2020年03月08日

我が家のペット

200308.jpg
【ヒョウモントカゲモドキのねる君】

まったりの日曜日。
なんの予定も無い日曜日なんてそうそう無い。
今日は朝からずっと家でゴロゴロしていました。

お昼過ぎになって、息子が「コオロギを買いに行きたい」との事でペットショップへ。
コオロギを飼いたいのでは無くて、コオロギを買いたいのです。
ペットとしてのコオロギでは無く、ペットの餌としてのコオロギ。

我が家はペットは飼っていませんが、厳密に言うと息子がトカゲを飼っている。
昨年の5月頃にヒョウモントカゲモドキと言うトカゲ(正確にはヤモリの仲間)を飼い出した。
最初に我が家に連れて来たのが、昨年の夏休みの時。
そして今年に入ってからは、我が家にずっと居る。

息子も寮を出たので、我が家にずっとヒョウモントカゲモドキが居るのです。
最初は「げ!トカゲ!?」と、みんな引いていました。
しかし、慣れてくるとなかなか可愛いもので、今ではみんなのアイドル的存在です(笑)

名前は「ねる」男の子です。
この「ねる」のご飯が、生きたコオロギなのです。
固形の餌も、コオロギの缶詰もあるのですが、ねるは生きた餌しか食べないのです。

最初はゴキブリを食べさせていましたが、最近はもっぱらコオロギです。
コオロギにはちょっとかわいそうな気もしますが、餌と割り切って与えています。

ペットショップに行くと、入り口には犬や猫が。
決まって次女はいつも釘付けになります。
そして決まって「飼いたい」と言い出すのです。

そりゃ〜私だって、犬も猫も大好き。
動物全般大好きなので、飼えるものなら飼いたい。
しかし、そんな余裕は我が家には無い。
ヒョウモントカゲモドキのねるで精一杯だ。

奥の方に進むと、そこにはウサギもいる。
犬や猫も惹かれるが、ウサギはもっと惹かれる。
なんせ昔飼っていましたからね。
犬や猫よりも手がかからないので、飼うならウサギですね。
まぁ飼わないけど(笑)

生き物を飼うのって、本当にゆとりが無ければ飼えません。
今の我が家は、この「ねる」だけで手一杯。
娘達がもう少し大きくなって、手が離れてゆとりが出て来たら飼っても良いかな。

しばらくはこの、ねる君で十分です。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:46 | Comment(0) | 日記