2020年09月02日

PTA広報研修会とコミュニティースクール

200902.jpg
【密を避けて行われた広報研修会】

今日は朝から県PTAの広報研修会へ。
毎年開催されているようですが、私は一度も参加した事がない。
今回初めての参加であり、広報担当の副会長ということもあり、裏方としての参加でした。

感染拡大防止のために、私たちスタッフは、マスク着用はもちろん、フェイスシールドを着けての対応でした。
そして研修会に参加した方々も、マスク着用に検温・消毒を済ませてからの受付。
また会場は密を避けるために、体育館で椅子を2m離した状態で座っていただきました。

研修の内容は、PTAの広報誌は何のために発行するのか?といった内容。
講師の方は、昨年まで県PTAの参与をされていた方。
元々、自身が単位PTAの会長をしていた時に、広報誌のあり方を考えて、ガラリと変えた経験から話してくださいました。

実は私の校区の小学校もそうですが、PTA広報誌と言いながら、内容はほぼほぼ学校行事の紹介になっている。
そんなPTA広報誌がとても多いと思います。
そしてこれも同じく、毎年前年度の内容を、そのまま踏襲し同じ内容で作成している。

PTA広報誌は何のために発行するのか?
学校行事紹介がいけないと言うわけではないんです。
しかし、全くPTA活動に触れていない事が多い。

私がずっと手がけている小学校の広報誌も同じです。
そこで私が会長の時は、少しでも活動を知ってもらおうと、PTAの紹介コーナーを小さく載せて、そこからブログに飛んでもらうようにしました。
どれだけの人が見てくれたかわかりませんが、少しでもPTA活動を知って欲しいとの思いからでした。

本来はPTAの活動を紹介する広報誌。
でも、大半は学校行事の紹介で終わっていると思います。
そんな考えを一新させてくれる内容の研修会でした。

夜はまた別の会議に出席しました。
コミュニティースクール制度がスタートして、学校運営協議会の初めての会議が行われました。
初めてでしたので、顔合わせと議長選出などが行われました。
顔合わせと言っても、地域ボランティアなどで一緒だった方や、現PTA会長、幼稚園園長先生に公民館館長と、見た顔ばかりでした。

第一回目なので、学校の基本的運営方針などを校長先生から聞いて、それを承認する内容となりました。
基本的運営方針と言っても、ざっくりとした内容なので、今後それをどう判断していくのか?が今後の課題であり議題でもあると思います。

しかし初めての会議でしたが、色々と意見や提案もあり、有意義な会議だったと思います。
ようやくスタートした学校運営協議会。
私も自分の出来る範囲で頑張りたいと思います。
一保護者でもあり、元PTA会長でもあり、また地域の住民でもある。
学校任せにするのではなく、運営協議会の一員として、学校のことを考えていきたいと思います。

午前中、そして晩と、有意義な時間でした。
ただ、その分仕事は出来ていません。
明日は何も予定がないので、集中して仕事したいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:07 | Comment(0) | 日記