2020年07月14日

活動と自粛

2007014.jpg

今夜は中学校のPTA会議。
先週の火曜日も会議があったが、それは役員会。
今回は前回の役員会の流れで、全体会議の運営委員会でした。

先週の土曜日は、県PTAの会議でしたが、どこのPTAも課題となっているのが、行事の開催。
例年行なっている行事が、感染症のために出来ない。
やるとしても対策をしっかりしないといけない。

どこまでやって、何をやらないか?判断が難しいところです。
中学校の行事に、11月に行う行事がある。
当初は従来通り行う予定にしていた。
しかし、ここに来て、再び感染が広がりつつある。

委員会の中には、無理してリスクを取ってまでやるべきか?という意見と、子供達の思い出の行事なので、開催したい。という意見と両方ある。
私の中でも半々です。本当は行事をやる方向で進めたい。
しかしこれからの状況が不透明な中、準備を進めるべきなのか?悩ましいところ。

奈良県も再び感染者が増えてきています。
それも若い世代、高校生にも感染者が出ている。
学校でクラスターが発生しる可能性も十分にある。

悩ましいのは学校も同じ。
PTA会議の冒頭、校長先生から修学旅行についての話があった。
学校としては、なんとか修学旅行と体育祭は行いたい。
しかし、それも保護者の賛同があってのこと。

日本全体でも言えること。
経済を回したいという思いと、感染を抑えたいという気持ち。
人が移動すれば、経済も回るが、感染も拡大するリスクが高まる。
感染を抑えようと、自粛が広がれば、経済は回らない。

YesかNoかの選択では無理なんですよね。
感染のリスクを最小限に抑えながら、活動を行うしかないのです。
そのリスクをどこまで考えるかですね。

個人一人のことならば、個人で判断すれば良い。
しかし、これが団体となると、意見が分かれる。
ましてや任意団体となれば、尚のこと意見は様々。

PTA活動はあくまでもボランティアです。
どこまでやるか、それぞれの意見を聞いて、判断しなくてはいけません。
次回の会議開催が9月なので、その頃になれば、感染の状況もまた変わってくるかも知れません。
その時点で判断して、みんなの意見を聞いて、決定することになりました。

残念ですが、今年度はこんな状態でPTA活動を行うしかありませんね。
あくまでもボランティアです。
できる範囲のことを、精一杯頑張りたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:33 | Comment(0) | 日記