2020年11月08日

鬼滅の刃観てきました

201108.jpg

今日は剣道がお休みだったため、朝はいつもの日曜日よりはまったりモード。
しかし長女は英検の試験があるため、朝から準備していました。
行きは電車で行って、帰りだけ迎えに来て欲しいとのことで、駅まで送って行きました。
友達と二人で行くようで、駅で待ち合わせしてから向かったようです。

15時ごろに迎えに行くつもりにしていたが、長女からメッセージが来た。
身分証明証となる保険証を忘れたようで、到着駅まで持ってきてほしいとのメッセージ。
今から車で向かっても1時間はかかる。
集合は13:40、現在時刻12:25。ギリギリです。

駅に着いたら電話するようにメッセージして車を走らせた。
長女が持っているのはスマホではなくiPod touch。
Wifiが使えればFaceTimeで音声通話ができる。
13時ごろに電話が鳴った。
運転中なのでハンズフリーを使って話す。
あと20分くらいで到着すると伝えて待ってもらった。

なんとか時間通りに到着して、長女に保険証を渡して、そのまま近くのイオンモールに車を停めた。
一旦帰ってもまたすぐに迎えに走らなければならない。
そのまま一人でイオンモールでお昼を食べて、本屋さんに寄ったりして長女を待った。
15時ごろに試験を終えて、長女と友達がやって来た。
二人を乗せて帰路に着いたのが16:30ごろ。

急な展開で妙に疲れたが、今日はこの後にも予定があった。
家族で「鬼滅の刃」を観に行くことにしていた。
昨夜のうちにチケットを予約していたので、再び車を走らせ郡山イオンモールへ。
少し早めに出たが、渋滞していたので、早めに出て良かったです。
妙に疲れたのと渋滞とが重なり、メッチャ眠い。
居眠りしそうになりながらも、なんとかイオンモールに到着。

予約していたチケットを発券し、まだ30分ほど時間があるので、近くの楽器屋さんで楽器をみる。
そろそろいい時間だなと思い、映画館の方に足を運ぶと、どこかで見た顔ぶれが。
なんと剣道で一緒の家族が、同じように映画を観に来ていた。
よく買い物などで会うので、お互いに「よく会いますね」と笑っていた。

私たちより後の上映のようで、私たちは先に飲み物を買って映画館へ。
鬼滅の刃は、昨年映画の予告が出た時から、次女が「観に行きたい」と言っていた。
私も連れて行くつもりでいたが、まさかここまで大ヒットするとは思いませんでした。

鬼滅の刃は、家族の中では私が一番最初にハマりました。
アマゾンプライムでアニメが観れたので、私が先にハマって観ていて、後から子供達がハマった感じです。
でも今は子供達の方が、詳しくなっていますけどね(笑)

さて、映画の方はネタバレになるので内容は書きません。
今回は主人公である竈門炭治郎(かまどたんじろう)と同時に、鬼殺隊炎柱である煉獄杏寿郎(れんごくきょうじゅろう)にスポットが当たっていた。
登場する鬼は魘夢(えんむ・下弦の壱)と、猗窩座(あかざ)。

魘夢を炭治郎と伊之助で必死に戦って倒すが、その後に上弦の鬼である猗窩座が現れる。
鬼殺隊炎柱の煉獄杏寿郎と、上弦の鬼の猗窩座の死闘が繰り広げられます。

主人公竈門炭治郎のバックボーンは、アニメで最初から観ていたし、映画でも夢の中で出てくる。
しかし、煉獄杏寿郎のバックボーンは、初めて登場した。
柱になるまで登り詰めた煉獄杏寿郎にも、いろいろな事情があり、単に超ポジティブなキャラではないことがわかった。

今回は無限列車編なので、また次の映画が予定されているのでしょうね。
漫画ではもう完結になっているので、映画も続くものと思われます。
子供達は漫画を読み終えているので、内容を知っています。
しかし、私は漫画を読んでいません。
漫画を買ってあげたのは、私と嫁さんなので、私も漫画を読んで話の完結を知りたいと思います。

映画館に入るまでは、メッチャ眠かったけど、映画が始まったら一気に引き込まれました。
シリアスな場面あり、激闘シーンあり、でも時々笑いの要素があり、やはり面白かったです。
でも泣きはしませんでした。

娘たちも満足したようですが、嫁さんだけはアニメも漫画も見てないので、いきなり映画で???がたくさんあったようです(笑)
それでも家族で映画を観れて、楽しい思い出の1ページとなりました。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:05 | Comment(0) | 音楽/映画