2020年03月05日

武漢肺炎との戦いは続く

200305.jpg
【画像は産経ニュースWeb版から】

遅すぎた感は否めない。
しかし、それでもやらないよりは全然マシ。

政府がようやく中韓からの入国に制限を設けました。
これまでも中国に関しては、湖北省からの入国には制限をしていたが、一部では意味がない。
そして韓国も、一部は制限していたが、どちらも全面的に制限をかけることとなった。

本当はひと月前、いやもっと前に実施して欲しかった。
武漢で人人感染が出た時点で、中国全土からの入国に制限をかけていたら、日本国内での感染者は防げたかもしれない。
やはり中国観光客を受け入れていたのが、結果的に今の事態を招いてしまっている。

しかし、武漢で人人感染が疑われていた時期は、マスコミも「たいしたことない」と報道し、WHOも全く警戒をしていなかった。
そんな時点で、日本が中国全土からの入国を拒否なんて事できるわけがない。
仮にやったとしたら、「観光にダメージを受ける」と批判されていただろう。
そして野党も「人権侵害だ」と騒いだだろう。

もう日本中に武漢肺炎が広がってしまっている中で、中韓とイランの入国制限をしたところで無駄だと言う人もいる。
しかし、何もしないよりは断然マシだと私は思う。
否定的な意見の中には、「もう中国では感染が終息しつつある」と言う。
え?まだ中国の発表を信じるの?
これまでの数字だって、明らかに怪しい。

そもそも、最初の段階で情報隠蔽しなければ、ここまで世界に広がることはなかった。
その中国の発表を信じて、入国制限をしなければ、また感染した中国人が日本の地を踏む。
私たち日本国民は、我慢して自宅待機を続けているのに、中韓から観光客が日本に来て町中を自由に歩き回る。
そしてウイルスを撒き散らしていく。
そんな事が我慢できますか?

遅い対応ではあるが、やらないよりは断然マシ。
そしてもう一つ、習近平国家主席の国賓としての来日も延期となった。
こちらも国賓来日に猛烈な反対があったが、なかなか政府が判断しないので、みんなやきもきしていたと思う。
中国が「感染が終息に向かっている」と情報を流したのも、きっと国賓来日を有利に進めたいからだと思う。

二つの懸念が、ようやく排除されて、少しは安心して武漢肺炎と戦える。
あとは不足しているマスクや消毒液などが、1日も早く店頭に並んでほしい。
トイレットペーパーは、少しずつ戻りつつあるようだが、マスクは相変わらず無い。
これだけ市場に出回らないと、途中で横流しされているのか?とさえ思ってしまう。

遅まきながらも、政府はやれることをやっている。
後は日本国民一人一人が、自分自身で水際対策して、感染を広げないように努力するしかない。
春も目前、今年は桜の開花も早そうです。
お花見も自粛モードですが、出かけて行って桜を愛でるくらいは良いと思う。
ただ桜の下で飲み会はやめてほしい。

1日も早い終息を願って、日々を耐え抜きましょう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:43 | Comment(0) | 私の思うこと