2020年05月18日

10歳になった次女

2005018.jpg
【10年前の次女】

昨夜お祝いしたけど、次女の10歳は本日。
北海道と奄美から、お祝いの電話で、嬉しそうに話していた次女でした。
近くに居れば、会ってお祝いしてもらえるのでしょうが、北海道と奄美ではなかなか難しい。
まぁ、今はどこに居ても、会うのが難しい状況ですしね。

次女は末っ子なので、とにかく承認欲求が強い。
そして私たちも、末っ子なので、ついつい甘くなる。
次女ということもあり、要領も良い。

甘えん坊だけど、自分を認めて欲しい。
お調子者だけど、傷つきやすい。
泣き虫だけど、立ち直りが早い。
我が家の次女の特徴です。

そんな次女ですが、幼い頃は全く違っていました。
3歳ごろまでは極端な人見知りで、いつも私にベッタリくっついて、知らない人が来たら私の後ろに隠れるような子でした。
託児所の発砲会でも、モジモジして何も出来ず、いつも先生に付き添われているような、引っ込み思案の子。
長女とは正反対の性格に、ちょっと心配した時期もありました。

それが3歳を過ぎた頃から、突然変異した(笑)
急に活発的になり、人との接触も平気になり、託児所の発表会も普通にこなした。
次女の中で、何かが変わったのだと思うのですが、何が要因かはわかりません。
もともと持っていた性格が、3歳で芽生えたのかも知れません(笑)

それからは、どんどんモンスター化していった次女です。
今ではうるさいくらいですが、幼い頃の次女を思い出すと、別人のようです。

認めて欲しい気持ちが強いので、とにかく自分が出来る事を探っています。
そして褒めて欲しいのです。
次女がずっと続けているお手伝いがあります。
それはお風呂掃除。

小学2年生の頃に、私にお風呂掃除をお願いされて、褒めてもらってから、ずっと続けています。
今では、誰に言われなくても、17時になると、お風呂掃除してお湯を入れて、自分からお風呂に入ります。
もう次女の日課になっていて、毎日これを続けています。
それでも、まだまだ認めて欲しいので、他にもお手伝いをやりたがります。

茶碗を洗ったり、お米を炊いたりと、少しずつ出来る事を増やして行こうと思っています。
本人としては、ご飯を作るのもやりたいみたいで、最近は朝ごはんに目玉焼きを焼いたりしています。
そのうち、晩御飯とかも作ってくれるかな?
あまり期待しないで、楽しみに待ちたいと思います。

10歳になった次女。
あと10年したら成人です。
その頃には私は・・・・。
考えないようにします(笑)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:54 | Comment(0) | 日記