2020年09月16日

いたずらっ子猫のショパン

200916.jpg
【おら、また調査に行ってこい。とでも言ってるのか?】

今朝の事。
いつもの朝の散歩(家の周りを探索するだけだが)を終えて、家の中で走り回るショパン。
猫は朝と夕方から晩にかけて、最も活発になる。

朝は、みんなが出かけて行く事もあり、ショパンもあちらこちらを走り回る。
娘たちが登校するために、家を出る度に「俺も出してくれ〜」と言わんばかりに鳴きまくる。
そんなショパンに見送られながら、娘たちは学校へと行く。

娘たちを見送って、嫁さんと二人で朝ごはんを食べていたら、2階へ上がっていたショパンが何かを咥えて降りてきた。
「なんか見た事ある物だな!?」と思ったら、国勢調査の腕章だった。
実は町内会の方から頼まれて、国勢調査員をやることになった。
昨日、PTA会議に行く前に、夕方から担当の地区を回ってきた。

留守の家も多いため、まだ半分ほど残っている。
明日の夜にまた回る予定。

腕章は私の部屋に、調査員証と一緒に置いていたはず。
そもそも部屋は閉まっているので、ショパンは入れない。
不思議に思って2階に上がると、僅かにドアが開いていました。
最近、ドアが閉まりきっていないと、頭で押してドアを開けるようになったショパン。

おそらくですが、次女が印鑑を押すために、私の仕事部屋に入ったのだと思う。
そして完全にドアを閉めずに、ショパンが入り込んだのだろう。
しかしよりによって、なぜ国勢調査の腕章を持ってくる。
まるで「おら、また調査に行ってこい。」とでも言っているようだ(笑)

持ってきていたのは、腕章だけじゃなかったようで、机の上に置いてあった付箋も持ち出したようだ。
何か袋を咥えていたので、取り上げてみると付箋が入っていた袋。
なぜか付箋は入っていない。階段の下の方に付箋は落ちていました。

イラずらしたい年頃なんでしょうね。
まだ生まれて半年ほどのはず。
人間の年で言うと10歳くらいらしいです。
10歳の男の子・・・・・・そりゃ〜イタズラするはずだ(笑)

まだ可愛いイタズラなので、笑って許せます。
これから、笑えないイタズラをする可能性もありますが。

最後に国勢調査員からのお願いです。
今年は感染防止対策も兼ねて、インターネットでの回答を一番にお願いしています。
スマホでも回答できますので、皆さんできる限りインターネットでの回答をお願いいたします。

さて、まだ半分近く残っているので、明日の晩、また回ってこよう。
ショパンにも急かされたし(笑)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:16 | Comment(0) | 日記