2020年10月23日

海の男への第一歩

201023.jpg

本日の夕方に、キャリーバッグを引きながら、息子は電車へと乗り込んで行きました。
就職してから、なかなか就航の予定がわからずにいましたが、いよいよ明日から乗船が決まりました。
今夜のうちに山口県徳山まで移動して、明日から仕事に就きます。

入社式〜研修の1週間を終えてから、2週間近く待っていました。
ようやく本格的な仕事に入ります。
きっと不安でいっぱいだと思うけど、これまで頑張ってきた事を思い出して、必死で働いて欲しい。
まずは慣れることから。

一度乗船すると、3ヶ月は帰って来ません。
次に息子と再会するのは、年が明けてからとなります。
厳しい世界だと思うが、自分で選んだ道です。
しっかりやり遂げて欲しいと思います。

息子が入った会社は、天然ガスやLPGを運ぶタンカーの会社。
基本的に日本近海を就航するが、海外に就航する路線もあり、海外に行く可能性もある。
航海士になるために、5年半頑張って来た。
そしていよいよ実践の第一歩を踏み出します。

仕事をするということは、楽しいことばかりではない。
辛いことの方が多いかも知れない。
しかし、その辛いと感じる事も、自分の仕事が社会に貢献していると思えば、やりがいになる。
やりがいを積み重ねて行くと、いつの日かそれが楽しみに変わる。

海が好きでこの道を選んだ息子。
立派な航海士になるために、必死になって頑張って欲しい。
そのために、5年半頑張って来たのだから。

本当の航海がいよいよ始まります。
荒波に揉まれる事もあるでしょう。
凪の中でくつろげる時もあるでしょう。
その全てが自分の糧となる。

一日一日を大切に働いて、海の男として成長して欲しい。
私たち両親は、遠く海の無い奈良から願っています。
ガンバレ!!
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:20 | Comment(0) | 日記