2014年08月05日

マスコミの責任は大きいと思う

140805.jpg

日本中に激震が走ったのではないか。
STAP細胞論文問題で、小保方氏の直接の上司の笹井芳樹副センター長が自殺。
まだSTAP細胞の再現検証の結果も出ていない中、自ら命を絶ってしまった。

このニュースを見て、一番最初に思った事。
「責任の取り方が違う」
自殺しても何も結果は伴わない。
逆に日本の科学界への負の衝撃が大きくなってしまった。

報道によれば複数の遺書が見つかっており、小保方氏にも宛てた遺書があると言う。
遺書に託すのなら、死んだつもりで頑張ってほしかった。
まだSTAP細胞の可能性を信じている人も大勢いる。
真相を明らかにする事が、最もやるべき事だっただけに、残念で仕方有りません。

心療内科を受診し、投薬を受けていたらしく、心身ともに疲れていたと言われている。
それならば、なぜ周りがもっとフォロー出来なかったのか。
あまりに酷いようであれば入院させるなどの手もあったのではないだろうか?
全て結果論になってしまうが、理研としてもう少し対策出来なかったのか?
疑問に思ってしまう。

ES細胞の産みの親でもあり、今回のSTAP細胞でも自信をのぞかせていた笹井氏。
これまで華やかな道を歩んで来たのか。
挫折に弱かったのかも知れない。
しかし、私はマスコミの責任も大きいと思います。

STAP細胞問題に関しては、本当に手のひら返しが見事なマスコミでした。
最初は持ち上げるだけ持ち上げておいて、状況が変わると突然叩き始める。
相手が弱って来ると、さらに批判を強める。
まるで犯罪者のような扱いに感じました。

確かに批判されるべき部分もあったと思う。
しかし、もっと冷静に見るべきだったのではないか。
報道のあり方をもっと考えるべきです。
少なくとも、笹井氏を追いつめたのは、マスコミにも責任があると思います。

いずれにせよ、日本の科学界にとっては大きな損失となりました。
今回の自殺をまた騒ぎ立てて、さらに小保方氏や他の理研の人間を追いかけます事だけは辞めて頂きたい。
真剣にマスコミの報道のあり方を考える時期に来ています。
最後になりましたが、笹井氏のご冥福をお祈りいたします。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:36 | Comment(0) | 私の思うこと
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。