2020年05月19日

偽物商品にご注意

2005019.jpg
【問題となっている韓国産洗浄ジェル】

あれほど不足していたマスクが、急に市場に出回り始めました。
でも、我が家はマスク買っていません。
子供達は家から出ないので、基本マスクは使わない。
そして、子供用には以前から箱入りのマスクを買ってありました。

大人もマスクは使いまわしています。
使ったマスクを捨てずに、洗って使ったり、私のは洗えないので、干しています。
ウイルスは数日間は物に付着する。
そのため、14枚のマスクを使い回しています。

もう一つの品薄だった消毒液は、相変わらず品薄が続いている。
でも、今日スーパーに行ったら、大量にアルコール消毒のジェルタイプが売っていた。
思わず手に取ったが「メイドインチャイナ」だったので、買うのをやめました。
やっぱり信用なりません。

ちゃんとした日本メーカーの物で中国産なら購入してもいいけど、中国メーカーの物は信用なりません。
本当にアルコールなのか疑わしいです。
現に韓国産のアルコール消毒液でトラブルが起きています。
アルコール71%と表記された商品が、実は5〜30%程度だったらしい。

日本の会社が販売しているけど、製造は韓国、そしてなぜか日本語のラベルも韓国で作っている。
販売した日本の会社も、騙されて購入した形です。
最初から日本を騙すつもりで作った物なのでしょう。
韓国ですらこのような事ですから、中国の物なんて信用出来ません。

詳細の記事はこちら

しかし、なんでこんなにもマスクや消毒液が出回らないのでしょう?
マスクも出回っているのは、見慣れないメーカーの物。
これまで売られていた、日本のメーカーのマスクは、未だ出回っていません。

医療機関や介護施設など、マスクや消毒液が必須の場所に、優先的に届いているのなら良いけど。
一時期は病院もマスクや消毒液が入手出来ないと言われていた。
一体マスクや消毒液は、どこに消えていたのか?

そしてこの状況を利用して、金儲けを企んでいるのが、韓国や中国のメーカーなのでしょう。
偽物や不良品を販売している可能性が高く、検査キットなども不良品が多いようです。
欧州などでは、中国から仕入れたマスクや防護服に、基準を満たさない物が多かったとの情報があります。
困っている所に、手を差し伸べるフリをして、偽物を売りつける。
完全な詐欺行為です。
でもこれが、中韓クオリティなんですよね。

我が家のアルコールも、そろそろ切れそうですが、それでも中国や韓国の製品は買いません。
最悪の場合エタノールがあるし、しっかり手洗いをすれば良いだけの事。
怪しい商品には手を出さないようにしましょう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:42 | Comment(0) | 日記