2020年07月06日

レジ袋有料化に伴うゴミ問題

200706.jpg

7月に入って、買い物に行くと、レジ袋が有料化になっています。
我が家は早々にエコバッグを使っていたので、レジ袋は使っていません。
でも、コンビニに行っても、レジ袋じゃ無いのはやっぱりちょっと違和感がありますね。

我が家は嫁さんが大きめのエコバックを、自分のカバンに入れています。
私も小さめのエコバッグを、自分のカバンに入れています。
小さく丸めて使えるエコバッグなので、場所も取りません。
常にカバンに入れているので、いつでも買い物を出来ます。

レジ袋1枚3円とかかかりますからね。
これまで無料だったものが、3円かかるとしたら、みんな使わなくなるのは必至です。
でもサラリーマンとか困るんじゃないかな。
日々エコバッグ持って歩くサラリーマンなんて早々いないだろうし。

コンビニで飲み物1個買うのなら、袋なしでシールだけで良い。
しかし、お昼ご飯にお弁当と飲み物を買うとしたら、やはり袋なしでは運びづらい。
お弁当抱えて歩くのも、ちょっとね(笑)
職場とか近かったらそれもアリだけど。

そもそも、このレジ袋廃止の動きは、海洋汚染の世界的問題から。
レジ袋などの、プラスチック製品が、海へと流れ出し、そのために海が汚れてきている問題。
問題意識を持つ事は大事だし、我々の努力で海が綺麗になるのなら、みんな努力は惜しまない。

しかし、日本がいくら頑張っても、世界がそれをやらなければ何の意味もない。
そもそも、日本の海のゴミの大半は中国や朝鮮半島のもの。
海岸に流れ着いているゴミを見れば、ハングルか漢文で書かれている。
日本もゴミを出しているとは思うが、中韓の比ではない。

地球温暖化の時も同じような経験をした。
二酸化炭素の排出量を抑えることを、世界中で協議したが、頑張っているのは日本だけ。
アメリカは早々に脱退し、中国なんてそんな事を守る意識すらない。
そして自分たちの都合の良い数字を出してきて、自分たちを肯定する。

今回のプラスチック海洋汚染問題も、結局のところ日本だけが頑張って、他はやっているフリで終わると思う。
レジ袋を廃止にするのと、ゴミを捨てるのとは、また別問題。
レジ袋を廃止にしたからと言って、ゴミを捨ててしまえば何も意味がない。
それよりも、レジ袋を使っても、ゴミを捨てない努力をした方が、問題解決は早い。

海外の方が、日本に来て驚くのは、街にゴミが少ない事だと聞く。
我々日本人は、「ゴミはゴミ箱へ」が常識。一部非常識の人もいるけど。
街中にゴミを捨てないのも、当たり前の事となっている。
だから、日本からゴミが海に出るのは、ごく少量だと思う。

逆に言えば、日本に来てゴミが少ない事に驚くと言うのは、海外ではゴミがそこら中にあふれているのが日常なのかも。
だという事は、そのゴミは風に飛ばされて川に流されて、やがて海へと出て行く。
日本に大量の中韓からのゴミが流れ着くのは、そうやって流れてきたゴミなんだと思う。

一方で、日本から中国に、ゴミを輸出しているという問題もある。
日本で処理出来ないゴミを、輸出として中国に出している。
中国がそれを適切に処理しているのか?それは疑わしい。
おそらく安いから、日本もゴミを買い取ってもらっているはず。
安いという事は、処理ではなく廃棄している可能性が高い。
もしかしたら、海に廃棄している可能性も十分にあります。

日本人は努力してゴミを減らそうとします。
しかし、一方でゴミを垂れ流されたんでは、何の解決にもなりません。
自国内は綺麗に掃除できても、世界とつながる海や空は、掃除はできません。
そして日本も自国で出たゴミは、ちゃんと自国で処理する必要があります。
おそらく中国や中東アジアに出した方が、安く処理出来るのでしょう。
でも、結果的にそれが海に流されてしまっては意味がありません。

日本が頑張っても、二酸化炭素排出問題と同じで、日本だけ厳しい目標値を決められて、世界は知らんぷりなんでしょうね。
そもそも地球温暖化の問題ってどこ行った?
エコ活動って聞こえは良いけど、結局のところ「正直者がバカを見る」結果になっています。
エコではなく単なるエゴですよね。

日本ももう少し、世界に厳しい言葉を向けるべきです。
いくら努力しても水の泡では、意味がありません。
そして日本ももっと頑張って、自国内でゴミは処理すべきです。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:28 | Comment(0) | 私の思うこと