄音恋美月(あまねこいみづき)」。
145奄音恋美月(あまねこいみづき).jpg

まだまだありますが、きりがないのでこの辺で(笑)
同じ月でも、描き方やテーマによって、全然違うイメージに仕上がります。
今夜の三日月も、絵にするとまた違ったイメージのイラストになったのかも知れません。
とっても美しい月でした。

さて、そろそろ新作を描かないといけない時期になりました。
今宵の月をモチーフに描いてみようかな。
神秘的な折れそうな月。
そんなイメージで描いてみようかな。

でも、今夜はもう眠いのでオヤスミナサイ(__)mm
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:53 | Comment(0) | アート
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。