2014年09月18日

切ない夕暮れ時

140918.jpg

今日は夕方から一気に冷え込みました。
半袖ではちょっと肌寒く感じる程に、涼しい夕刻でした。
だんだん、日が短くなって来ています。
一気に秋の深まりを感じるこの頃です。

ほぼ毎日、次女の託児所のお迎えの帰りに、参拝をして帰ります。
夏場はまだまだ明るい内に参拝をしていましたが、最近徐々に暗くなり始めた。
そして空が一気に秋の空になってきています。

最近まで、時々入道雲が発生している事もありましたが、ここ数日は、空もすっかり秋の空です。
夏の夕暮れ時って、エネルギッシュな感じがします。
やはり入道雲が夕陽に照らされるので、そんな印象を受けるのでしょう。
一方秋の夕暮れ時は、やはりセンチメンタルな感じになる。
今日の夕焼けも、何となく切ない気分になるような夕焼け空でした。

夕焼けって何か不思議です。
ずっと見ていられるし、何か心が洗われるような気がします。
一日が終り、漆黒の夜の世界に移り変わり行く時間帯。
刻一刻と変わりゆく色を、じっと見ていたくなります。

しかし、実際は一番慌ただしい時間帯です。
早く家に帰って、娘達をお風呂に入れて、晩ご飯を作らなければいけません。
夕焼け空を眺めながら、センチメンタルになっている時間はありません(笑)
時々、車の中から美しい夕焼けを見ると、そのままどこか行きたい衝動に駆られます。
わたくしお得意の現実逃避の妄想が始まるのです(^^;)

見晴らしの良いテラスに、椅子を置いて、何もせずただただ夕焼け空を眺めていたい。
そんな妄想の世界にふと入り込んでしまいます。
でも、現実は家に帰ってやる事が山積みです(笑)
それに我が家には見晴らしの良いテラスなんてありません(^^;)

この時期の夕焼け空って、一番切なさを感じます。
夏の空気が若干残っているから、余計に切なさを感じるのかも知れませんね。
切ないけど、またそれが美しさを際立てます。
哀愁の美が、この時期の夕焼け空にはあるような気がします。

のんびりと夕焼け空を眺める事はできませんが、帰り道、歩きながら、車を運転しながら、少しでも夕焼けを楽しめたらと思います。
明日もお天気も心も晴れますように。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:57 | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。