2014年06月24日

セクハラを利用するな

140624.jpg

【写真は産経ニュースWeb版から】

セクハラ野次の発言者が名乗り出ました。
以前から「そうではないか!?」と注目されていた、自民党の鈴木議員。
マスコミの取材に対し「私は言っていない」「言った人間は早く名乗り出た方が良い」と言っていた。
しかし、フタを開けてみたら、やっぱり本人だったと言う、何ともお粗末なお話。

この対応は最悪ですね。
まず野次ったのであれば、最初から「こんな意味合いで野次った」って言えば良かったのに。
野次そのものは良く無いと思うが、野次るのであれば、それくらいの気構えで野次ろ!と言いたい。
軽い気持ちで野次ったのであろう。
そしてそれが東京都議会だけでなく、日本の政治全体の中に蔓延しているのだと思う。

政策や方針について、徹底的に討論するのなら解る。
しかし、相手の意見を茶化したり、批判するために野次るのは、いい加減にやめて頂きたい。
本当に日本の未来を見据えて政治をしているのか?と思ってしまいます。
政治家の皆さんには、今回の件を機に、野次そのものを撲滅する事を考えて頂きたい。

今回のこの問題。
政治家の野次を無くす意味では、浮き彫りになって良かったと思う。
しかし、問題の扱い方に問題があると私は思う。

東京都議会の中で起きた問題。
本来ならば、都議会の中で解決する問題です。
野次そのものは許せないし、野次の内容も許せない。
しかし、その問題をわざわざ外に向けて大々的に発信すべき事でしょうか?

野次った鈴木議員が、わざわざ塩村議員の前で頭を下げる記者会見をすべきでしょうか?
さらには海外メディアを集めて、世界に向けて記者会見する必要がどこにあるのでしょうか?
わざわざ問題を大きく大きくして、アピールして見せているようにしか、私の目には映りません。
マスコミを巻き込んで、まるで悪者を退治したヒーロー気取りのように見える。
正直、野次の内容も腹立たしいですが、この鈴木議員をボッコボコに叩くやり方も、とても気分が悪いです。

そしてやはり問題がすり替わっていると思う。
問題とすべきは、議会中の野次であって、女性蔑視では無い。
今回の件、もしこれが違う野次の内容なら、ここまで騒ぎは大きくならない。

どうもこの「セクハラ」という言葉にも曖昧さが漂います。
何をもってセクハラなのか?
言われた本人が不快だと感じた時点でセクハラなら、何でもかんでもセクハラになってしまう。
会社にとても素敵に思える男性と、もう生理的に受け付けない、とても嫌なオッサンが居たとします。
同じ様に「○○さんは結婚しないの?」と聞かれたら。

同じ言葉でも、相手によって聞こえ方は違ってくるのでしょうね。
好意的に思っている男性なら、「私の事気にかけている」とプラスに聞こえる。
ところが嫌なオッサンなら「余計なお世話だ。嫌な思いさせやがってセクハラだ」となるのでしょう。

これは極端な話かも知れませんが、受け取る側の解釈でセクハラになったり、ならなかったりする可能性は高いと思う。
似たような問題は、学校の先生と生徒間でも起きている。
先生が少しでも手を上げたら、すぐに体罰に繋がり、結果的に先生は子供と距離を取り、子供達は先生を見下すようになる。
一時期、体罰問題で、まるで魔女狩りのように、「○○で体罰が・・・」と騒がれました。
今回の件で、今度は「○○でセクハラ発言」という魔女狩りが増える気がします。

セクハラ問題でも、体罰問題でも、本当に被害に遭っている人はいると思います。
本来、そのような人達を守るために、問題提議して解決方法を探るべき。
しかし、このような問題が起きると、その事を利用する人間がいる。
何かあると「体罰だ」「セクハラだ」と騒ぎ立てる。
そうなると、皆、腫れ物を避ける様に、この問題をタブー化してしまう。
だから根本の問題解決にならないのだと思う。

人権問題にしても、差別問題にしても、その問題を利用する人間がいる。
だから根本的な解決が出来なくなる。
本当に被害に遭っている人は、「人権侵害だ」「差別だ」とは叫べません。
だから問題なんです。

今回の塩村議員の対応は、自分が被害者である事を利用して、アピールしているようにしか見えない。
問題の根本はそこじゃ無いハズです。
今回の件を、うまく利用して、自分のアピールの場に使っている様に見えて仕方ない。
野次った鈴木議員も問題だが、それを利用する塩村議員も問題。
あなた方は誰のために政治をしているの?
つくづくそう感じてしまう、今回のセクハラ野次問題です。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:12 | Comment(6) | 私の思うこと
この記事へのコメント
これもねえ・・・。私も言いたいことは山ほどあるのですが、
書き出せばキリがなくなりそうで、躊躇していました。
女が「セクハラだ!」と言えば葵の印籠を突きつけられた悪代官の如く、
「ハハーッ、お許し下さいませ」とばかりに土下座してしまう自民党にも、
私は腹が立ってならないのです。情けないったらありゃしない!

塩村がどんな女か、セクハラかそうでないかは言われる側にもよるでしょう。
「何が悪い!」と開き直る根性ある議員は今の日本にはいないのでしょうか?
あの程度でメソメソ泣くようじゃ都議会議員など務まらない。
週刊朝日でチラッと見ましたけど、あのぐらいの野次には言い返せないとダメ。
「結婚しろと言うなら小池百合子先生にも言ったらどうか?」とか、
「子供を産めと言うのであれば安倍首相の奥様にも申し上げたら如何?」
と返していれば、全く違った展開になったはずなのです。

ちなみに小池百合子って防衛大臣時代、横須賀の海自を視察し、
潜水艦に乗った際にハッチを開けて降りて来るなり、
「ああ怖かった!」とホザいて現場の自衛官たちをカンカンに怒らせたの、
ご存じですか? 「だから女はダメだ!」などと言われるのです。
女だから許されるのであれば、多少のセクハラに目くじら立てるんじゃねーよ!

あ〜俺、なに書いてんだろ? かなり酔いが回ってきたみたい。
あんまり過激なこと書くとマズイので、もうやめときますね。



Posted by 流星 at 2014年07月06日 04:41
私も流星さんの意見と全く同じです。
やれ「セクハラだ」と騒げば、それで全てが通ってしまう。
野次自体も禁止にすべきだと思うが、野次られたくらいで泣くようなら議員になるなと言いたい。
野次る方ももっと腹を据えて野次れ。後から謝罪するくらいなら、最初から野次るな。

もし逆の立場で、男性がセクハラ的発言を受けても、ここまで大問題にはならない。
世の中の事、全て男女平等を言うのなら、男性に対しても言ってはいけない。
しかし、実際はどうか?
女性は何かあると守られ、逆に男性は切り捨てられる。

小池百合子議員の発言は知りませんでした。
でもそれが女性なんですよね。
やたらと女性にリーダーを求めますが、本来女性ってリーダーよりも、リーダを支える立場の者です。
男と女の本質的な違いがある。
それを無視して、女性の社会進出なんて言葉で、適当な女性が議員になったりするから、こんな問題も起きる。

会社も議会も、そこは武器を持たない戦場です。
武器の変わりに、様々な言葉や行動がある。
そこで戦い抜く意志が無いのなら、最初から入ってくるべきでは無い。

あ〜私もかなり過激ですかね(笑)
でも、世の男性そう思っている人多いと思いますよね。
それを口にすると「男女差別だ」「女性蔑視だ」って騒がれるんでしょうね。
Posted by island(ふくはらしゅんじ) at 2014年07月06日 07:10
これは「地球の反対側で愛をつぶやく」というブログからの引用です。
フランス在住の「まる子さん」という主婦の方が書いています。
もしよかったら今度、お時間のある時にでも覗いてみて下さい。
確かにアジアやアフリカの貧しい国では、女性が働こうとしても、
メイドか売春婦ぐらいしか職がない国や地域がごまんとあります。
日本の女性は世界でも一番、幸せな部類だと思いますよ。
何故それが分からないんだろう・・・。
ちょっと長文になってしまいますが、ご容赦を。入るかな?


輝く女性応援会議

2014-06-27(Fri)

こんなの見つけた。

輝く女性応援会議のブログ


ごあいさつ


「すべての女性が輝く日本」をめざして。

政府は2014年3月、「輝く女性応援会議」を立ち上げ、そのムーブメントを全国へ広げていくべくさまざまな取組みを行っています。

政府の「輝く女性応援会議」が運営するこのブログでは、初回の安倍総理の投稿に続き、各界で輝く女性たち、それを応援する各界リーダーたちにリレー形式で投稿していただきます。

(ホームページ)
 http://www.kantei.go.jp/jp/headline/kagayaku_women/

(運営方針)
 http://www.gender.go.jp/policy/sokushin/blog_shine.html


安倍政権、根本的なところで間違っている。今、主婦している日本女性は不幸なんですか? 家族のために働いている主婦は幸せではないのですか? 

外で働け、と。 そして子育ても家事もやれ、と。 無理だったら、仕事をやめて子育てに専念するのではなく、家事子育てに外国人メイドを雇って、仕事の方に専念せよ、と。 仕事で(自分が)輝け、とwww。 家事育児介護の人手不足は外国人で賄うから、女性は外で輝いて生きろ … と。

私は、誤解を畏れずに申し上げれば、女性の最大の仕事は、子孫を残すことだと思っています。 それはいいとか悪いとかの問題ではなく、だから事情で子供ができない方だとかそういう人を見下しているわけでも批判しているわけでもありません、生物学的に見て、基本はそうだ、と言っているのです。 だからまずそれを肯定的に認めた上で仕事だ何だを考えていくべきだと思っています。子孫を残すこと、それって素晴らしいことですよね? 子育てに関しても、「3歳まで」どころか「思春期」こそ子供のそばに、ゆったりとした「お母さん」がいてあげなくてはいけないと思っています。 

才能のある人はどの世界でも一部です。そういう女性はどんどん世界へ出て行ってもらいたいし、応援しています。(そういう女性を「女だから」という理由で妨害したりする男は××だと思ってます) でも特にそういう才覚を持ち合わせていない、私のような普通の女性は、朝から会社で誰でも代わりのきく一般事務などでキリキリ働くよりは、家の中を掃除して、お花を飾って、夫や子供のためにお菓子焼いたりしている方がずっと幸せ、と感じている人だって多いと思います。食事作るためには栄養学だって必要だし、実は主婦は広く浅くいろんな知識が求められていて、本物の主婦はバカじゃ務まらない。

少子化・人口減少心配するのなら、そういう主婦を大切にする政策をとってほしいです。 次世代を育てあげることにすべてを捧げているのです。 これって国の宝じゃございません?

実は、私自身は人口減少とか全然心配していないのですよね。一時大変かもしれませんけど、それを乗り越えれば落ち着くと思っている。 フランスなんか人口6000万人で、日本の半分ですよ、この広い土地に。 日本だって人口1億超えたの戦後ですから。 明治が6000万。そのくらいでちょうどいいと思っています。 単純労働者が足りなければ、それこそ日本の十八番、ロボットでいいでしょ? 

日本列島に人口は1億2千万人いるけど内情は外国系日本列島人? これでいいわけ? 笑えませんよ。問題は数ではなくて質でしょう?

女性も「働く」しか選択肢がない国はたくさんあります。日本は「外で働く」「家で働く(主婦)」の選択肢がある。仕事にしても選択肢は多様です。女性の平均寿命世界一。こんな幸せな国はないでしょう? 「メイド」か「売春」しか選択肢のない国だってたくさんあるのに。

この安倍政権の「女性力活用」政策と「移民」政策、これは小泉政権の「女性天皇」皇室典範改正に匹敵する日本解体政策。 あの時は秋篠宮妃殿下ご懐妊の奇跡が日本を救ってくれました。 今回は「世論」しかない。上記のサイトを始め、官邸に、地元議員に、どんどん声を上げていってください。


三橋貴明氏ブログの移民亡国論 是非お読みください。


Posted by 流星 at 2014年07月13日 04:50
流星さん、素晴らしいブログをご紹介頂きありがとうございます。
まさしくこの「まる子さん」のおっしゃるとおりです。
日本の女性は本当に恵まれているハズなのに、何で「日本は女性の地位が低い」とあれだけ騒ぐのでしょうか?
女性の活躍=外で働く事と、勝手に決めつけて、無理矢理女性が進出する社会を作っている気がしてなりません。

まる子さんのおっしゃるとおり、日本の女性は主婦であっても、幸せだと思います。
多くの女性が幸せな主婦を望んでいるのではないでしょうか?
一部の女性は、社会進出を目指して頑張っているかと思います。
でも、そんな人は「女性の地位が低い」なんて良い訳はしません。
何でもそうですが、自分の能力や努力が足りない人に限って、「社会が悪い」「システムが悪い」って事になる。
これは男女に限らず言える事だと思います。

「まる子さん」のブログ、もっと読んでみたいと思います。
Posted by island(ふくはらしゅんじ) at 2014年07月13日 08:11
こんなニュースがありました。ウィメノミクス???
もう嫌んなっちゃいますよ! 安倍さん、なんか勘違いしてないかい?
来年採用の国家公務員の3割を女性にするそうです。
合格者の3割以上が女性ならば、なんら問題はないでしょう。
だけど3割未満だったらどうするの? 
本来ならば合格の成績上位の男性を不採用にして、
下位の女性を採用するのでしょうか? 
そんなこと許されるのですかね?
ちなみに友人は、「産めノミクスに聞こえた」と言ってましたが・・・(苦笑)。
以下、引用です。

************

安倍首相、次はウィメノミクス 国際女性シンポ開催へ

朝日新聞デジタル 7月13日(日)17時8分配信


安倍首相、次はウィメノミクス 国際女性シンポ開催へ



国際女性ビジネス会議で、出席者らと記念写真に収まる安倍首相=13日、東京都港区、内田光撮影

 安倍晋三首相は13日、東京都内で開かれた国際ビジネス女性会議に出席し、「女性が輝く社会に向けてウィメノミクスを発信する」として今年9月に国際シンポジウムを開催すると表明した。

【写真】国際女性ビジネス会議であいさつする安倍首相=13日、東京都港区、内田光撮影

 首相は「我が国はこれまで残念ながら女性の活躍の優等生とは言えなかった」と指摘。その上で「これからは日本が発信源となって先進国でも途上国でも女性が輝く社会を実現していく」と述べた。シンポジウムには、国際通貨基金(IMF)のラガルド専務理事らが参加する予定。

 また首相は、内閣が掲げる「女性の活躍」の一環として、「来年採用される国家公務員の3割は、確実に女性にしていく」と約束した。(藤原慎一)


Posted by 流星 at 2014年07月15日 01:36
ウィメノミクス。
私も最初は「産めのミクス」かと思いました(笑)
根本的におかしいですよね。
女性の進出って、何も女性が働く数を増やす事では無いハズ。
女性が働きやすい環境を作る事が大事なのに。
どうも外国人労働者受け入れとか、女性進出とか、単純な解決方法ばかりですね。
安倍内閣もバランスを取っているのではないでしょうか?
集団的自衛権に反対する層を囲い込む手法として使っている気がしてなりません。
政治は時として、敵を味方につけるための手法を用いる事もあります。
しかし、私達は私達の望む政治のあり方を、伝えて行かなくてはいけませんね。
Posted by island(ふくはらしゅんじ) at 2014年07月15日 09:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。