2020年03月09日

今が正念場

200309.jpg
【写真は産経ニュースWeb版から】

ついに私の住む市からも、感染者が出ました。
これに伴って、一部を除く学童保育所が閉所となりました。
また、学校の一時預かりも中止となった。

市からの連絡によれば、大阪のライブハウスでの感染者が出たようです。
そしてその方の職場の保育所が閉園。
そして未就学児も陽性反応が出て、その未就学児が利用していた施設も同様に。

市としては最悪の状況を考えて、この二つの施設を利用していた未就学児の兄弟が通っている学童を閉所に決めた。
この連絡が入ったのは夕方。
急遽、学童の理事会が19時から開かれました。

私も外部理事として名を連ねているので、理事会に出席。
突然のことで、学童内でも慌ただしく動き回っているようでした。
閉所になる事で、先生方も自宅待機となります。

一気に身近に迫って来た武漢肺炎(新型コロナウイルス)です。
学童利用者から感染者が出た訳ではありませんが、もし今回感染が確認された未就学児から、他の未就学児に感染していた場合。
そこから兄弟感染は十分にあり得る。
それが学童利用者だった場合、クラスター発生になりかねない。

国の専門家会議では、感染者は増加しているものの、爆発的な感染は抑えられているとしている。
何とか日本国民の頑張りで、広がりを最小限に抑えているのでしょう。

今回、集団感染となってしまったライブハウス。
ライブが行われたのは、先月の中旬以降。
この頃は、まだ集団感染もなく、各地でライブやイベントが行われていた。

我が家も剣道に試合に行っていたのが、2月16日だったし、この頃って微妙な時期だったんですよね。
言い換えれば、2月25日に政府が基本方針を発表する数日前から、イベント自粛の傾向が強まっていたので、それ以降は集団感染は減っているはず。
2月25日からちょうど2週間になるわけですが、集団による感染はこれからは減る傾向。

後は、個々に感染しないように頑張るしかありません。
手洗いやアルコール消毒を徹底して、自らの感染を防ぐ。
集団感染が無くなれば、感染者の数も減っていくでしょう。

専門家会議の方からは、まだイベントなどは自粛してほしいとの要請がありました。
今月いっぱいは、大規模なイベントなどは難しいでしょうね。
経済の落ち込みは半端ないと思います。
終息する前から、経済立て直しの政策を、国は考えてほしいと思います。

そして私たちも声をあげましょう。
私はぜひ、消費税減税を訴えたい。
10%の増税は間違いだったし、思い切って5%に戻してほしい。

この武漢肺炎がおさまったら、いろいろ動き出すでしょうね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:48 | Comment(0) | 私の思うこと