2020年11月12日

Apple独自開発のApple M1チップが搭載されたMac登場

201113.jpg

先日、Appleが新しいMacをひっそりと発表した。
いや、何もひっそりと出したわけでは無いと思うが、iPhone12の発表の時と比べると、やはりひっそりとしたイメージが。
iPhoneはみんな飛びつくけど、MacはMacユーザーだけですからね(笑)

今回発表されたMacはMacBookAirとMacBookPro13インチとMacmini。
なんでこんなに微妙な発表なのか?と思ったら、Macの発表と言うよりは、Mac用の新しいチップを使ったMacの発表です。
以前から独自開発を進めていたApple M1チップを搭載した、初めてのMacの登場です。

これまでAppleはモトローラやインテルなどのチップを使って、Macを作って来ましたが、ついに独自開発のチップを使ったMacが登場したわけです。
独自開発ということは、ハードフェアであるMacに合うチップを開発する事が出来る。
つまりはハードフェアのパフォーマンスが高まる。

実際にかなり処理能力が上がっているようです。
車で言えば、これまでエンジンだけ他の会社で作ってもらい、車を組み立てていたのが、エンジンも自社開発できるようになった。
車の性能に合わせて、エンジンを作る事が出来るのです。
だから見た目は同じでも、より性能が良くスピードも燃費も良い車が作れる。

実際に処理能力が早くなり、さらにバッテリーも長持ちするようです。
まさに車で言えば、高性能・低燃費です。

今回はMacBookAirとMacBookPro13インチとMacminiのみの発表。
しかし、これからiMacや他のサイズのMacBookPro、そしてMacProにもApple M1チップが搭載されたものが登場するでしょう。
これまでと価格は変わらないけど、パフォーマンスは3倍以上だと言われています。
そうなるとMacProのパフォーマンスってめっちゃヤバいのでは?

欲しいけど買えませんね(笑)
しばらくは今のゴミ箱MacProで頑張ります。

でも、最近スピードが落ちているのを実感する。
処理が遅くてイライラする事が増えた。
購入した頃は、処理能力の早さにビックリしたものですが、どんどんスピードが落ちています。
これは致し方ない事です。

今のMacProを購入した頃のアプリと、現在使っているアプリはバージョンが違います。
Adobeのアプリ郡は、毎年バージョンアップを繰り返し、機能が増えていく分、処理が重くなっていく。
他のアプリも年々バージョンアップします。
どのアプリもバージョンアップすると、それだけ処理が遅くなる。

そうやってバージョンアップを繰り返し、新しいアプリが増えてくると、古いMacでは処理が追いつかなくなってくる。
加えてMacOSもバージョンアップします。
買った当時はハイスペックでも、どんどんアプリがバージョンアップされると、処理能力が遅くなる。
アプリの方も、新しいOSやハードフェアを対象にして行きますからね。

今使っているMacProがいつまで持つか?
今日も仕事で大きめのポスター作っていたら、保存するのに時間がかかった。
おまけにいくつかデータを開いていると、途中でillustratorが落ちてしまった。

あと2年くらいが限界かな?
おそらくMacOSも対象外になってくるだろうし。
Apple M1チップを搭載した新しいMacProが登場したらメッチャ買いたくなりそう(笑)
真剣に買い替えに向けて計画立てないといけませんね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 19:30 | Comment(0) | Macintosh