2014年09月10日

iPhone&APPLE WATCH登場

140910-1.jpg

ついにiPhone6が発表になりました。
「画面が大きくなる」と噂されていましたが、なんと大きくなった物に、さらに大きい「PLUS」も登場。
iPhone6のサイズが67.0mm×138.1mmと、iPhone5を一回り大きくした感じ。
さらにiPhone6PLUSは、77.8mm×158.1mmとこちらはかなりデカイ。

基本的なデザインは変わらないが、なめらかな曲面のデザインは、やはり美しさを感じさせます。
私はやっぱりBlackが良いな〜。
当分機種変更出来ないと思うけど(^^;)

iPhone6は登場するのは、もう解りきった事でしたが、もう一つ今回の大きな目玉がありました。
こちらも随分と昔から噂されて来たウォッチ。
噂ではずっとi WATCHと呼ばれていました。
iPhoneやiPadの流れから行けば、当然そうなると思った。

140910-2.jpg

ところが名称はAPPLE WATCHでした。
ある意味、期待を裏切ったアップルの戦略ですね。
そしてAPPLE WATCHの中身もデザインも、良い意味で期待を裏切っている。
もっと斬新でスタイリッシュなデザインを予想していた。
近未来を感じさせる、これまで見た事も無いようなデザイン。
きっと多くの人がそんな物を予想して来たのではないか。

ところがAPPLE WATCHは、非常にオーソドックスなデザインと言えます。
まるで普通の腕時計にさえ見える。
しかし、それは外見上のデザイン。
もちろん中には、様々な機能が盛り込まれています。
そして洗練されたデザインが盛り込まれている。

アップルが取った戦略は、従来の時計愛用者を囲い込むもののような気がします。
時計愛用者と言っても、ブランドの時計愛好者では無い。
何百万円もの時計を使う愛用者では無く、普通の時計を使う愛用者。
つまりは日常的に使う時計を、そのままAPPLE WATCHに変える戦略。

思い返してみれば、携帯電話がiPhoneの登場によって、一気にシェアを奪われた。
今や携帯=スマホと言える。
これと同じ事をアップルはやろうとしている。
腕時計=APPLE WATCHと言う風に。

時計メーカーにとっては、これはとんでもない挑戦状ではないだろうか。
日常生活のために時計を使う人にとっては、より便利な時計が欲しい。
APPLE WATCHは時計であるが、様々な機能を持っている。
時にメールを教えてくれたり、電話を受けたり、万歩計になったりと、様々な使い方が出来ます。
心拍数を記録したり、ストップウォッチになったりと、フィットネスやヘルス機能を充実させています。

これは腕時計を機能として使う人にとっては、とてつもなく魅力的です。
私も長い事、腕時計はしていませんが、APPLE WATCHを見たら、腕につけたくなりました(^^;)
時計その物が好きな人は別として、時計に機能を求める人にとっては、APPLE WATCHは夢の時計と言えます。
そんなAPPLE WATCHですが、発売は2015年だそうです。
良かった〜欲しくても、まだ手が出せないですからね(笑)

iPhoneの発売は9月19日だそうです。
きっと大勢の人が並ぶんだろうな(^^;)
私もなるべく早くiPhone6にしたい〜。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:55 | Comment(0) | Macintosh
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。