2014年06月19日

Creative Cloud 2014

140619.jpg

AdobeがCreative Cloudを一新しました。

私は2年前からCreative Cloudに移行しており、当所CS6シリーズだったのが、今はCCシリーズへと変わっています。
IllustratorやPhotoshopもCS6からCCとなりました。
その他のデスクトップアプリも全てCCシリーズになっています。

今回の刷新されたCreative Cloudは名称は同じくCCですが、後ろに2014が付いています。
最初はCCのバージョンアップだと思ったので、様子見しようかと考えておりました。
しかし、CCとCC2014は別アプリのようですので、一気に全てダウンロードしました(^o^)
早速最新のアプリを試し始めています。

AdobeはUSTREAMで今回のCreative Cloud2014の発表会をLIVE配信していました。
仕事をしながらちょこちょこ覗いていましたが、面白そうな機能が沢山紹介されていました。
今、私が最も注目しているアプリが「Muse」というもの。
このアプリ、Live配信の中では「デザインツール」として紹介されていました。

AdobeのWebツールは代表的なのがDreamweaverとFlashでしょう。
ホームページをデザインする際、私もそうですが、まずはIllustratorでラフを作り、パーツをIllustratorやPhotoshopで作る。
そしてそれを最終的にDreamweaverで編集していく・・・という流れです。

今回注目しているMuse。
実はホームページ制作のアプリです。
それなのに、何故かウェブツールではなく、デザインツールとして紹介されています。
何故なのか?

それは、まるでIllustratorやInDesignのように、直感的にホームページをデザインできるアプリなのです。
ただ単にページを作るのではなく、サイトの構築も考えながら作る事が出来る。
InDesignのように、マスターページを用意する事ができ、そこからどんどんページを増やして行く事が出来ます。
まさしくInDesignでページを増やして行く様に、簡単にページを作っていく事が出来る。

そして予め用意されたパーツを使って、見た目にも美しくかつインタラクティブなページが作成可能なのです。
MuseはCreative Cloudが発表された頃から、存在していましたし、私も試していました。
しかし、まだまだ実用性にはほど遠く、私も「まだまだ使えない」とDreamweaverを使っていました。
今回の2014版でかなり実用性が強化されました。
これなら仕事にも使えそうです。

他にも沢山の注目内容がありましたが、もう一つ気になったのがアプリでは無くタッチペンでした。
ソフトウェアのAdobeが初めてハードウェアを発表したのです。
以前からAdobeがタッチペンを開発している事は知っていたので、ようやく発表になったか、という印象でした。
しかし、このタッチペン欲しいです(^^;)

今市販で出ているタッチペンって、ペン先が無いものばかり。
iPadの画面と触れる部分が、全て丸い物ばかりです。
これってペンで絵を描こうと思った時、本当に使いづらいんですよね。
やっぱり鉛筆のように、先が尖っていないと絵を描く時には感覚が掴めない。

このAdobeが発表したタッチペンは、まさしく鉛筆のような形。
これなら紙で絵を描くような感覚で、iPadで絵を描けそうです。
Adobeはその辺を狙っているようで、今回の発表に合わせて、FreeのiPad用アプリも用意していました。
Sketchというそのままの名前のアプリ。
早速試してみましたが、シンプルでまさしくスケッチするためのアプリです。

よく考えたら、Adobeって絵を描くためのアプリは無いですよね。
Illustratorで絵を描けますが、ペイントソフトってありません。
Photoshopでも描けますが、やはり本格的なペイントソフトには及ばない。
きっとAdobeはこの分野にもチカラを入れて来るのではないでしょうか。
将来的にPainterのライバル的なアプリが出たら嬉しいなぁ〜。

今回のCreative Cloud2014で、本当にたくさんの発表があり、より便利になったアプリ群。
見ていて思わずワクワクする物ばかりでした。
早速使えるので、仕事で使える物は、どんどん使って行きたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:21 | Comment(0) | 仕事
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。