2020年10月07日

エディ・ヴァン・ヘイレンは永遠に

201007.jpg

エディ・ヴァン・ヘイレン死去のニュースで目が覚めた。
「え!?嘘だろ」それが第一印象でした。
だってまだそんなに歳じゃないはず。

確かに65歳ではあるけど、まだまだ若い。
私は知らなかったけど、癌と戦い続けていたんですね。
私の中のエディ・ヴァン・ヘイレンは、Jumpが大ヒットした時の頃のまま。
いつまでもあの若々しい笑顔のままでした。

私もエレキを弾いていた頃なので、エディ・ヴァン・ヘイレンのライトハンド奏法に憧れて真似たりしていた。
でも、私はリッチーブラックモア大好きだったので、その後のヴァン・ヘイレンはあまり知らない。
デイヴィッド・リー・ロスが脱退して、サミーヘイガーが入った頃までしか知りません。

調べたらサミーヘイガーの後に、ゲイリー・シェローンというヴォーカルを迎えて、その後再びサミーヘイガーが復帰するも活動を休止したようです。
そして2007年に再結成して活動を続けていたんですね。
本当に癌と戦いながらの活動だったのでしょう。

今日は仕事をしながら、BGMをヴァン・ヘイレンにしました。
やはりJumpやPanama、Hot for Teacher、Cant Stop Lovin'Youとか良いですね。
エディ・ヴァン・ヘイレンを知らない人でも、Jumpを聴けばきっと「あぁ〜この曲知ってる」となるでしょう。
それくらい誰にでも知られる名曲を残したエディ・ヴァン・ヘイレン。
あまりに早い死です。本当に残念です。

私が若き頃に聴いていた、バンドやアーティストが、少しずついなくなって行く。
時代の流れですから致し方ない。
寂しいけど、音楽はいつまでも残ります。

若き頃に聴いていた音楽を聴いて、気持ちだけでも若返りたいと思います。
Jumpを聴いて、気持ちを明るくしていこう。
素晴らしい音楽を残してくれたエディ・ヴァン・ヘイレンに感謝です。
天国でもライトハンド奏法でギターを弾きまくってくださいね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:21 | Comment(0) | 音楽/映画