2020年05月15日

絵本のお仕事(ちびででぶでぶう)の紹介

2005015-1.jpg
【仕事で描いた絵本(ちびででぶでぶう)】

2005015-2.jpg

本日、郵便受けにレターパックが入っていた。
中身は絵本。文芸社さんの仕事として描かせていただいた絵本「ちびででぶでぶう」です。
昨年の11月ごろから制作にかかり、年明けに納品した仕事です。

一昨日、編集の担当者から「絵本送りました」とメールが届いていました。
楽しみに待っていたら、本日届きました。
毎回のことですが、やはり自分で描いたイラストが絵本になるのは、本当に嬉しいですね。
今回も素敵な絵本に仕上がっていました。

今回の絵本は、1965年生まれの男性の方が著者です。
私がこれまで仕事で描かせていただいた絵本は、ほぼほぼ女性の著者の方です。
これまで男性の方は一人だけでした。
しかし、今回のこの絵本、そして同時期に進行していた絵本も、男性の著者の方でした。

つまりこれで3名の男性の著者の方の絵本を描かせていただいた事になります。
私のイラストのタッチからして、これまでは女性の方が多かったのですが、男性の方も増えて来たのは、私にとっても嬉しいです。
そして今回は同年代の男性の方ということで、さらに嬉しいですね。

絵本の内容は、ピンクのちでぶぅの恋のはじまりの物語。
ブタのようなキャラクターだが、ブタとは一言も書かれていない。
あくまでも「ちでぶぅ」というキャラクターです。
このキャラクターは、著者の方のデザイン。
それを私の方で、イラスト化しました。

恋の始まりと言っても、ラブストーリーではなく、日常のありふれたシーンが展開されて行く。
なんともほんわかとした雰囲気の物語なのです。
私も描いていて、とても楽しい絵本でした。

もう出版されているので、もし本屋さんで見かけることがあれば、手にとっていただければ幸いです。
ところどころに、私の作品のイラストも入っていたりします。

仕事としての絵本は、これで何冊目かな?
多分16冊目くらいだと思います。
自分の絵本も描きたいと思いながら、こっちは全然出来ていません。
でも、頑張っていつの日か、自分の絵本も描きたいです。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 20:08 | Comment(0) | 絵本