2020年08月01日

ショパンは珍しい黒い虎猫かも

200801.jpg
【縞模様の入った黒猫は珍しいらしい】

黒猫のショパンが我が家に来て、早いもので2ヶ月が経ちました。
今ではすっかり我が家の一員となって、毎日元気に走り回り、ゆったりとくつろいでいます。
私たちもショパンの居る生活に慣れて来ました。

昨日、2ヶ月経った報告を、譲り主さんに連絡しました。
写真を3枚ほど載せてメールで送りました。
すると返信があり、その中に「ゴーストタビー」という言葉がありました。

検索して調べてみると、幼い頃に縞模様が現れる猫のことらしい。
ショパンは来た時は普通の黒猫だと思っていました。
しかし、徐々に縞模様が出てきたのです。

ゴーストタビーとは幼い頃に、縞模様が現れて、大きくなると消えてしまうらしい。
ショパンがこのゴーストタビーなのか、縞模様がそのまま残るのか。
それは成長してみないとわかりません。

縞模様のある黒猫は、黒い虎猫という意味で、「黒トラ」とやばれたり、「ブラックスモークタビー」と呼ばれたりするそうです。
何れにせよ、珍しいそうです。

猫って毛の色で性格が似ているそうです。
黒猫の性格は穏やかで優しいらしい。
確かに昔飼っていたリッチーも穏やかだった。
そしてショパンも穏やかです。

黒い虎猫は、遊びに夢中になって、高いところから落ちるような、おっちょこちょいらしい。
ショパンもおっちょこちょいなところあるから、やっぱり黒い虎猫なのかも。
成長してみないとわかりませんが。

何れにせよ、元気に育ってくれることが一番。
たとえ成長して縞模様が消えて、普通の黒猫になったとしても、ショパンに変わりはない。
毎日元気に過ごしてくれれば、それだけで十分です。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:55 | Comment(0) | 日記