2014年08月08日

勢力が強いままの台風

140808.jpg

台風が近づいて来ています。
今現在、私の故郷の奄美大島の真横。
時速15kmという非常に遅いスピードで進んでいますので、奄美はかなり強風が続いていると思います。

このままの進路だと、関西も直撃の可能性もある。
台風は東側がキツいので、関西に直撃した場合は、かなり風がキツくなりそうです。
九州に上陸するか、しないかで、勢力が衰えるかどうかが微妙な感じですね。
もし九州に上陸しないで、そのまま行くと、四国に上陸しそうです。
それも高知に。

ただでさえ、高知は長引く大雨で被害が出ているのに、台風までも直撃しそうな勢いです。
高知の水害が出ている地域の方々にとっては、二重・三重の苦しみになってしまいます。
なるべく東よりのコースを取ってほしいものですが、そうなると近畿を直撃。
奈良もその範囲に入る可能性があります。

奈良は本当に災害が少ない地域で、台風が来ても被害らしい被害は起きません。
十津川で山津波が起きた大きな大きな被害がありましたが、奈良盆地では被害らしい被害は無い。
それが奈良県民の油断を招いている気がします。
私も奈良に住んでから、台風の被害らしい被害は一度だけ。
私の結婚式の前日に上陸した、平成10年の台風7号。

忘れもしない、結婚式の前日。9月22日に台風7号と8号が同時にやって来た。
台風8号を飲み込むような形で、台風7号はもの凄い暴風で奈良盆地を駆け抜けました。
久々に台風らしい台風だった気がします。
この時は、各地で被害が起きました。

この時の台風くらいですね。
後は直撃しても「本当に台風来ているの?」と思うような事が多い。
だから奈良県民は台風に対して備えの意識が弱いのだと思います。
そして私も徐々にそんな感覚になりつつある。

毎回「台風が来るぞ」と備えても、本当に静かに通り過ぎて行く。
ありがたい事なのですが、それが続くと「まぁ来てもたいした事ないだろう」という意識が出て来る。
私は奄美で猛烈な台風を経験して育って来たので、台風の怖さを身体で覚えています。
でも、台風経験の少ない奈良県民は、その怖さを理解出来ていない気がします。

今回の台風も解りません。
どのようなコースを取るのか。
勢力がどの程度の状態なのか。
これまでが大丈夫だったからと、気を抜くととんでもない事になります。
今回も「何事も無かったな」と思える様に、今から備えておかなくてはいけませんね。

台風情報。
こま目にチェックしましょう。
進路方向にあたっている地域の皆さん。
くれぐれも注意しましょう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 21:05 | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。