2020年06月30日

新作「静寂の組曲」

176静寂の組曲.jpg
【静寂の組曲】
-------------------------------------------------------------
夏の始まり。蛍の舞に誘われて、タヌキの兄妹がやって来ました。
地上では幻想的な蛍が煌き、夜空には満天の天の川が輝いています。
静かな時間に流れる、無音の音色を楽しんでいるのでしょうね。
-------------------------------------------------------------

今月分の新作です。
前回の「ショパンと雨音の調べ」は、あくまで5月分の新作でしたので。

今回は久々に蛍をテーマにしました。
蛍を最初にテーマにしたのは、作品No.021「蛍の灯火」なので、もう16年くらい前です。
その次にテーマにしたのが、作品No.091「夏夜の雪灯」で、こちらも13年前。
それから蛍をテーマにしたイラストは描いていませんでした。

今回は、蛍と天の川を一緒にして、空の光と、地上の光を一緒に描いてみたいと思ったのがきっかけです。
そして蛍も、単なる光ではなく、カメラのスローシャッターで撮ったような、光の線で表現しました。
登場動物はタヌキの兄弟です。こちらも久々の登場ですね。

毎年「蛍を見たい」と思いながらも、なかなか見にいく機会がありません。
近場で見れたら良いのですが、やはり車で走らないといけないので、思い立って行けるわけではない。
以前蛍を見に行ったのも、もう数年前になると思う。

歩いてすぐの川とかで、蛍の舞が見れたら最高なんですけどね。
きっと昔はそこら中で見れたのでしょう。
今年も見に行けそうに無いので、イラスト描いて我慢します(笑)

作品の方は、今回で176作品目です。
ひとまずの目標は200作品。
あと24作品なので、ひと月に1作品で続けば、2年後になりますね。
頑張って制作を続けたいと思います。

200作品できたら、何かできないかな?
例えば作品集作るとか、作品展やるとか。
作品展もしばらくやっていません。
5〜6年前にやったのが最後です。

やりたい事はいっぱいあるけど、なかなか実現は難しい。
でも、諦めずに頑張りたいと思います。
2年後、少しは時間取れるようになるかな?
もっと忙しくなってたりして(笑)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:51 | Comment(0) | 新作のお知らせ

2020年06月29日

学童保育に関わって

200629.jpg
【13年前、最初はたった4人で始まった学童保育でした】

本日は学童保育の理事と代表理事、前代表理事とで、並河天理市長と面談をさせていただきました。
お忙しい中、いろいろとお話を聞いていただきました。
代表理事も変わり、また今この感染症の中で、日々状況が変わりゆく。
だからこそ、行政との連携強化が一番の強みとなります。

私が学童保育に関わりを持ったのは、今から14年ほど前。
息子が小学校に入学した時です。
右も左もわからぬまま、息子を学童に入れる手続きをしました。

そこで初めて、保護者が学童を運営している事実を知りました。
さらに、当時は息子の通う小学校には学童保育がありませんでした。
隣の学校まで、児童6人でタクシーに乗って学童に通っていました。

学童に入って、まだ3ヶ月もしない内に「学童立ち上げ」の話が出てきました。
息子の通う学校にも、学童を作る話です。
しかしそこは保護者運営なので、保護者が動いて立ち上げなくてはならない。
右も左も分からなぬまま、右へ左へと翻弄しながら、無我夢中で動きました。

当時は「なんで保護者が運営しないといけないのか?」との思いが強かった。
そして「なんで自分がこんな事しなくちゃいけないのか?」との不満の方が強かった。
そんな思いですから、結果的にはうまく行きません。

最初の立ち上げは、物の見事に失敗。
私自身も人間不信になり、疑心暗鬼になり、鬱に近い状態になりました。
「もう学童をやめてしまおう」と思い、息子にその事を話しました。
しかし息子から「友達と離れたくない」と言われて思いとどまった。

息子は託児所に通っていたので、小学校には誰も知らない中で、本当に一人ぼっちで入学しました。
だから、隣の小学校の学童に行けば、託児所時代の友達がいる。
息子にとっては、学童は心休まる場所だったのです。

息子の一言で、学童をやめることは思いとどまりました。
しかし、私の中では、もう学童の立ち上げに関わる気持ちは無かった。
もう二度とあんな辛い思いはしたくない。

でも、運命だったのでしょうね。
再び立ち上げの話が出てきて、再び私が中心となって動くことになった。
しかし最初の時とは環境が違った。
そして私も覚悟を決めた。

不思議なもので、覚悟を決めて、何もかも捨て去る気持ちで行くと、物事は進む。
そして本気で話せば、人は理解し協力者が増える。
2回目の立ち上げで、立派な施設が建ちました。
あれから10年が経ちました。

私が保護者として学童に関わっていた頃と比べると、今は本当に恵まれています。
保護者運営から、法人運営となり、保護者の負担はほぼほぼ無いと言っても良い。
それでも今利用している保護者の方からすれば、やはり不満な点もあると思います。

今では私も運営側の人間です。
外部理事ではあるけど、昔の保護者の視点も活かしながら、運営に関わっていけたらと思います。
そして行政としっかり連携して、より良い学童保育にして行きたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:47 | Comment(0) | 日記

2020年06月28日

匠の歯ブラシと重たいシュークリーム

200628-1.jpg
【匠の歯ブラシ】

今日は朝から買い物に出かけました。
まずは近くのユニクロへ。
それぞれの買い物を済ませたら、一旦家に戻り、娘たちを降ろします。

私たちと息子は再び買い物へ。
来週の水曜日から、ようやく航海訓練が始まる。
それに合わせて必要物品の買い出しへ。

しかし、その前に嫁さんが行きたいと言うお店へ。
それは「歯ブラシ専門店」です。
市内に出来た匠が作る歯ブラシの専門店なのです。

いつも剣道の稽古をしている小学校のすぐ近くにお店がオープンしている。
嫁さんから話は聞いていたが、先日、剣道の話し合いで、久々に小学校に行った帰りに、お店が出来ていてビックリした。
夜だったので、お店は閉まっていて、外観しか見れなかったので、今日行って来ました。

10歳の頃から、歯ブラシを作り続けている方が、田原本町にいるらしく、その方の作る歯ブラシを売っている。
「匠の歯ブラシ」と聞いた感じでは、いかにも高級品漂うお値段の高い歯ブラシかと思っていた。
しかし、1本300円ととってもリーズナブル。
そりゃ〜スーパーで売っている歯ブラシでは高い部類。

でも、実際スーパーでももっと高い歯ブラシ売っていますからね。
お店の中は、本当に歯ブラシしか売っていません。
あとは歯ブラシスタンドとか、歯に関わるグッズくらい。

思ったより安かったので、家族全員分、それも朝・昼用と夜用と歯ブラシを購入しました。
歯ブラシにはロゴが入った物と、入っていない物があり、ロゴなしだとさらに安いです。
そして店内には、自分で歯ブラシをデコレーションできるコーナーもありました。
レジンを使って、好きなようにデコレーションできる。
でも、我が家にはレジンがあるので、好きなようにデコレーションしてみたいと思います。

200628-2.jpg
【中身が全てクリームで詰まっている】

午後からは、長女も次女も友達と遊ぶために出かけて行きました。
そして午後からは来客。
大阪の姉が、久しぶりに来ました。
ずっと外出自粛、そして県外への移動自粛で来れていなかった。

来て早々、猫がいる事にビックリ。
何も話していなかったので、猫を飼っている事を知りません。
早速ショパンと遊び始めました。
自分のところでも猫を飼っていますが、もう大きな猫なので、仔猫の遊び方に夢中になっていました。

お土産と1週間遅れの私の誕生日プレゼントと言う事で、シュークリームを買ってきてくれました。
このシュークリームが、やたらと重い。
早速食べてみたら、中身クリームがぎっしり。
普通、シュークリームって、半分以上空洞なのが多いのですが、丸々クリームが詰まっています。
食べ応えたっぷりのシュークリームでした。

姉が帰って直ぐに、次女が帰ってきました。
まだ姉がいると思ったらしく、早めに帰ってきたようですが、残念ながら行き違いでした。
するとそこへ、先ほどまで一緒に遊んでいたと思われる同級生たちが。
どうもショパンを見たいようで、玄関先で抱っこさせるのも何なので、家に入ってもらう事に。

代わる代わるショパンを抱っこしては、猫じゃらしで一緒に遊んでいました。
次女も、同級生がショパンを可愛がるのが嬉しいようで、やたらと飼い主ぶっていました(笑)
いろんな人が家に来たので、ショパンも多少興奮気味の一日でした。

6月最後の日曜日。
来週からは7月に突入します。
梅雨が明ければ、いよいよ夏本番となりますね。

いつもの夏とは違う夏になりそうですが、それはそれで楽しめたらと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:43 | Comment(0) | 日記

2020年06月27日

Facebookページ作成作業

200627.jpg

今日は午前中、またもや家の西側の木の根っこと格闘。
レシプロソーという武器(工具)を手に入れたので、意気揚々と立ち向かったが、それでも木の根っこはしぶとい。
丸ノコとレシプロソーを使い分けながら、頑張ったが、午前中では終わらなかった。
また来週に持ち越しですね。

午後からは、お仕事でお世話になっている、社会福祉協議会へ。
ホームページの更新をさせていただいているのですが、Facebookを始めたいとの相談でした。
以前からSNSを使っての発信を、私の方からも提案していて、今回決断されたようです。

しかし、担当者のどなたもFacebookをされていない。
Facebookとは?みたいなところから説明が始まった。
メインに使っているPCでFacebookに登録する。
個人アカウントを作ってから、次にページの登録を行う。

久しぶりにFacebookページを作るので、私も自分のページと照らし合わせながら、確認しながらの作業。
なんとか無事にFacebookページが完成しました。
早速私もそのページに「いいね」を押しました。

そして女性の担当者が、事前に自分のiPhoneにFacebookをダウンロードしていたので、その方のFacebookも設定。
そしてページの管理者として追加しました。
試しに担当者の方のiPhoneで写真を撮って、そこからページに投稿。
ちゃんと投稿されて、その内容に、私がいいねとコメントを入れて、それも反映されました。

まだまだFacebook自体がわからないようですが、これは慣れですよね。
私も最初は意味がわかりませんでしたが、使う内に理解できました。

これからは、Facebookを使って、いろんな情報を発信して欲しいと思います。
ホームページはあくまでも基本的な情報。
いくらホームページで旬な情報を載せても、その事を伝える術がありません。
SNSとホームページを上手く使って、SNSは告知的で、詳細はホームページを見てもらう。
そんな使い方がベストですね。

とはいえ、私も自分のSNSとホームページを活用できていないのが現状。
まずはホームページをリニューアルすることが先ですね。
頑張らなくては。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:53 | Comment(0) | 仕事

2020年06月26日

islandサイトリニューアル中

200626.jpg
【リニューアルに合わせて作品名を書き出してみた】

仕事でホームページの制作をしたりするのだが、自分のサイトはほったらかし(笑)
これって私のような仕事をしている人は、結構あるあるじゃないでしょうか。
仕事でサイト更新をしているけど、自分のサイトはいつも後回しで、気が付けばず〜っと更新せず。

やっぱり仕事で請け負っているサイトは、依頼されて更新しますが、自分のサイトとなるとついついほったらかしになります。
今のサイトもだいぶとほったらかしの状態です。
なので思い切ってリニューアルする事にしました。

最近のWebサイト制作は、ほとんどがWordPressを使っている。
仕事で制作する時も、WordPressになって来ています。
しかし自分のサイトはWordPressではありません。

そんな訳で、WordPressを使ったサイトにリニューアル中です。
毎回リニューアルする度に大変なのが、イラスト作品のデータアップです。
今回はWordPressなので、画像データをWordPressのメディアライブラリに取り込まなくてはなりません。
ほのぼのアニマルシリーズだけで175作品。
その他の作品を合わせると190近くになります。

さらに今回は仕事のサンプルも載せる事にしました。
どのような仕事をしているのか、少しでもわかる方が良いかと思って、様々な仕事のデータを準備しました。

WordPressが便利なのは、一旦データをアップして、適当な順番で投稿しても、後から日付を調整すれば、日付順に投稿が調整される事。
仕事の内容などは、どれがどの順番か、全くわからないので、まずは適当に投稿して、後からファイルメーカーのデータベースを見て、日付を入れていきました。

そして大変だったのが、ほのぼのアニマルシリーズの作品の日付。
2005年の7月からは、ブログで新作の紹介をしているので、日付がわかる。
しかしその前は、ブログを使っていなかったと思うので、作品の日付がわからない。

作品No.でいうとNo.045涼やかハウスでチュ〜から前の作品の、制作日付が全くわかりません。
確かこの頃は、月に2作品を目標にイラスト制作していたので、逆算して日付をつけて行きました。
するとおおよそ「こんなもんかな?」と思える日付になりました。

私の記憶では、2004年の8月にグループ作品展をやって、その時の最終作品がNo.021蛍の灯火でした。
逆算していったら、2004年の7月になる。
おおよそ合っています。

しかし、文字に書き出すとすごい作品の数です。
自分でも、よくまぁこれだけ制作したなぁ〜と思ってしまう。
頑張って当面の目標は200作品を目指して頑張りたいと思います。

リニューアルの方は、もう少し作業が残っています。
今月中には作業完了して、来月頭にはリニューアルお披露目できればと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 21:08 | Comment(0) | 仕事

2020年06月25日

蚊を撃退したい

200625.jpg

夏が近づいてくると、出てくるもの。
お化けではありません(笑)
耳元でいや〜な音で飛ぶ、あの生き物です。

そうです、蚊です。
毎年我が家では蚊取り線香を焚いています。
しかし、今年はその蚊取り線香が使えません。

猫にとって、蚊取り線香は良くないようで、ペット用の蚊取り線香も売っているらしい。
それならば、そのペット用蚊取り線香を使おうか?と思ったが、我が家にはもう一匹動物がいます。
息子が飼っていたヒョウモントカゲモドキのねる君です。

息子曰く、爬虫類にとっても蚊取り線香はNGとの事。
でも昨年の夏は、蚊取り線香焚いてたけどなぁ〜と思い出してみた。
昨年の夏は、息子の部屋で飼っていました。
今はリビングに居るのです。

ねる君を息子の部屋に戻しても良いけど、結局は猫がいる限り、いつもの蚊取り線香は使えない。
でも、猫にとって、かは大敵なので、なんとか蚊と戦わなければならない。
そこで見つけたのが、「蚊吸い取り機」なるもの。

蚊をおびき寄せるライトが点灯して、近寄ってきた蚊を、ファンの力で吸い込むという物。
ネット上にもたくさんの商品が出ている。
先日、ニトリに買い物に行った時も、店頭で同様の商品があり、手にとってみた。

値段も1,000円ちょっとから、10,000円以内の手頃な商品。
しかし効果に関しては疑問。
ネット上でも「たくさん捕獲できた」という声をあまり見ない。
「全く獲れない」とか「買っても無駄」とか、批判的なコメントの方が多いです。
確かにニトリで実際の物を触った時も、「こんな弱いファンで蚊を吸い込めるのか?」と思った。

他に何か方法は無いのか?とネットで検索するが、なかなか良いものは見つからない。
以前、ペットボトルに、砂糖とお湯とドライイーストを入れておくと、蚊がたくさん獲れるとの情報を見つけて、試した事がある。
しかし、結果は全くダメでした。ネット上も同じように試した人がたくさんいて、ことごとく失敗しています。
どうもこの方法は、赤道付近の熱い地域なら有効らしく、おそらく蚊の種類が違うのでしょうね。

そこで考え方を変えて、飛んでいる蚊を捕獲するのではなく、そもそも蚊を発生させない事に注目した。
蚊が発生するのは、水場があるところ。
今の時期は梅雨で雨が多い。
家の周りに、水が溜まる場所があれば、そこに蚊が卵を産み、ボウフラが発生する。
そして蚊が出てくる。

家の周りで水たまりになる場所は無い。
しかし常に蚊は発生している。
夕方の水やりに庭に出ると、必ず1〜2箇所刺されているのです。

蚊がよくいる場所を見ると、そこには「雨水」と書かれたマンホール的な蓋がある。
雨水を貯めてある程度の量になったら、水を流すための物。
蓋を開けるとそこには水が溜まっている。
蚊が発生するとしたら、やはりここが一番可能性が高い。

ボウフラの確認は暗くてできなかったけど、雨水の溜まり場はここしかありません。:
そして現に、蚊がよく出てくる場所は、この雨水マンホール近く。
ここでのボウフラ発生をなんとか抑えたい。

またまたネットで調べてみたら、10円玉を入れておくと、ボウフラが発生しないらしい。
厳密にはボウフラが発生しても、銅の成分がボウフラを殺してしまうとか。
お金を入れるのは、ちょっと嫌なので、今度ホームセンターで銅板か銅線を買ってこよう。
そしてもう一つの対策、雨水マンホールの取手の部分が、穴になっているので、そこを網戸の網で塞ぎたいと思います。

家の中で蚊は発生しない。
外で発生した蚊が、家の中に入ってくるので、外での蚊の発生を減らしたいと思います。

本当は蚊取り線香を焚きたい。
蚊取り線香のあの香りが、夏の風物詩だし、好きなんですよね。
でも、ねる君とショパン君のために、外での蚊の発生を減らす努力をしたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:35 | Comment(0) | 日記

2020年06月24日

剣道も再開の道筋が

200624.jpg
【こんな姿をまた見れる日を信じて】

学校が再開され、英会話も始まり、徐々にこれまでの生活に戻りつつある。
しかし、まだ元に戻らないのが、剣道です。
剣道の稽古は、2月末に中止になってから、早4ヶ月。
ここにきて、ようやく再開の見通しが出てきました。

今夜は、その稽古再開に向けての話し合いがありました。
先生方と保護者と話し合って、稽古再開の見通しを決めました。
7月に入ってから稽古を再開する方針です。

ただ、これまでと同じような稽古は出来ません。
日本剣道連盟からや、奈良県剣道連盟からの通達には、様々な注意事項があります。
それを照らし合わせると、当分の間は対面での稽古は避けたほうが良さそうです。

子供達の稽古も、当分は体づくりを基本として、防具をつけての稽古は秋以降になりそう。
面を着ける際には、マスクを着用が義務付けられています。
今、マスクを着けて熱中症になる人が増えていると聞きます。
剣道の場合は、ただでさえ面や防具を着ける事で、熱中症のリスクが高まります。
そこに加えて、マスクも着用しないといけない。

小さな小学生にとっては、とてもリスクが高い。
さらに対面で稽古をする場合は、マスク以外にシールドもつけなくてはいけません。
これから暑くなる季節で、そんな状態で稽古をすれば、熱中症の危険性が高まります。
ですので、夏の間は、防具は着けずに、体力作り的な稽古が中心となりそうです。

4ヶ月もの間、剣道から離れた生活をしていて、すっかり身体から剣道が抜けきっていると思う。
しかし焦って稽古をしても意味がありません。
初心に戻り、一から剣道を習うつもりで、娘たちには頑張ってもらいたいと思います。

剣道の稽古がこのような状態なので、試合ももちろん行うことは出来ません。
例年であれば、月に一回は公式試合があり、様々な試合に出かけて行きます。
しかし、今年は3月に行われる予定だった試合から、全て中止になっています。
おそらく今年いっぱいは試合は行われないと思われる。

6年生にとっては、ほぼほぼ試合に参加の出来ない状態になる。
これまで剣道を頑張ってきて、試合が出来ないことは、本当に辛いけど、どうしようもありません。

通常の形ではないが、それでも稽古が再開されることになったのは大きな前進です。
また通常の稽古が出来るように、そして試合も再開される事を願って、稽古を頑張って欲しいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:53 | Comment(0) | 日記

2020年06月23日

今年のWWDC

200623.jpg

AppleのWWDCが開催されました。
いつもなら、現地で大勢の人が集まってのプレゼン形式。
しかし今年は感染対策のため、集まってのイベントは中止。
あらかじめ録画された物での発表となりました。

今回はハードウェアの発表は無く、OSのアップデートがメインでした。
そして大きな発表としては、Macのチップが自社製に変わること。
これまではIntelのチップを採用して来たが、独自のチップ「Apple Silicon」に変わります。

Macではこれまで、モトローラの「MC68000」系統(通称68K)プロセッサ、次に1993年に登場した「PowerPC」系統、2006年にはIntelに移行し現在まで来ています。
私が初めてMacを使った時は、MC68000系でした。
その後、PowerPCになり、PowerMacG3、G4、G5と移行していきました。

Intel製に変わったのが、つい最近のように感じますが、もう14年も経っているのですね。
今回14年ぶりにチップが変更されることとなった。
独自のチップ「Apple Silicon」は、iPhoneやiPadで採用して来たチップで、今回それをMacように拡大する形になります。
やはりチップも自社で進める方が、ハードやOSとの関わりがやりやすいのでしょうね。
今後、さらにMacがステップアップしていく事を期待したいと思います。

MacはOSも新たな物が発表されました。
今回のOSの名称は「Big Sur」です。
ビッグ・シューそれとも、ビッグ・シェー、ビッグ・シュア?
調べたらビッグ・サーでした(笑)

アメリカのカリフォルニア州、セントラルコーストにある州立公園みたいですね。
最近のmacOSはアメリカの地名が採用されています。
以前のネコ科の名前なら、覚えやすかったのですが、地名に変わってからは、なかなか覚えられません。
ちなみに、今のOSがCatalinaで10.15その前がMojaveで10.14(現在私が使っているOS)。
その前がHigh Sierra(10.13)、Sierra(10.12)、El Capitan(10.11)、Yosemite(10.10)、Mavericks(10.09)。

地名に変わってから、これだけバージョンアップしているんですね。
1年毎のバージョンアップなので、地名に変わってから今回で8回目のバージョンアップです。
もう覚えられませんね(笑)

新製品などの発表が無かった事と、リアルタイムじゃ無くて録画という事もあって、やはり盛り上がりに欠ける今年のWWDCでした。
来年はいつも通りのWWDCで、さらに新たな製品の発表なんかも期待したいですね。
新商品出たところで、買えないとは思いますが(笑)

posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:48 | Comment(0) | Macintosh

2020年06月22日

ショパンの1日

200622.jpg
【毎日こんな格好で側で寝ています】

朝、それぞれの生活が始まる。

娘たちは朝ごはんを食べて、学校へ登校します。
その次に、嫁さんが出勤して行きます。
それを見送るのが私の日課です。
そこに最近、同伴者が加わりました。
黒猫のショパンです。

みんなが出ていくのを、玄関先で見送ります。
本当は見送っているのではなく、ただ自分もついて行きたいのだと思います。
それでも登校する娘、出勤する嫁さんにしてみたら、見送ってもらっている感覚です。

みんなを見送ったら、コーヒーをポットに入れて、私も出勤です。
仕事場は階段を15段ほど登った先です(笑)
私が出勤すると、しばらくして、鈴の音が階段から聞こえて来ます。
そしてドアの前で、「にゃ〜」と鳴き出します。

ドアを開けると、自分の居場所となっている、私の隣のイスに登って寝ます。
私が仕事をしている間、ずっとそばで寝ています。
ちなみに、息子はまだ寝ています(笑)
いつも起きてくるのは、10時ごろ。
まぁ、もうすぐ航海訓練が始まるので、この生活も終わります。

お昼ご飯の時に、ショパンを連れて1階におります。
私たちがお昼ご飯を食べていると、自分もエサを食べて、しばし遊びます。
お昼休みを終えて、2階に上がると、再び仕事部屋にやって来る。

夕方になって、娘たちが帰って来ると、遊んでもらえると思うのか、少し動き出す。
娘たちの後を追って子供部屋に入って行ったり、息子の部屋に潜り込んだりします。
遊んでもらえるとわかると、突然動きが活発になる。

そして晩ご飯を食べる頃になると、ますます動きが活発になります。
遊びたくて遊びたくて仕方ない。
誰かが猫じゃらしで遊んであげると、リビング中を走り回ります。

猫は元々夜行性なので、夜中に走り回ると思っていました。
しかし、ショパンは私たちが寝ると、自分も横に来て一緒に寝ます。
夜中に「遊んで〜」とせがまれるかと思っていましたが、寝てくれるので助かっています。
ただ、朝は早い。

早いと3〜4時ごろから「遊んで〜」と、手や足にじゃれて甘噛みして来ます。
最初の頃は、嫁さんがそれで起こされて、遊んでいましたが、最近は甘噛みしたら注意して遊ばないようにしています。
その効果があってか、最近は3時や4時に起こされることも減って来ました。

でも、基本朝は遊びたいモードです。
そこで、私が20分ほど、遊びに付き合っています。
そして私の出勤に合わせて、自分も仕事部屋で寝ます。

ショパンの一日。
8割寝ていて、2割遊んでいます。
猫の生活ですね(笑)
羨ましいです。

そんなショパンの寝顔を見ながら、癒されながら仕事しています。
これで仕事捗っているのか?は疑問ですが(笑)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:41 | Comment(0) | 日記

2020年06月21日

誕生日&父の日&夏至で部分日食の日

200621.jpg

お祝いは昨夜しましたが、本日めでたく?54歳になりました。

54歳!?
信じられません。
もうそんな年齢になった。

あと6年もすれば還暦です。
考えたくないですね(笑)
たくさんの方から、お祝いメッセージなどいただき、ありがとうございました。
年齢は重ねても、いつまでも心はフレッシュで頑張りたいと思います。

今日はお天気が良かったので、先週のDIYの続きをやりました。
私は木材の塗装、嫁さんは家の西側の塀との隙間にある、木の根っこを切る作業。
先週も私が木の根っこと格闘しましたが、今週はもう一つの木の根っこと嫁さんが格闘。

しかし先週と違うのは、新たな武器を手に入れたこと。
自分で誕生日プレゼントに、マキタのレシプロソーを手に入れた。
嫁さんも気に入ったようで、レシプロソーを使って、木を切っていました。

そんな中、午後から次女が「同級生と遊びに行く」と出かけて行った。
ところが、30分ほどで帰って来た。
遊ぶ同級生がいなかったのだと、その時は思っていました。

しかし、夕方に仕事部屋に入って、あるものに気がついた。
椅子の上に、小さな花束とコピー用紙に書かれた手紙が置いてある。
手紙には「お父さんへ 今日は父の日だから、花たばをあげるよ!みんなにはないしょね。」と書かれている。
名前が書いていないが、筆跡からして次女のもの。

嫁さんのところへ行って、その事を話していると、ちょうど次女がやって来た。
私の動向が気になってついて来たのだろう。
嫁さんも知らなかったようで、次女に問い詰める。
もじもじしながらも、次女は自分がやった事を認めた。

次女とすれば、サプライズのつもりで、花束を買ってきたのかも知れない。
その気持ちはとても嬉しいし、次女が一人で近くのスーパーまで行って、一人で花を買って来た事を想像すると、それだけで胸が熱くなる。
でも、近くのスーパーは一応校区外。
それに子供だけでの買い物は、基本許されていない。

これまでなら、自分で絵を描いたり、何かを作ってプレゼントしていた。
しかし、最近はお年玉などを自分の小遣いとして残しているので、少しのお金なら持っている。
今回は、作って渡すよりも、買って来て渡したかったのでしょう。
昨夜も、嫁さんから花束をもらっているので、それを見て、自分も・・・と思ったのかも知れません。
もう小学4年生ですからね。

私たちに、一人で買い物に行ってはいけない事を注意され、ちょっと落ち込んだ次女でしたが、お花をプレゼントしてくれた事はとっても嬉しい事を伝えると、笑顔に戻りました。
適当な花瓶が無いので、とりあえずペットボトルに入れて、仕事部屋に飾りました。
ささやかな父の日のプレゼントですが、次女の気持ちを考えると、とても大きなプレゼントです。

誕生日&父の日&夏至で部分日食の日(笑)
また一つ年齢を重ねましたので、さらに頑張って行きたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:38 | Comment(0) | 日記

2020年06月20日

1日早くお祝い

200620.jpg
【1日早いけど家族で祝ってくれました】

本日、午前中は県PTAの役員会。
往復2時間、話し合い2時間弱。
帰って来たらもう13時過ぎ。

午後からは買い物に出かけた。
行き先はニトリとイオンモール。
緊急事態宣言が発令される前から、出かけることを自粛していたので、本当に久々のニトリとイオンモールでした。

エレベーターが4人までとか、トイレに入っても、便器が一つずつ空けてしか使用できなかったり。
感染対策をしっかりとして営業していました。
それぞれ買い物したいものがあった理、いろんなショップを見て回ったり。
本当に久しぶりなので、子供達も楽しそうにしていました。

最後に食料品などを買って、家に帰って来たのは、19時半ごろ。
家を出たのが15時ごろだったので、4時間半ほど経っていました。
もちろんその間、黒猫のショパンはお留守番。

お昼寝している最中に出かけたので、私たちがいなくなったことには気づいていないはず。
しかし、4時間半も誰もいなくて、リビングだけとなると、やはり気づいていたのでしょう。
帰って来て玄関の扉を開けると、リビングの方から「にゃ〜にゃ〜」と鳴いています。
やはり誰もいなくて寂しかったようです。

今日は1日早いけど、家族が私の誕生日を祝ってくれました。
明日が誕生日なのですが、明日の夕方から晩は、娘たちの英語のテストがある。
ドタバタするので、本日準備してくれました。

ケーキも予約してくれていて、嫁さんからは花束を、子供たちからもクッションなどのプレゼントをいただきました。
そして私も私自身にプレゼント(笑)
欲しかったDIYの道具、レシプロソーを購入しました。
本日早速、使って家の西側に勝ってに生えてしまった木を切ってみた。
先週は嫁さんと二人掛かりで、もう一つの木の根っこに四苦八苦したが、今回は一人で15分ほどで、直径20cmほどの木をカットできた。
これからもDIYでバンバン使って行きたいと思います。

家族に祝ってもらい、ショパンも楽しそうに走り回り、思い出に残る誕生パーティーとなりました。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:43 | Comment(0) | 日記

2020年06月19日

厚生労働省から感染対策アプリ

200619.jpg
【このアマビエ画面が最初しか見れないのは寂しいな】

今日からプロ野球が開幕。
そして他県への移動が自由となった。
また一つ日常へのステップが上がった感じですね。

東京では、毎日20〜40名程度の感染者が出ている。
しかし、これは主に夜の接客業を中心に、検査の徹底をしてそれが数字に出ているもの。
一気に感染爆発するような恐れはないものと思われます。

第二波の懸念もあるが、いつまでもじ〜っと閉じこもっている訳にも行きません。
感染予防を施しながら、活動を広げていく事が大事です。
落ち込んでしまった経済を立て直す意味でも、やはり人が動く事が大事になってくる。

このタイミングに合わせて、厚生労働省から「接触確認アプリ」なるものが発表されました。
感染者と接触した可能性があれば、通知してくれるというもの。
個人情報は取得せず、位置情報も取得せず、Bluetoothを使っているようです。

説明を見て、良さそうだったので、早速ダウンロード。
しかし、APP STOREで開いても見当たらない。
検索しても出てこない。

ネットで「厚生労働省新型コロナ感染対策アプリ」と検索したら、その記事が出て来て、そこのリンクを辿ったらAPP STOREのアプリが表示された。
???一体どういう事???
まだ発表して間もないので、Apple側の対応が出来ていないのか?

とりあえずダウンロード出来たので、開いてみた。
すると最初にアマビエのイラスト入りのロゴが表示されて、すぐに設定画面へ。
規約の同意や、通知の同意など、いくつか設定をしてすぐに完了。
とても簡単でした。

なんかこのアプリに対して、「監視社会アプリ」とか言っている人もいるみたいだけど。
個人情報も位置情報も取得していないのに、どうやって個人を特定して管理する?
自分の国の政府が出しているアプリを信用出来ないのなら、SNSなんて一切使えないと思うのですが。
私からすれば、LINEやPayPayとかの方が、よほど信用ならんのですけどね。

ただ、気になったのがiOSの対応。
iOS13.5以上って、最新のOSじゃないと動かないって事ですよね。
iOSをバージョンアップしていない人も多いし、古いiPhoneを使っている人も多い。
この辺はもう少し頑張って欲しかったな〜

より多くの国民に使ってもらってこそ、アプリの効果が出るというもの。
できればバージョンアップして、もっと下位の機種にも対応してほしいです。

感染対策アプリも活用しながら、第二波を小さくするために、頑張りながら活動しましょう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 20:59 | Comment(0) | 日記

2020年06月18日

くすぶる朝鮮半島

200618.jpg

なんかまた北朝鮮がおかしくなっていますね。
突然韓国にキレて、自国内にある韓国と合同で管理しているビルを爆破しました。
韓国との連絡調整に使っていたビルで、ビルそのものは韓国のお金で建てられた。

それを爆破する事で「これだけ怒ってんだ」と見せたいわけですね。
そしてこれに対して韓国もキレています。
まぁ元々同じ民族、キレやすいのでしょう。
「好きにしてれば」ってのが日本人の大方の反応だと思います。

それにしても、妹の金与正氏ばかりが表に出てきて、金正恩は一向に姿を現しません。
あ、いや間違えた。現せられないのでしょうね。
もしかすると、もういないのかも知れないし。

以前、このつぶやきでも「金正恩死亡説」を紹介しました。
仮に死亡していないとしても、表舞台に出てこれない状態なのだと思います。
動けない状態。さらに言えば「動かない状態」なのかも。
植物人間に近い状態になっている可能性もあります。

だからこそ、急に金与正氏が全面に出てきて、権力が自分にある事を示している。
以前は一歩引いて、微笑み外交を見せていた人物が、突然表へ出てきて強行姿勢を貫く。
きっと微笑んでいた時の自分が本当の自分で、今は必死で権力者の代理を演じているのだと思います。

一方の韓国はどうでるか?
文在寅政権は、ずっと北朝鮮に対して甘い顔を見せて来た。
まるで尻尾を振って喜ぶ犬のように、北朝鮮にすり寄って来た文在寅政権。
ところがこの仕打ちです。

おそらく「裏切られた」との気持ちが大きいでしょう。
プライドはズタズタに引き裂かれたと言って良い。
それでもなお、北朝鮮に甘い顔を見せて擦り寄るか?
そうなれば、国民が許さないだろう。

文在寅も金正恩相手であれば、まだ許せたかも知れない。
しかし、突然出て来た妹に、これだけボロカスにやられては、やはり気持ち良いものでは無い。
韓国内で北朝鮮に対して、敵意が大きくなれば、軍事的衝突もあり得る。

北朝鮮はもうすでにボロボロになっていて、国として立ち行かなくなっているのかも知れない。
なんとかアメリカと交渉して、経済制裁を解いてもらおうとしたが、失敗に終わり。
韓国に支援してもらおうと思ったが、その韓国もあてにならない。
だからこそ強行姿勢を見せて、なんとか自分たちに目を向けようと必死。

正直なところ、世界は今、自国内の事で必死です。
武漢肺炎(新型コロナウイルス)のパンデミックで、どの国も他の国のことまで心配していられません。
北朝鮮は「感染者ゼロ」と言っているが、そんなはずはなく、ただでさえ厳しい国内状況にウイルスが追い打ちをかけていると思われる。

良くも悪くも、この武漢肺炎は世界を壊している。
これまで金で包み隠していた、世界の見えざる闇が、ウイルスの蔓延と共に剥がされていく。
チャイナマネー欲しさに、これまで口をつぐんでいた国々が、一斉に中国批判を始めた。
これまで綺麗事で片付けて来たものが、何もかも音を立てて崩れていく。

朝鮮半島が再びくすぶり始めている。
北朝鮮が最後の悪あがきをしているようにも見える。
他国の事を心配している場合じゃ無いが、やはり注視はしておかなくてはいけませんね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:43 | Comment(0) | 私の思うこと

2020年06月17日

Adobe Creative Cloudバージョンアップ

200617.jpg

毎年この時期になると、Adobeのアプリケーションがバージョンアップされる。
一昔前であれば、バージョンアップ版が発売され、数万円かけてバージョンアップしていた。
しかし結構な金額なので、バージョンアップを諦めて、古いバージョンを使い続けていた時期もある。

数年前にAdobe Creative Cloudになってからは、バージョンアップ代が要らなくなった。
その代わり、毎月のサブスクになったのです。
これまでなら、自分が必要なアプリをパッケージで購入していた。
だから、興味があっても手が出せないアプリが多数ありました。

しかしCreative Cloudになってからは、すべてのアプリが使えます。
だから興味のあるアプリも使う事が出来る。
昔なら、やりたくてもアプリを購入しないといけなかった。
今は、興味があれば、どんどんアプリを使う事が出来ます。

先日つぶやいた「Animate」なんかも、すぐに使える環境だから出来たもの。
もし昔のように単品で購入しなければいけないようであれば、おそらく使う事はないでしょう。

本日、多数のアプリのバージョンアップが行われたようで、早速バージョンアップをしました。
illustratorやPhotoshop、InDesiginなど、いつも使っているアプリ。
そして先日使ったAnimateやその他のアプリも、多数がバージョンアップされた。
すべてのアプリのバージョンアップを行いました。

新たな機能がいくつか加わり、バグなどの修正もされているようです。
バージョンアップしてすぐに変わったことに気づいたのはアイコン、そして起動画面(笑)
中身はまだあまりわかりません。
新機能を使ってみないと、変わった実感は味わえないでしょう。

一つ「これは良い」と思ったのが、illustratorの新機能。
「100 倍のカンバス」機能。
これまでは大きめのサイズがせいぜい2〜3m程度のカンバスしか作れなかった。

通常の仕事ならそんなに困らない。
しかし、たまに看板のデザインの仕事が来たりする。
その時に、看板のサイズが大きいと、illustratorのカンバスでは作れない。
これまでは縮小した物で作り、看板屋さんで出力する際に、拡大してもらっていた。

今回の機能で、100倍のカンバスが作れるという。
かなり大きな物もできると言う事。
これはイベント屋さんとか、看板屋さんで重宝されそうです。
もちろん私も看板の依頼があった時には、これを使いたいと思います。

まだまだ他のアプリも見れていないので、どれだけ新機能が増えたのかわかりません。
PhotoshopやInDesignでもまだ見れていない。
これから仕事で使いながら、少しずつ把握したいと思います。

今回のバージョンアップで期待していたけど、実現されなかった物もある。
それがFrescoのデスクトップ化。
Frescoは絵を描くためのアプリ。
これまではPhotoshopで絵を描く人が多かったが、Adobeが完全に絵を描くためだけのアプリとして出している。

今はまだタブレットとモバイルにしか対応していない。
一度我が家のiPadで使おうと試みたが、残念ながらiPadが古くて使えなかった。
絵を描くとしたら、デスクトップでしかもワコムの液タブなので、早くデスクトップ化を望んでいる。
今回のタイミングで出ないか期待していたが、残念ながら出ませんでした。

さて、アプリもバージョンアップされた事だし、私自身もバージョンアップしていこう(笑)
新しくなったアプリで仕事頑張りますか。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:49 | Comment(0) | 仕事

2020年06月16日

生き物を飼うと言うこと

200616.jpg
【私の横でいつも寝ているショパン】

梅雨入りしたのに、お天気の良い日が続いています。
日中も気温が上がって、仕事部屋もクーラーを入れて仕事しています。
毎日、2階の仕事部屋に上がると、黒猫のショパンも後をついて来ます。
そして、私の横のイスに飛び乗って、そこで寝ています。

猫って何でこんなに癒されるのでしょうね。
仕事をしていて、ふと横を見ると、猫の寝顔。
癒されてリフレッシュ出来ます。

我が家はずっとペットは飼っていませんでした。
厳密に言えば、金魚やグッピーなどは飼育していた時期があります。
また、息子にせがまれて、亀を飼った時もあります。

最近では、息子がヒョウモントカゲモドキを飼いだして、結局そのまま我が家のペットになっています。
しかし、哺乳類のペット、つまりは犬猫は飼ったことがないのです。
それは、やはりペットに愛情を注ぐだけの余力が無かったから。

魚や爬虫類などは、別にほっておいても良い。
とにかく環境と餌だけ与えておけば、それで済む。
ペットと言うよりは、観賞用に近い感覚です。

でも、やはり犬や猫はそうはいかない。
特に犬は愛情をたっぷり注いで、躾もちゃんとして、毎日散歩も必要。
とても我が家の現状では出来ません。
それをやるとしたら、結局私がやることになる。

これまでも、散々、娘たちに「犬飼いたい、猫欲しい」とせがまれて来ました。
モールショップに買い物に行って、ペットショップがあると、必ず犬や猫を見て「欲しい〜」とせがまれました。
そして「面倒みるから」と言うのです。
いや、絶対に面倒を見るのは私だ(笑)

絶対に今の状況で、犬は飼えません。
飼うのなら猫だな。と嫁さんと話していましたが、飼うつもりは無かった。
今回のショパンとの出会いは、偶然だけど運命だったのだと思います。

子供達に、動物を飼うと言うのは、命を飼うと言うこと。
その意味を、しっかりと学んで欲しいと思います。
そして家族の一員として、しっかり面倒見て、最後まで暮らしを共にすること。
それが私たちの責任だと思います。

ただただ「可愛いから」ではなく、「最後まで命を預かる」と言う気持ちで飼わなくてはいけません。
生き物を飼うことに、ずっと慎重にして来た我が家。
その想いを忘れずに、ショパンと暮らしたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:36 | Comment(0) | 日記

2020年06月15日

一歩ずつ動き出す

200615.jpg

本日より、学校が平常授業となりました。
よって給食が復活!!
バンザーイ\(^o^)/バンザーイ\(^o^)/バンザーイ\(^o^)/

いや〜長かったです。
3月から3ヶ月半。
給食なしで、毎日毎日毎日、子供達のお昼ご飯の用意。
もちろん晩御飯も。

最近は嫁さんが朝にお昼ご飯も準備してくれていたので、ずいぶんと楽になったけど。
いや〜本当に長かった〜。
給食の有り難さが、本当にわかりました。

我が家の娘たちは、学校が再開されて、喜んで学校へ行き始めています。
でも中には長すぎた休校で、学校へ行きたくない子もいることと思います。
学校へ行ったとしても、感染防止でこれまでのようには遊べない。
子供達にとっては、以前のような楽しい学校生活は、まだまだ先の話だと思います。

学校が動き出したので、PTAの方も動き出します。
しかし、これまでの慣例は通用しません。
学校行事もどこまで出来るかわからない。
そんな中で、PTA活動をどうするのか?
全く白紙で考えなくてはならないと思います。

とりわけ広報誌が問題ですよね。
私は小学校の広報誌を、10年以上前から仕事として受けています。
1学期は好調挨拶・PTA会長挨拶、そして新入生の紹介、先生方の紹介などで構成されます。
他にも行事として、遠足などが入るのですが、遠足は中止。

誌面をどうするのか?考えなくてはいけません。
そのために、PTA広報担当と話し合いなどしないといけないと思うのですが、そのPTAがまだ動いていない。
小学校の方は、顧問として名前が残っているだけなので、PTA活動には直接関与していない。

そして中学校の方も広報誌が問題となりそう。
中学校の方は、広報誌にはノータッチなので、どうなるか全く未知数。
明日の晩、PTA会議が行われるので、副会長という立場を利用して、広報の方に首を突っ込もうと考えています。
従来の誌面づくりは出来ないので、臨機応変に対応していかないといけません。

息子の航海実習の方も、ようやく開始の目処が立ってきました。
7月1日より開始の方向で、準備を進めているようです。
こちらも元々は、4月1日開始の予定でしたから、丸3ヶ月遅れての開始。
その分、終了時期が若干遅くなるようです。

学校の卒業式が、9月の秋分の日前後だったと思うのですが、それまでに終わりそうにありません。
まぁそもそも、この航海実習を終えないと、卒業資格がありませんからね。
次週が終わってから、卒業式なんだと思います。

いろんなものが、動き始めました。
長いこと、止まっていたものが、再び動き出す。
一旦止まったものを、動かすのって、もの凄いエネルギーが必要です。
でも、これまで溜め込んできたエネルギーがあるので、一気に動かしたいと思います。
動き出せば、どんどん回り始めます。

さぁ忙しくなりそうだ。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:45 | Comment(0) | 日記

2020年06月14日

なかなか抜けない木の根っこ

200614.jpg
【疲れた心身共に癒してくれます】

もうクタクタです。

今日は天気予報では雨だったけど、曇り空だったので、DIYを決行。
今回は家の西側の隙間に、荷物入れを作りたい。
わずかなスペースですが、そこに日頃使わない物や、玄関に置いてあって邪魔な物などを入れたい。

しかし隙間は50cmもあるかどうか。
そこに物入れを作ろうと考えています。
昨日材料を買っておいたので、早速始めたいところ。

しかし、その前にやらなくちゃいけない大事なことが。
実はいつの間にか木が育っていて、これまでも何度か木の枝をカットした。
2本も木が育っていて、3年ほど前にどちらも伐採している。

だが、根っこが残っていて、1本はまだ伐採したところから、また新芽が出てきている。
木を切ろうにも、狭いスペースで作業も難しいし、何よりも木を切る道具がない。
やはり昨日呟いた工具がほしいところ。

今回はまだ育っている木はそのままに、手前のもう育ってないと思われる木の処理。
小屋を作る前に、ブロックを敷くために整地しようと思った。
それには木の根っこが邪魔。
根っこを抜く事は出来ない。
地中深くに根を張っていて、とても引き抜く事は出来ない。

そこで、根っこを掘り起こして、少しでも削り取ろうと試みた。
掘ってみると意外と根が張っている。
午前中は根っこ周りを掘るだけで終わった。
もうこの時点でクタクタ。

午後からは嫁さんとバトンタッチして、私は材料のカット作業。
本当は防腐剤の塗布までやりたかったけど、時間的に難しいのと、雨が降り始めたので今日はここまで。
自分の作業が出来ないので、嫁さんの様子を見に行く。
嫁さんも狭い場所でかなり苦闘していた。

使える道具が、ノコギリと手斧くらい。
これではいつまで経っても終わらない。
そこで丸ノコで、上から削り取る作戦に出た。

丸ノコで少しずつ削って行く。
そしてある程度削れたら、手斧で割る。
これを繰り返して、なんとか根っこの中心部分は取れた。
残りの根っこは、カット出来る部分はカットして、土に埋まっている部分はそのまま放置。

とりあえず、土を被せて、平らになってくれたらOK。
そこにブロックを敷いて、平坦に出来れば良いだけなので。
嫁さんと二人、一日かけてなんとか整地前の段階に出来ました。

もう二人ともクタクタ。
そんな中、癒されるのは、やはり黒猫ショパン君。
長女がピアノを弾いている横で、リラックスしておりました。
そして幼女が弾いていたのが、ショパンです(笑)
ショパンを聴くショパンでした。

本日完成させる予定だった簡易小屋は来週に持ち越し。
今日はクタクタなので、風呂入ってビールとともに飯食って、早々と寝ます。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 20:11 | Comment(0) | 日記

2020年06月13日

DIY用の工具が欲しい

200613.jpg

今日は1日雨でした。

午前中にDIYをしようと、材料をホームセンターに買いに行った。
しかし、あいにくの雨、作業ができないので、材料購入だけ。
お昼からソファーで寝転んでテレビ見てたら、いつの間にか寝てしまった。

2時間弱、ソファーで寝て、夕方から再び買い物。
天気良ければ、がっつりDIYやる予定でしたが、残念ながら今日は断念。
明日に持ち越し・・・・と思って天気予報見たら。
明日も1日中雨やん(TT)

やっぱり梅雨ですからね。
致し方ありません。
DIYの作業は来週に持ち越しかな。

作りたい物はたくさんあって、いつでもDIYやりたい。
でも、困るのが木材のカットや加工。
工具がやはり足りないのだ。

昨年、自転車小屋を作るために、いろんな工具を買った。
一番大きな買い物は、電動ドライバー。
電動ドライバーはあったけど、安物でコード付き。
自由に使えるために、バッテリー式のマキタのインパクトドライバーを買った。

おかげで作業効率は随分と早くなった。
しかし、まだまだほしい工具がある。
電動丸ノコギリはあるのですが、こちらも随分と古いので、マキタの物がほしい。
でも、まだ使えるので、こちらはしばらく古いものを使う。

問題は丸ノコで切れない木材をカットする場合。
小さめの木材や、細かい部分などは、丸ノコでは危なくて切れません。
今は、ノコギリを使って手動で切っています。
これが結構大変なんですよね。

そこで今欲しいのが、レシプロソーという工具。
早い話が、電動ノコギリ。
丸ノコじゃなくて、ノコギリの刃が付いていて前後に動く。
まさしくノコギリの電動版。

細かい部分や、細い木材のカット。
さらにプラスチックや金網なんかも切れるので、色々と重宝しそう。
去年も自転車小屋作った時に、雨よけのプラ板を切るのに苦労しました。
カッターでは切れないし、かといって丸ノコは使えない。
そんな時に使えるのが、この充電式レシプロソーです。

欲しいけど、やっぱりいい値段するんですよね。
バッテリー無しなら、15,000円くらいでも買えそうなので、頑張ってネットででも買いますか。
伝統インパクトドライバーのバッテリーと共通で使えるのなら、バッテリーも併用できる。

これからDIYで色々と作りたいので、工具はやはり揃えていきたいです。
できればジグゾーとか、トリマー、ディスクグラインダーとかも欲しい。
どれも結構な値段するので、ぼちぼち揃えますか。

まずは充電式レシプロソー購入目指してガンバロウ。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 19:51 | Comment(0) | 日記

2020年06月12日

報道しない自由

200612.jpg
【取り上げられない愛知トリエンナーレの問題点と大村知事リコール】

最近のマスコミは、やはりおかしい。
いや、もともとおかしかったけど、最近輪をかけておかしくなっている。
誤報では済ませられないフェイクニュースに近い状態になっている。

真実とは真逆の方向で報じたり、事実を捻じ曲げてまで、自分たちの主張に合わせようとしている。
まぁ、これは以前からのことですが、最近ますますその傾向が強い。
そして報じなければいけないことを、報じない。

例えば、中国が尖閣諸島に毎日船を近づけていることは、全く報じられない。
マスコミが報じなければ、それはそんな事実が無いという事になりかねない。
逆に無いことを「ある事」として報じてしまう。
ダレノガレ明美の薬物疑惑も、全くのでっち上げ。
これには本人が厳しく対応して、報じた週刊誌が謝罪している。

どうも自分たちが「こうであってほしい」という方向に、記事を持っていきたいようである。
それってもうジャーナリズムでも何でもない、単なる願望ですよね。
まさしくフェイクニュースそのものです。

でも、昔から似たようなことはあったのでしょうね。
それこそ自国を良く見せかけるために、プロパガンダ的な報道をしていた時代もあったと思います。
昔はそれでも通用した。
しかし今の時代はネットがある。SNSが広まり、いろんな情報が溢れている。

一方的な情報ではなく、多角的な情報が収集できる時代になった。
それでも、やはりとりわけテレビの影響は、まだまだ大きい。
テレビだ大々的に取り上げれば、それは多くの国民に届く。
しかし、全く取り上げなければ、それはほぼほぼ「無いこと」となりかねない。

この件も、マスコミが全く取り上げないので、「無いこと」になっている。
それは愛知県知事、大村氏のリコール問題。
実は愛知県民でも「知らない」って人が多いのではないかと思う。
テレビも新聞も、全く取り上げないですからね。

リコールをしたのが「Yes高須クリニック」の院長の高須氏。
高須院長は愛知県民。
これまでもTwitterで、大村氏に対して、様々な疑問などをぶつけてきた。

もっとも大きな問題は、愛知トリエンナーレの問題。
これはテレビでも少し取り上げられたので、ご存知の方もいると思う。
しかしテレビの取り上げ方は、「芸術作品として展示した物に、批判が集まり、さらには脅迫めいた物もあり、やむなく途中で開催を中止した」というイメージ。

その報じた内容は、ただただ芸術作品に批判があり、表現の自由に圧力がかかった。的な内容です。
しかし実際は大きく違う。
展示されていた内容には、韓国の慰安婦像があったり、旭日旗を旧日本軍の象徴と見立てて、「愚かな日本兵」として表現したり。
もっとも批判をかったのが、昭和天皇の写真を燃やして踏みつけている映像を、芸術として展示していたこと。
これはもはや芸術ではなく、日本を貶めるためのヘイトとなんら変わらない。

「どこが芸術!?」と思われる内容から、多くのクレームがあり、中には過激なクレームもあった。
それを代表の津田氏は、自分たちは芸術の表現の自由を踏みにじられたと訴えている。
名古屋市長の河村氏は、この愛知トリエンナーレは問題があるとして、その後開催を認めなかった。
開催には税金が投入されるので、とてもじゃないが認められない。

ところが、その河村市長を県知事である大村氏が裁判に訴えた。
もちろんそこには代表の津田氏の影も見え隠れする。

高須氏がリコールをしたのは、愛知トリエンナーレが最も大きな理由。
しかし、武漢肺炎(新型コロナウイルス)に対する対応にも、批判をしている。
国や東京都、大阪府が必死で感染を食い止めようとしているなか、大村氏は「感染症は移って治るもの」と、感染する事に危機感を持っていない発言をした。

最近では「東京都と大阪府は医療崩壊していた」と発言して、大阪の吉村知事を怒らせたのも記憶に新しい。
そんな知事を見かねて、高須氏はTwitterでなんども大村氏に提言したりしていた。
ところがそれを大村氏はブロック。
他にも大村氏に意見をする人は、ことごとくブロックされているようです。

つまりは自分に反対する人や、意見をする人の声は聞かないって事です。
自分が好き放題やって、批判は一切受け入れない。
こんな知事で愛知県大丈夫なんでしょうか?
私だったら、即リコールに賛同します。

でも、この件も、マスコミが全く取り上げないので、ほぼほぼ「ない事」になっています。
高須氏が中日新聞に、広告としてこのリコール問題を出そうとしたら、中日新聞から断られたそうです。
いや、そもそも新聞って、これを記事にしなくちゃいけない立場でしょう。
それなのに、お金払って記事を出そうとするのを拒否って(笑)

もうね〜日本のマスコミは末期状態ですよ。
自分たちが報じたくない内容は、一斉無視。
そして叩きやすいところを、しつこいように叩く。
だから政府批判が止まらない。

叩くと文句言われるところには、手を出さないのが今のマスコミです。
どこがジャーナリズムやねん。何が報道の自由やねん。
報道の自由じゃなくて、好き勝手に報道するのを自由だと思っている。
そして報道しないのも自由だと思っている。

もうこんな時代は終わらせなくちゃいけません。
そしてマスコミ界にいる若き人々よ。
きっと「おかしい」と思いながら、働いていると思う。
ぜひ、中から変えてほしい。
本当のジャーナリズム精神を見せてほしい。

そして愛知県民の皆様。
大村氏のリコール問題が起きています。
ぜひ、ご自身で調べて、考えてみてください。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:56 | Comment(0) | 私の思うこと

2020年06月11日

新作「ショパンと雨音の調べ」

200611.jpg
【ショパンと雨音の調べ】
--------------------------------------------
雨が続く梅雨の季節。窓際に黒猫のショパン君。
てるてる坊主も退屈そうに外を見つめています。
雨音が奏でる調べを、二人で楽しんでいるのかな。
--------------------------------------------

新作のお知らせです。
本当は5月中に出す予定が、ドタバタ続きで出せませんでした。
もう6月なので、今月もう1作品描く予定です。

今回は我が家にやってきた「黒猫ショパン君」をモチーフにしました。
黒猫が来ることが決まってから、頭の中ではイメージができていたけど、なかなか作業する時間が取れず。
ちょうど梅雨入りもしたので、このタイミングでご紹介。

猫って外に興味があって、窓からじ〜〜〜〜っと外を見つめます。
昔なら、猫も放し飼いみたいなもので、自由に外を出歩いていたと思う。
でも、今は家の中で飼うのが常識となっています。

我が家の黒猫ショパンも、窓の外をよく眺めています。
窓際にちょこんと座って、外を眺める後ろ姿は、とてもキュートです。
今回はそんなショパンをイラストにしてみました。

私のイラストにとって「黒猫」と言えば「りっちー君」です。
もちろんりっちー君は、これからもイラストで登場します。
そこに加えて、新たな黒猫として、これからはショパン君も登場するかも知れません。
二人が同じイラストに登場するかわかりませんが、りっちー君、ショパン君それぞれの可愛さがあるので、これからもイラストに登場してもらいたいと思っています。

今日もショパン君は、お昼から私の仕事部屋にやってきて、そばのイスの上でお昼寝していました。
もうそこがすっかり定位置になって来たようで、自分のイスだと思っているようです。
昨日も、息子が仕事部屋にやって来て、航海訓練の予定について私と話をしていました。
もちろんイスに座って。

そこへショパンがやって来た。
息子が座っているイスにジャンプしたかと思うと、おもむろに息子とイスの間に身体を潜り込ませる。
私が「自分の場所だと思っているかも」と言うと、息子がイスから立ち上がった。
するとそこへ堂々と寝転がる(笑)
もう完全に自分の昼寝用イスだと思っています。

まだまだ子猫なのですが、いろいろと面白い行動をしてくれます。
ショパンをどんどんイラストで描いていけたらと思います。

ちなみに今回のタイトル。
「ショパンと雨音の調べ」はどこかで聞いたことがあると思った人いませんか?
実は「I Like Chopin」という洋楽を、1984年に小林麻美が歌った際の邦題からとっています。
タイトルは「雨音はショパンの調べ」でした。

黒猫ショパン君、黒猫の先輩りっちー君と共に、よろしくお願いいたします。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 18:49 | Comment(0) | 新作のお知らせ

2020年06月10日

梅雨明けが楽しみな梅雨入り

200610.jpg
【今年の夏はどっちも行けない(T_T)】

梅雨入りしましたね。
田んぼにも水が入り、本格的な雨の季節となります。
梅雨の季節は雨が多くて、鬱陶しいですが、それも自然の恵みです。
しっかり梅雨の季節に雨を降らせて、夏にはたっぷりの水で暑さを凌ぎたいものです。

今年の梅雨は男型それとも女型どっちでしょうか?
激しい雨が多い男型と、シトシトと長雨が続く女型。
降るときは降って、晴れるときは晴れて欲しいけど、激しく降ると最近は災害になるほどの雨が多い。
長雨は嫌だけど、シトシトと降って欲しいですね。
梅雨のイメージは、まさにこのシトシトと降り続く雨のイメージです。

私の故郷の奄美大島もすでに梅雨入りしています。
もうすぐ梅雨明けするころではないでしょうか?
奄美は梅雨が明けたら、一気に夏本番になります。

どうしても私の感覚は、奄美の夏の感覚のままです。
奄美は梅雨明けの6月後半から、9月いっぱいくらいまでは、季節的には真夏。
だから丸々3ヶ月間は夏本番のイメージです。

でも、こちらだと、梅雨明けが7月中旬。
下手したら8月頭にずれ込むこともある。
そしてお盆が過ぎたら、一気に夏の終わりの雰囲気になる。
だから夏があまりにも短く感じます。

子供達の夏休みと同時くらいに夏が始まり、お盆過ぎには夏の終わりが近づいてくる。
夏休みの終わりが近づくと、なんか妙に寂しい気分になるんですよね。
毎年、その頃に奄美や北海道に帰省するので、帰省が終わると一気に夏が終わる。
夏の終わりって、なんであんなに寂しいのでしょう?

私にとっての夏は、今でも奄美の青い海と空です。
子供の頃の夏が今でも脳裏に焼き付いています。
そして最近は、北海道への帰省もあるので、夏の北海道のイメージが加わった。
北海道はまた、全く違う夏ですよね。

今年の夏は、残念ながら、どちらの夏もありません。
家でゆっくりと過ごす夏になりそうです。
せめて早く梅雨明けして、夏本番を家で楽しみたいですね。

梅雨入りしたばかりで、梅雨明けの話もおかしいけど、それだけ夏が大好きなんです。
夏を楽しみに、梅雨を乗り切りましょう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:53 | Comment(0) | 日記

2020年06月09日

アニメを作ってみる

200609.jpg
【久しぶりに使ってみた】

先々月から、嫁さんに頼まれたいたものがある。
それはアニメーション。
仕事の進め方を、簡単なアニメーションにしたいと言われたのが、4月中旬。

「できたら5月中に形にしたい」と言われていた。
仕事の合間や、夜の時間に少しずつやっていたが、やはり効率が悪い。
一番のネックは、アニメを作るために使うソフトを、勉強しないといけない事。

使ったソフトはAdobe Animate。
「聞いた事ないな?」と思っている人も、こう言えば伝わるはず。
Adobe Flashの後継ソフトです。

そうなんです。FlashがAnimateと名称変更になっているのです。
Flashは昔使っていたのですが、すっかり使わなくなって、完全に忘れてしまいました。
Animateになってからも、全く使っておらず、今回のアニメ制作で使う事にした。

忘れたとは言っても、大まかな機能は覚えている。
思い出しながら少しずつ作業をする内に、何となく使えるようになった。
そこからは作業が進み出したが、なんせ時間がない。

5月末の週に仕上げるつもりだったが、急遽黒猫ショパンを招く準備に追われて撃沈。
土日は猫三昧で終わる。
翌週は仕事が超多忙で、全く時間が取れず。
土日は土曜日がPTAで一日終わり、日曜日来客とDIYで終わった。

そんなわけでいよいよ時間が無くなり、本日仕事をストップしてアニメ制作に追われた。
何とか形になったので、一度職場でプレゼンして反応を見るようだ。
もしかするとセリフに合わせた音声も入れる可能性もある。

今回はアニメをAnimateで作り、ムービー書き出しをして、それをFinalCutProに取り込んだ。
タイトルとBGMを加えて、再びムービーで書き出している。
もしセリフの音声が入るのなら、FinalCutProで調整する。

今回の作業でAnimateをだいぶ使えるようになったので、また別のアニメ制作に使いたいと思います。
以前から、自分の作品をアニメにしてみたいと思っていた。
アニメと言っても、そんな動きのある物じゃなくて、静止画の中で、少しだけ動きのあるアニメ。
やりたいなぁ〜と思っていたけど、Animateを使う機会がなかったので、今回使えて良かったです。

Flashの時代には、出来なかったことが、今回のAnimateでできるようになっていてビックリした。
それがillustratorから直接コピペしてデータを貼れること。
そしてそのデータをAnimateで編集が出来ること。

以前は確かillustratorから画像にして、それをFlashに取り込むしか出来なかったと思う。
今回はコピペでデータが貼れて、それをAnimateで編集出来るので、動きがAnimateで作れる。
おかげで作業効率も随分と上がりました。

せっかく使うことができたので、また忘れないように、簡単なアニメなどを作ってより習得したいと思います。
その内、簡単な短編アニメなんか作れたら良いですね。
そうそう、昔Flashで作った「君の名はコロ」みたいな短編アニメをもっと作ってみたいです。

posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:43 | Comment(0) | 仕事

2020年06月08日

暑い夏がやってくる

200608.jpg
【涼しいところを探して寝るショパン】

一気に暑くなってきました。
クーラー入れたいけど、窓全開にして、なんとか外からの風でしのいでいます。
今は天気良いから窓全開出来ますが、そろそろ梅雨入りらしいので、梅雨になったら窓も開けられません。
そうなると、いよいよクーラーの出番かなぁ〜。

今日は猫にとっても暑かったのか、気がつくとショパンが私の仕事部屋の入口で寝ていました。
そこが一番涼しかったのでしょうね。
風が抜けて心地よかったのでしょう。

昨年の夏の終わりに、子供部屋のエアコンが壊れたので、先日の日曜日に新しいエアコンを付けました。
流石に真夏にエアコン無しでは、子供と言えどもやはりキツイ。
奈良盆地の夏はクーラー無しでは生きていけません。

自然の風が一番心地よくて、身体にも良いとわかっていますが、奈良盆地の夏は自然の風が熱風です。
そんな中で扇風機回しても、熱風しか入って来ない。
やはりクーラーに頼るしかありません。

よく「奄美大島出身だ」と言うと「暑いのには慣れているでしょう」と言われます。
しかし、奈良盆地の暑さは、奄美大島の暑さとは別物です。
私は奈良に来て、初めて夏バテをしました。
それも二十歳の頃に。

奄美の暑さは、太陽の日差しの熱さです。
直射日光は肌を刺すように、ジリジリと痛いけど、日陰に入れば心地よい潮風に和みます。
気温も32〜33℃くらいです。
35℃を超えることなんてありません。

逆に奈良盆地の暑さは、熱せられた空気が溜まった暑さです。
直射日光は奄美ほどきつくないけど、日陰に入っても生ぬるいだけ。
気温も35℃以上になるのも、珍しくはなくなっている。
この暑さは本当に身体に堪えます。
やはりクーラーでしのぐしか無いのです。

一昨年は、酷暑の夏でした。
奈良でも35℃を超える日が何日もありました。
またあのような酷暑の夏だったら、クーラー無しでは生きていけません。

子供部屋はクーラー付いたので大丈夫です。
問題はリビングなんですよね。
クーラーあるんですが、もう随分と昔のクーラーです。
かれこれ30年近く使っているんじゃ無いでしょうか。

そのためか、あまり冷えません。
一昨年のような酷暑だと、クーラー点けても暑さを凌げないかもしれない。
できればリビングのエアコンも変えたいところ。
でも子供部屋のエアコン買ったので、今年は辛抱します。

猫のショパンにとっては、リビングが自分の居場所ですが、暑かったら2階に上がってきて、エアコンの効いた部屋にやってくるかも知れませんね。
今年の夏はどんな暑さになるのでしょう?
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:35 | Comment(0) | 日記

2020年06月07日

正式に我が家の一員となりました

200607.jpg
【すっかり慣れてリラックスして寝ています】

我が家に黒猫のショパンが来て、1週間が経ちました。
この1週間はトライアル期間ということで、猫の様子を譲り主さんに毎日メールで報告していました。
最初に事件があったものの、なんとか無事に1週間を過ごして来ました。

昨日、1週間経ったという事で、譲り主さんから正式に譲渡するお電話をいただきました。
これでショパンは正式に我が家の飼い猫となりました。
もうすっかり我が家にも慣れて、毎日一緒に遊んだり寝たりしています。
本当に可愛くて、みんなショパンに夢中です。

私は中学生〜高校生の時に、黒猫リッチーを飼っていました。
しかし元々は私が飼いだしたのではなく、大阪にいた姉が、家に帰って来た時に一緒に連れて来たのです。
だから元々は姉の猫でしたが、帰って来てすぐに結婚して出て行きました。
その後、リッチーの面倒は、主に私が見るようになりました。

でも当時は今のような飼い方ではありませんでした。
リッチーは自由に家の中と外を行き来していました。
去勢手術もワクチンも、そんなものはなかった時代。
猫はより自由に、より野生に近い状態で飼われていた。

でも、今はちゃんとワクチンや去勢手術が必要です。
そして家から出さない。
ちょっとかわいそうな気もするが、それが猫を飼う上でのマナーとなっている。

我が家に来たショパンは、まだ小さいので、ワクチンも未接種だし、去勢手術もまだ出来ません。
もう少し大きくなってから、受けさせたいと思います。
小さな子猫で引き取ったので、譲り主さんも「ちょっと早かったかな」と、多少戸惑いはあったようです。
しかし、毎日私から送られてくるショパンの写真と、様子の報告で安心したようです。

本当に元気で、毎日リビング中を走り回っています。
そして飽きたら2階まで上がってくる。
眠くなったらソファーの上で、腹を出して無防備な姿で寝ています。

リッチーは最後まで飼うことが出来ませんでした。
ショパンは最後まで一緒に過ごしたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 21:22 | Comment(0) | 日記

2020年06月06日

PTA・PTAそしてPTA

200606.jpg

今日は奈良県PTAの第1回目の理事会でした。
市PTAから2名、県PTAに出向があります。
今年度の会長から「行って欲しい」との事で、私ともう1名理事として参加しました。
しかし、もう1名は本日は欠席でした。

初めての県PTAの理事会。
右も左もわからぬ内に、議事が進みます。
今日は第1回目なので、新役員を決めないといけません。

会長は前年度の会長が引き続き努めます。
次に副会長ですが、なんと副会長を9名も選出しないといけません。
そうなると、ほぼほぼ担当の市から、一人副会長になるようなもの。
私にも早速「やっていただけませんか?」との要望。

結局私を含め9名が副会長に選出。
その中の1名は前年度からの引き続き副会長。
8名が新たに副会長となりました。

案内には第1回理事会を10時から。としかなかったので、私は午前中で終わるものと思っていました。
確かに理事会は午前中で終わりです。
しかし、副会長に選出されたので、その後の役員会、そして15時からの常任委員会も出席する必要が出てきました。
そんな事、案内文には無かったので、私の予定では入っていなかった。

午後からは空いているつもりだったので、中学校PTAの予定を入れてしまった。
中学校の方も、総会が出来ないので、書面決議の準備をしている。
教頭先生が書類を準備しているが、書類のホッチキス留め作業を12時半から行う予定。
そこに行く予定を入れてしまっていた。

そこで、役員会は欠席させていただいて、15時からの常任委員会に戻ってくる事で、一旦県PTAの場所を離れた。
約1時間かけて、中学校へ行く。予定より30分遅れ。
しかし集合場所の図書室に行っても誰もいない?
なんとなく話し声が聞こえたので、そこへ行っているみると、まだ印刷の途中でした。

印刷が終わってホッチキス留め作業が始まったが、再び県PTAに戻るために、14時には出ないといけない。
まだ作業途中だったが、後は皆さんに任せて、再び県PTAに戻った。
私は広報担当の副会長に選出されたようで、委員会が行われる部屋へ案内されました。

前年度の副会長に、同じ市PTAから出向いている方がいたので、おそらく私を広報担当に推薦したと思われる。
市PTAの方でも広報担当副会長なので、これで県・市と二つの広報担当副会長になります。
ちなみに中学校も副会長なので、今年度はトリプル副会長です。

県PTAの方は、毎月役員会と理事会があるようです。
またまた忙しくなりそう。
まぁ、自分のできる範囲でしか出来ないので、できる範囲で頑張ります。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:52 | Comment(0) | 日記

2020年06月05日

拉致問題解決は憲法改正しかない

200605.jpg
【写真は産経ニュースWeb版から】

辛く悲しい知らせでした。

横田めぐみさんのお父様、横田滋さんがお亡くなりになりました。87歳だそうです。
拉致家族会の会長を務め、拉致被害者の救出に全力を注いだ滋さん。
最愛の娘、めぐみさんとは会えないままの別れとなってしまいました。

拉致被害者の家族は、どんどん高齢化が進んでいます。
本当にもう時間が残されていません。
一体いつになったら、拉致被害者を取り戻せるのでしょう?

めぐみさんが拉致されたのは、中学1年生の時です。
私の長女と変わらない時に、突然拉致されて、それから40年以上が経ってしまった。
私がその立場だったら、耐えられるだろうか?
想像しただけで胸が張り裂けそうになる。

一向に進まない拉致被害者の救出。
第二次安倍政権がスタートした時、拉致問題に進展がある事を、拉致家族会も期待したと思う。
それは、安倍総理が元々拉致問題に真剣だったから。

しかし、その安倍総理でも、拉致問題は進展しない。
それは国の根本に問題があるからだと思う。
日本は軍隊を持たない国。
憲法9条でそう宣言している。

実際には自衛隊があり、軍隊としても十分な戦闘能力を有する。
しかし、実際には戦えない。
その事を、北朝鮮はよく知っている。
だからこそ、拉致問題を外交カードとして使ってくる。

自分たちが犯罪を犯して、拉致してきた日本人を、外交カードとして使う。
犯罪者が誘拐した人間を使って交渉しているようなもの。
普通の国なら、軍隊を動かす。
しかし、日本はそれが出来ない。

どんなに優秀な総理大臣であっても、どんなにリーダーシップに長けた総理大臣であっても、憲法9条があり、自衛隊が動けない限りは、拉致問題は解決しない。
それとも北朝鮮の望み通りに、莫大なお金を支払って、国交正常化して北朝鮮を助けるか?
仮にそれをやっても、拉致被害者が帰ってくる保証はない。

今回の横田滋さんの死を、横田めぐみさんはどのように受け取るのでしょうか?
あまりにも辛い、あまりにも悲しい。
そして北朝鮮に対する怒りがこみ上げてくる。

私たち日本人は、どこまでお人好しなのでしょうか?
たった一度戦争に負けた事で、未来永劫周辺の国々に頭を下げて、たとえ自国民が拉致されても、何も出来ないのでしょうか?
そんなの国って言えますか?

憲法改正を急がなくてはなりません。
すべては憲法9条がネックになっています。
私たち日本は、いざとなれば戦う覚悟を持たなければなりません。
そうでなければ、自国民を守る事なんて出来ないのです。

拉致被害者の1日も早い帰国を実現するために。
憲法改正を急がないとダメだと思います。

最後になりました。
横田滋さんのご冥福を、心よりお祈り申し上げます。
いつの日か、必ずめぐみさんを取り戻し、せめて墓前で再会できますように。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:56 | Comment(2) | 私の思うこと

2020年06月04日

もう戦いは始まっている

200604.jpg

アメリカで警官に押さえつけられた黒人男性が死亡した事件。
これをきっかけに「人種差別」を叫ぶ人々が集まりデモが繰り広げられた。
しかし、デモは暴徒化して店舗の破壊や略奪に発展。

これに対し、トランプ大統領が「暴徒化すれば銃が向く」的なことを言ったことで、火に油を注いでいる。
確かに静かなデモなら、銃を向けて鎮圧する事はない。
しかし、暴徒化して略奪が始まれば、警察や軍を入れてでも鎮圧をするだろう。
これを批判する方がおかしいと思う。

そもそも黒人に対する人種差別とは、切り離して考える問題です。
人種差別は問題なので、今回のデモとは切り離して考えるべき。
そもそも人種差別は黒人に対してだけ?
他の人種、我々アジア系の黄色人種や、南米などのスパニッシュ系の人種に対しても、差別はあるんじゃないのか?

今回のデモが暴徒化した裏には、ANTIFAという組織が関わっていると言われている。
デモを暴徒化に導いているのが、このANTIFAという組織と見られています。
そしてトランプ大統領は、このANTIFAをテロ組織に指定しました。

今回のデモ暴徒化問題。
本来であれば、警察に差別撤回を求めて、謝罪と今後の対策を得れば良いだけです。
しかし、自体は思わぬ方向へと進んでいる。
明らかに暴徒化する方向へ導いている。

言われている通りANTIFAが仕組んでいると考えるのが筋。
そして、なぜかANTIFAの中に、中国の国旗を持っている者がいるとの情報。
さらにアメリカ国旗を燃やしている。
こうなると、裏で手を引いているのは、やはり中国共産党?と疑いたくなりますね。

ギクシャクしている米中関係で、少しでもアメリカの力を弱めたい。
トランプ大統領の再選を、何としてでも阻止したい中国の焦りなのか?

民衆を軍隊で鎮圧するのは、中国共産党の得意技です。
それと同じことをアメリカもやっていると見せたかったのかも知れません。
奇しくも31年前の6月4日には、天安門事件が起きています。

大勢の学生や若者が、天安門広場に集まり、中国共産党に民主化を迫った。
中国に自由を求めた若者たちは、広い天安門広場を埋め尽くしました。
何度か交渉が行われたようですが、中国共産党が民主化を受け入れるわけも無く。
さらに自国の若者を広場から追い出すために、軍隊を投入しました。

全く無防備の若者たちに、軍隊が銃を向ける。
戦車が突入して、若者たちを無残にも轢き殺したと言われています。
犠牲者の正確な数は、未だわかっていません。
しかし、中国共産党は「天安門事件は無かった」と開き直っています。

この天安門事件と同じことを、アメリカにも仕向けようとしているのかも知れません。
「アメリカトランプ大統領は民衆の声を軍隊を使って鎮圧する独裁者だ」と言いたいのでしょう。
自分たちがやっていることを、まるで他人の責任に転嫁する。中国の得意技です。
武漢肺炎も「アメリカが持ち込んだ」と言っちゃいましたからね。

中国共産党の最終目的は世界制覇です。
彼らにとっては中華思想の達成こそが、最大の目標なのです。
世界は中国を中心にして、すべて中国共産党の支配にあることが、正しいと信じています。
それを軍隊を使って戦争をして達成するのでは無く、経済とお金を使って侵略するのです。
もちろん睨みを効かす意味で、軍事力もパワーアップさせています。

世界は中国の支配下になるのか?
アメリカを中心として、欧州&日本でそれを阻止できるのか?
もうすでに世界大戦は水面下で始まったいる。
そしてそれは武器を使わない、情報戦なのです。

我々日本人も、戦わなくてはいけません。
自由を守るために、平和を守るために。
憲法9条は、私たちを守ってはくれませんから。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:52 | Comment(0) | 私の思うこと

2020年06月03日

ショパンとの生活

200603.jpg
【だいぶ我が家に慣れて来ました】

黒猫のショパンが来てから、5日が経ちました。
最初は怯えていたショパンでしたが、日に日に慣れて来ています。
誰もいないと、ソファーの下に隠れていたりしましたが、昨日あたりからそれも無くなりました。
すっかり慣れて来て、階段を上がって2階までやって来ます。

かなり甘えん坊のようで、寝る時は誰かにピッタリとくっついて寝ます。
今日は昼から次女と一緒にソファーで寝ていました。

ただ遊ぶときは激しく動き回ります。
リビングを所狭しと走り回り、猫じゃらしに反応して動きまくります。
私たちも面白くて、ついつい猫じゃらしで遊びます。

家族が入れ替わりでショパンの相手をするので、ショパンも楽しくて仕方ないようです。
まさに新しい家族が増えた我が家です。

まだまだ身体が小さいので、小さな隙間などに入り込まれると、どこに行ったかわからなくなるので、注意が必要です。
少しずつ家に慣れてもらおうと思っていますが、当の本人はお構いなくいろんなところに行きたがります。
今も、私の仕事部屋を探索しています。

時折、私の膝に飛び乗って、キーボードの上に乗っかって来る。
なんどもなんども下に下ろしては、膝に飛び乗って来るのを繰り返しています(笑)
それでも癒されるから、猫って不思議な生き物ですね。

まだ自分の名前は理解できていないようなので、これから何度も名前を呼んで、ショパンを覚えてもらいます。
ショパンとの生活が始まって、生活スタイルが変わりました。
家族全員癒されて、心が穏やかになった気がします。

これから大きくなるにつれて、色々と大変なこともあると思いますが、ショパンとの生活を楽しみたいと思います。
猫の寿命は15年と言われています。
順調に行けば15年間はショパンとの生活が続く。
最後までしっかり面倒を見たいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:34 | Comment(0) | 日記

2020年06月02日

そろそろ田んぼの季節

200602.jpg

早くも6月になりました。
そろそろ田んぼが始まる季節です。
朝歩いていると、田んぼが綺麗に整えられ、水を張る準備ができています。

ここに水が入ると、景色が一変するんですよね。
今では、家の周りは田んぼがなくなり、住宅になりました。
引っ越して来た時は、田んぼが広がっていて、水が入るとまるで鏡に映し出されたような景色になったものです。
大好きな景色でしたが、今ではもう見ることは出来ません。

私の故郷、奄美大島では水田はあまりありませんでした。
そして広い土地が無いので、水田が広がる風景って写真やテレビでしか見た事が無かった。
奈良に来て、初めて広がる水田を見ました。
水が入ると、これまでと風景が一気に変わるので、本当に感動したのを覚えています。

そしてそれと同時に、カエルの合唱が始まるんですよね。
今はもう聞こえませんが、引っ越して来た時は、窓を開けているとカエルの大合唱が聞こえたものでした。
今の季節は、窓を開けていれば、心地よい風が入って来ます。
夜に網戸にして、風鈴の音とカエルの鳴き声に、耳を傾けたものでした。

近くの田んぼが住宅地に変わっていくように、他にも水田が他の用地に変わって行きます。
聞けば専業農家で田んぼをやっている人は少なく、大半の人が兼業農家でコメを作っているようです。
つまりは、いつもは会社勤めしながら、田んぼの季節だけ会社を休んで田植えをする。
そんな兼業農家が多いと聞きます。

だからこそ、田んぼでの米作りをやめて、他の用地に転売しているのでしょうね。
水田の風景が大好きなので、田んぼは残して欲しいけど、この辺は難しい問題なのでしょうね。
日本の農業も転換期に来ていると思う。
これまでのやり方から、大きく舵を切る時に来ているのかも知れません。

ちょっと難しい話になりましたが、もうすぐ田んぼが始まることに変わりはない。
また、美しい水田の風景が見れるのは嬉しいです。
でも同時に梅雨入りして、雨が多い季節になります。

今年の梅雨は、カビや湿度に加えて、感染対策も必要となる。
鬱陶しいけど、雨の季節にしか楽しめない風景もあるので、楽しみながら乗り越えましょう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:41 | Comment(0) | 日記

2020年06月01日

免許もプリンターも新しくなった

200601.jpg

今日は朝から免許更新へ行って来ました。
8時半から受付開始なので、8時前には出発。
免許更新センターには8時15分には到着。

しかしすでに多くの人が来ていた。
そして感染防止対策として、整理券を配っていました。
私がついた時には、8時40分受付の整理券でした。

しばらく待って、8時40分の受付が始まりました。
中はやはり距離を取るために、線が引かれていました。
受付をして、次は支払いへ。
続いて視力検査、その書類を提出して写真撮影へ。

これまでの時間は10分程度。
整理券で待っていた時間とほとんど変わらない。
私は無事故無違反だったので、優良ドライーバーとしての講習へ。

こちらも感染対策として、従来の講習ではなく、DVDを視聴する形式。
30分ほど視聴して講習も終わった。
受付から1時間程度で免許更新が終わりました。
次の免許更新は5年後の令和7年です。

免許更新が終わったら、その足でケーズデンキへ行きました。
壊れてしまったプリンターの代替機を購入するため。
昨日、嫁さんと別の買い物で、ケーズデンキに行ったので、その時に下見をしておりました。
その時は安い方を買うつもりだったが、wifi接続が出来る高い方を買った。
高いって言ったって、2,000円程度の差です。

CanonのiP8730を購入しました。
これでA3出力も大丈夫です。
前のプリンターに比べると、プリント速度も早くなった気がする。
そして何よりも良かったのは、A4プリンターのインクと同じインクが使える事。

これまでは、A4とA3それぞれに違うインクでした。
同じインクなので、どちらにも使えるので良いですね。

免許も更新したし、プリンターも新しくなったし。
明日から気持ちも新たに頑張るぞ。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:49 | Comment(0) | 日記