2014年06月23日

蚊の撃退法

140623-1.jpg

毎日、庭の野菜に水やりをする。
決まって不快な音とともに、奴がやって来る。
耳元で聞こえるあの「ヴィ〜〜〜〜ン」という嫌な音。
そうガジャンである・・・・・、失礼、つい奄美の方言で言ってしまった。
蚊ですね。
余談ですが、奄美では蚊の事をガジャンと言います(^o^)

蚊を寄せ付けないと言われる蚊取り草を植えているけど、そんなの全くお構いなしに蚊はどんどん発生しています。
ちょっと外に出ただけで、アチコチ刺されるので、たまったもんじゃありません。
これまでも何か対策は無い物か?と考えていましたが、これと言った対策案も無く、考えている内に毎年季節が終わります(笑)
家の中では蚊取り線香を焚いていますが、外では全く対策が無い。

しかし、今年はひとつ試してみようと思っている物があります。
先日、ネットで見つけたのですが、蚊を効果的に捕まえる装置があるのです。
装置って言ったって、市販されている商品ではありません。
自分で簡単に作る事が出来るのです。

材料は、1リットルのペットボトルと、水とブラウンシュガーとイースト菌、これだけ。
ペットボトルの上三分の一くらいをカットして、残った三分の二に水とブラウンシュガーとイースト菌を入れます。
カットした三分の一の部分を逆さにして被せます。

140623-2.jpg

これを室内や軒先等に置いておくだけ。
水とブラウンシュガーとイースト菌が二酸化炭素を発生させ、蚊をおびき寄せるらしい。
蚊はペットボトルの縁に沿って中に入るが、出る事が出来ないそうです。
この捕獲方法って、魚でも同じですよね。
蚊も魚も物体の縁に沿ってしか行動出来ないのですね。

この方法はフィリピンで行われているらしく、蚊が媒介するウイルス性の疾患、デング熱を予防するのに効果を出しているらしい。
日本と違って、蚊に刺される事は命に関わる事なんですね。
この蚊取りペットボトルの効果は絶大のようで、フィリピンでのデング熱感染例は前年と比べて55%減少。
致死率も38%減少という数字を収めたとか。

【参考サイト】
http://tabi-labo.com/11829/mosquito/

これは試してみる価値が十分にある。
材料も全て家に揃っているものなので、早速近々試してみたいと思います。
外に設置しないといけないので、雨を凌ぐ方法を考えないといけません。
これで蚊を撃退できたら、少しは庭でくつろぐ事も出来るかも。
あっその前に、また伸びて来た雑草を取らなきゃ(--;)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:04 | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。