2020年11月16日

猫のいる暮らし

201116.jpg
【こんなに大きくなりました】

黒猫のショパンが我が家に来てから、かれこれ5ヶ月半。
もうすっかり我が家の一員となっている。
家族も朝起きて「おはよう」の後は「ショパンは?」である。

最近我が家の中では、「ショパンは会話している」と話しています。
こちらが「ショパン」と呼びかけると、「ニャー」と答えます。
そして自分が何かして欲しい時は、ニャーニャー鳴いて訴えます。
さらにこちらが答えると「ニャ」と短い声で鳴いたり、「ニャ?」と語尾が上がるような鳴き声をします。

きっと自分は猫だと思っていないのでは?と話しています。
自分も家族の一員だと思って、私たちに話しかけているのでは?
そんな気がしています。

5ヶ月半の間に、すっかり大きくなりました。
来た時の写真と比べると、3倍くらいの大きさになりました。

我が家にとっても、ショパンは家族の一員になっています。
娘たちも学校から帰ってきたら、「ショパンただいま〜」と言った後に抱っこします。
嫁さんも仕事から帰ってきたら、ショパンを抱っこして癒されています。

日中は自分のお気に入りの場所で寝る。
以前は私の部屋の出窓で外を眺めたりしていたが、最近は長女のベッドで寝ていることが多い。
きっと南側で陽射しが差し込み、暖かいのだと思います。

息子が家に居る時は、息子の部屋の窓際もお気に入りでした。
なんせ外が見えるのがお気に入りなんでしょうね。
これから寒くなって来ると、コタツの中もお気に入りになって来ると思います。

夜寝る時は、自分の好きな場所でくつろいでいますが、気がつくと私の足元や、嫁さんの横で寝ている事が多い。
時々、長女のベッドで寝ていたり、寝るのも自分のお気に入りの場所を決めているようです。
まだ布団の中には入って来ないけど、寒くなったら入って来るのかも。

すっかり我が家の一員となり、我が家もショパンとの生活が普通になっています。
猫が一匹いるだけで、家の中が和む。
時々仕事の邪魔をされるけど、それも癒されているので、良しとします(笑)

家族みんながショパンに癒されています。
ショパンも家族だと思っていてくれたら嬉しいですね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:06 | Comment(0) | 日記