2020年07月04日

感染症と自然災害

200704.jpg
【写真は産経ニュースWeb版から】

九州地方での大雨。大きな被害が出ているようです。
こちらも今日は、時折強い雨が降りましたが、九州の方はかなりの量の雨が、短時間に降ったのでしょう。
特に熊本は川が氾濫して、行方不明者も多数出ている。

毎年梅雨の後半に、このようは雨の被害が続いています。
雨の降りかたが、これまでとは違う。
短時間に信じられないほどの雨が降る。

今年はさらに武漢肺炎(新型コロナウイルス)の感染症がある。
避難先でみつな状態が起きれば、そこから観戦のリスクがあります。
まさに二重苦の状態です。

今回氾濫した球磨川は、下流の方が川幅が狭くなっているようで、行き場を失った水が上流で氾濫した。
日頃は清流として知られる川ですが、一旦豪雨で水が行き場を失うと、川の様子は一変します。
これまでは、こんな雨の量が降ることはなかったのでしょうが、これからはこの雨の降りかたが常識になって来るのかもしれません。

ただでさえ、感染症のリスクがある今年。
そこに加えて、自然災害が追い打ちをかけます。
被災された地域の方々は、本当に大変だと思いますが、蜜を避けて避難し、衛生状態を少しでも良くして欲しいと思います。
暑さもやってくるので、熱中症にも気をつけなくてはいけません。

そしてこの豪雨災害は、日本のどこで起きてもおかしくはない。
雨の降りかたが、これまでの常識では通用しない。
梅雨が明けたとしても、まだ台風による自然災害が懸念されます。
今年は台風発生が少ないので、後半になって、一気に発生しないか心配です。

感染者もまだ少しずつ増加傾向にあります。
経済を回す意味でも、やはり人が動かないといけません。
その中で、感染リスクを減らしながら、感染症と戦うしかない。
そこに加えての自然災害。

今年は本当に厳しい年です。
しかし、そこでただただ落ち込んでいては、何も解決しません。
明るい未来を信じて、感染症とも自然災害とも向き合うしかない。

最後になりましたが、被害に遭われた方々にお見舞い申し上げます。
そして残念にもお亡くなりになった方々の、ご冥福をお祈りいたします。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:35 | Comment(0) | 日記