2020年08月07日

面白いアプリ

200807.jpg

久々にお金出してアプリをダウンロードした。
お金って言っても120円。
缶コーヒーと同じくらいです。

ダウンロードしたアプリは「らくがきAR」というアプリ。
昨日、朝のテレビ番組「スッキリ」で紹介されていた。
その後、ネットのITニュースにも出てきたので、ダウンロードしてみた。

このアプリは、自分で書いたイラストに、スマホをかざすと立体的に切り出してくれる。
ちょうどダンボールで切り取ったように、平面のイラストが画面で動き出す。
早速、私のお馴染みのキャラクターである「黒猫りっちー君」を試してみた。

するとスキャン完了後、りっちー君が飛び出してきた。
そして画面の中をピョンピョン飛び回る。
これは面白い。

同時に何個も出来る様なので、我が家の「黒猫ショパン」も追加して描いてみた。
黒猫りっちーとショパンが、同じ画面の中で踊り出す。
キャラクターの側で画面をタップすると、果物やチーズ、魚などが落ちてきて、それを食べさせることも出来る。

私は液晶タブレットにイラストを出して、それをスキャンしてみた。
2匹がピョンピョンと跳ねて踊っていたのだが、りっちー君が液晶タブレットの端から落っこちた。
え?どういうこと?ちゃんと立体的に捉えているの?
本当に液晶タブレットから落っこちる様に、スマホの画面上から消えていった。

AR技術って凄いですね。
画面の写真や動画も撮れるみたいで、早速2匹が踊っているところをキャプチャ。
それが上の写真です。

まだ試していないけど、おそらく写真でも可能だと思う。
背景が白くないと切り抜かれないので、自分の写真を背景を白くすれば、ARで踊り出すかも知れない。
「白い壁をバックにしてスキャンすればいいじゃん」って思った方もいるでしょう。
残念ながら、スマホを寝かして上からスキャンしないとダメなんです。

次女に見せたら、面白がって早速自分でコピー用紙に落書きして、落書きを踊らせていました。
しばらく楽しめそうですね。ただ私のスマホを独占されては困るけど。
iPadでも使えるのなら、そっちで遊んでもらおう。

ただひとつ、バグなのかわからないが、ビデオ録画して保存すると画面が真っ暗になって固まることがある。
iPhoneを再起動しないと直らないので、この辺は修正してほしいですね。
このアプリでしばらく遊べそうです。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:55 | Comment(0) | 日記