2020年03月31日

最後の別れの時間さえも奪う

200331.jpg

やはり我々は、この武漢肺炎(新型コロナウイルス)について、認識が甘かったのだと思う。
私は国内初の感染者が奈良から出た時点で、すでにそこら中に蔓延しているものと意識して生活してきた。
そして「自分が感染しているかも知れない」と思いながら生活して来ました。

それでも、やはり心の何処かに、「感染しても8割は軽症」という思いがあったと思う。
日本でも死亡者は少なくて、やはり高齢者や持病持ちの方が対象だとの意識があった。
感染を広げないというよりも、自分が感染しない事を一番に考えていた。

感染により死亡した方々の情報というのは、全くと言って良いほど出てこない。
故に私の意識の中でも、「死亡者=終わった事」という感覚が何処かにあったと思う。
一人死亡者が増えても、それは数字的な感覚でしかなく、特に心を痛める情報にはならなかった。

しかし今回の、志村けんさんの他界により、一気により現実的に身近な事に感じられた。
それは日本中の人々が感じた事だと思う。
数字で見れば、死亡者が一人増えただけ。
だが、私たちの知っている、そして愛してやまない人が感染して死亡した。

日本中で蔓延している武漢肺炎だが、やはり身内や知り合いに感染者が出ない限り、なかなか身近に感じない。
どこかテレビの中の世界的な感覚でいる事は確かです。
今回の志村けんさんの他界により、多くのい日本人が身近な事と捉えて、意識を変えられたと思います。

この武漢肺炎の怖いところは、感染して重篤化してから死亡するまでの速さ。
専門家も警鐘を鳴らしていましたが、とにかくあっという間に容態が悪くなり、そのまま死亡してしまう。
志村けんさんの場合が、やはりそうだった。

さらに悲しいのは、家族や身内が付き添えない事。
最後に看取る事も許されない。
そして、亡くなった後も、顔を見る事も出来ないのです。
最後の別れの時間さえ奪われ、ようやく会えるのは遺骨となって戻って来た時。

大切な人を失った時、私たちはお通夜・告別式と時間をかけて、少しずつその現実を受け入れる。
最後のお別れは、棺に花や思い出の品を入れて、涙で見送る。
火葬場で骨となった大切な人を、丁寧に骨を拾う事で、現実として受け止める。

それすらも許されないのが、この武漢肺炎の恐ろしさ。
大切な人の命を奪うだけでなく、最後の別れの大切な時間さえも奪う。
その事を、志村けんさんは私たちに教えてくれました。

お兄さんがテレビで会見していましたが、見ていて心が張り裂けそうです。
突然遺骨となって帰って来ても、全く実感が湧かないと思います。
ひょいと帰って来そうなそんな気持ちなんだろうと思います。

私たちは、本当に大切な人を失って初めて、この武漢肺炎の本当の恐ろしさを知った気がします。
1日も早い終息は、決して政府や自治体の長がやる事ではありません。
まずは私たち一人一人の意識からだと思います。
それをさらに後押しするのが、国や自治体の役目。

ただ東京の実情は、かなり厳しい。
緊急事態要項が発令されても致し方ないかも知れません。
経済の落ち込みが危惧されますが、まずは終息に向けての感染拡大防止。
そして経済を立て直す政策を早く打ち出して欲しいです。

最後になりましたが、改めて志村けんさんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。
私たちにたくさんの笑いと、たくさんの心温まる笑顔を届けてくれてありがとうございます。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:47 | Comment(0) | 私の思うこと

2020年03月30日

天国でも笑いを

173天国へと続く虹.jpg
【天国へと続く虹】

日本中がショックに見舞われました。
志村けんさんがお亡くなりになった。
武漢肺炎に感染して入院中との情報があったが、詳しい情報は出てこなかった。
私も気になっていたが、突然の訃報に驚きを隠せませんでした。

私にとっての「志村けん」は、やはりドリフターズの一員として、「8時だよ全員集合」での活躍が一番です。
実は最近、アマゾンプライムで「8時だよ全員集合」を観ていたところでした。
何年経っても色あせる事の無い笑い。
子供の頃は、テレビを前にゲラゲラ笑い転げていました。

最近は「志村どうぶつ園」がもっとも目にする機会が多かった。
若い人にとっては、コメディアンと言うよりも、志村どうぶつ園での志村けんの方がしっくり来るでしょうね。
まさかこんな形で亡くなってしまうなんて、本当にショックだし、悲しすぎます。

午前中に訃報を知ってから、心にぽっかりと穴が空いた気持ちでした。
ネットでも続々と訃報に驚き悲しむ声が。
きっとみんな「だいじょうぶだ〜」と明るい顔で回復して来ると期待していたのでしょう。
私もその一人でした。

午後から仕事の手を止めて、作品を手掛ける事にしました。
もともと今月分の作品を手掛ける予定にしていた。
でも、まだ頭の中で構想がまとまっていなかった。

今回の志村けんさん他界の一報を受けて、描きたいと思った絵が頭に浮かんだ。
志村どうぶつ園で一緒だったチンパンジーとブルドッグ。
名前はみなさんご存知ですよね。
あまり似せ過ぎると問題になっても困るので、あくまでもチンパンジーとブルドックという設定です。

タイトルは【天国へと続く虹】
イラストコメントに添えたコメントは下記の通り。
----------------------------------------
別れの時。舞い散る桜。
天国へと向かう主人を、見送る二人。
悲しさと寂しさで、涙がこぼれそうだけど…
たくさんの想い出と共に生きてゆく。
----------------------------------------

私も含め、大勢の人が、現実として受け入れられずにいると思う。
きっとご本人も、「え!俺死んじゃったの?」って思っているかも知れません。
辛い現実ではあるけれど、天国への旅立ちを見届けたい。

そして、これまで残してくれた、たくさんの笑いや想い出と共に、私たちは生きていきましょう。
志村けんさんの命を奪った、武漢肺炎との戦いにも勝利しなければなりません。

改めて心よりご冥福をお祈りいたします。
天国でいかりや長介さんと、またお笑いを続けてください。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 21:10 | Comment(0) | 新作のお知らせ

2020年03月29日

新たな危機がやって来る

200329.jpg
【写真はYahooニュースより(ケニアの牧場でバッタの大群を追い払おうとしている男性)】

東京や大阪の大都市での、外出自粛要請を受けて、再び自粛モードが高まっています。
奈良は新たな感染者も出ていないのですが、なんとなくテレビで「自粛要請」と言われると、出かけようという気持ちはなるなる。
まぁ、元々出かける予定も無ければ、出かける気もないんですけどね。

本当なら、家族揃って温泉にでも行きたい。
でも、やっぱり気が引ける。
日帰り旅行でも行きたいけど、そんな気持ちにもなれない。

今日も買い物に行ったくらいで、ずっと家で過ごしていました。
次女だけは、お友達がお誘いに来て、お昼から遊びに行きました。
早くこの武漢肺炎が終息して欲しいし、せめて終息に向かう見通しだけでも見えて欲しいものです。

武漢肺炎の発祥地である中国は、「新たな感染者が出ていない」と情報を出していますが、これを信じている人などほとんどいないと思う。
そもそも、最初の段階で、情報を隠蔽して、隠しきれなくなってから、情報を発信。
その頃には、感染した中国人が、世界中に飛び回っていました。
最初の段階で、ちゃんと情報を出し、WHOも正確な情報を把握していれば、これほど世界中に広がることは無かった。
本当に中国共産党と、WHOの罪は重いです。

そんな中国ですが、実は武漢肺炎に続いて、新たな脅威が迫っているようです。
それはバッタの大群。
どうも東アフリカで、サバクトビバッタというバッタの大量発生が起きたようです。
そして偏西風に乗って、東へと移動している。

アラビア半島に渡り、ペルシャ湾を超えて、アジアの一部に到達していると見られる。
ただバッタが移動するだけなら、通り過ぎるまで我慢すれば良い。
しかしバッタは作物を食べながら移動する。
すなわちものすごいバッタの群れに、穀物や果物を食い荒らされてしまうのです。

バッタの食べる量は凄まじく、1平方キロメートルに集まるサイズの比較的小さな群でも、1日あたりで人間3万5000人とほぼ同じ量を食べるといわれる。
このバッタがインドやパキスタンなどにも、すでに入り込んでいて、やがて中東アジアや中国にも飛来するとみられている。
つまりは飛来した各地で、大量の穀物や果物を食い尽くしてしまう。
そうなると当然、食糧難が起きる。

日本にまで飛来する確率は低いとみられているが、日本も関係ないわけではない。
世界で食糧難となれば、これまで輸入していた穀物や果物が輸入出来なくなる。
そうなると外食産業などは、かなりのダメージが起きると思われる。

そして世界的な食糧難になれば、食料を巡っての争いも起きかねない。
ただでさえ、武漢肺炎で世界中が不安定になっている。
そこに追い打ちをかけるように、バッタが食糧難を発生させる。

今年はなんて年なんでしょう。
新年を迎えた時は、オリンピックの年で、気持ち的にどんどん明るくなると思っていました。
ところが、武漢肺炎で世界中がパニック。
加えてこのバッタ騒動がやって来る。

今の所、日本には直接的な影響がない事と、やはり武漢肺炎のことで、皆精一杯。
ニュースにもなっていないし、誰も危機感を持っていない。
そもそも、情報が出回っていないのでしょうね。
本当に今年は試練の年です。

これから、まだまだ苦しいことが続くかも知れません。
しかし、現実から目をそらさずに、現状を受け入れて、そこからより良い道を探らなければならない。
まずは武漢肺炎に打ち勝つことですね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 18:21 | Comment(0) | 私の思うこと

2020年03月28日

稽古はいつから?

200328.jpg

今日は夕方に、剣道の話し合いがありました。
先生方&保護者で、稽古をいつ再開するか話し合いました。
結果的に4月いっぱいは様子を見て、5月から開始することで合意。

2ヶ月以上稽古が出来ない事になります。
子供達もかなり体がなまるでしょうね。

そして4月に予定されていた柳生での試合も、中止が決まったようです。
さらに5月5日に行われている、春日大社の奉納試合も中止。
5月の中旬にも試合があるのですが、これもまだわかりません。

今月の8日には、6年生を送る会を行う予定でしたが、こちらも当然中止になりました。
毎年、盛大にお祝いして送り出しているのですが、今年は本当に残念です。
送る会は出来なくても、簡素で良いから6年生たちを送り出す催しができればと思っていますが。
これもある程度落ち着かないと難しいでしょうね。

本当は、4月に剣道体験教室を行う予定でした。
4月の日曜日に、小学生低学年を中心に、体験教室を開く段取りをしていた。
小学校や幼稚園・保育所に案内のチラシを配る予定で、印刷まで出来ていました。
印刷ができたのが、2月24日そして26日からは稽古の中止が決まる。
さらに2月28日には、安倍総理が一斉休校を発表。

この時点で小学校にチラシを配布する事が出来なくなりました。
そして体験教室自体も開けない事に。
印刷を出す段階までは、ここまでの感染拡大がわからなかった。
私の手元には、大量のチラシが封も切らずに残されたまま。

まぁ、でも逆に考えたら、もっと早くに動いていたら、学校でチラシ配布されていたので、その後の対応の方がややこしかった。
4月だと開催されるのか?の問い合わせなどもあったかも知れない。
チラシ代は無駄になってしまったが、対応に追われることを考えると、これで良かったと思う。

問題はいつ稽古が再開できるか?と、それに伴って剣道教室を開催できるか?です。
残念ながら子供の数は減る一方で、6年生が抜けるのでさらに減ります。
毎年新学期にチラシを配っていますが、全くと言って良いほど反応がない。
そこで今回は剣道教室の形をとる事にしたのです。

プロ野球やJリーグさえも、開催できずに苦しんでいますからね。
オリンピックは1年延期が決まって、中止にならなかった分良かった。
しかし、スポーツやイベント関係の復活の目処が、なかなか立たないのは、本当に苦しいです。

感染防止と経済活動。両方をうまくバランス取らなくてはならない。
本当に難しい舵取りだと思います。
不安も広がっているだろうから、ここは政治の力で、国民に安心を与えてほしい。
そのためにも、1日も早い支援が必要。

牛肉割引券とか、旅行割引券とか、そんな利権がらみのことばかり出さないでくれ。
日本国民が望んでいるのは、現金給付と消費税減税です。
なかなか財務省が首を縦には振らないでしょう。
でも頑張って政治の力で成し遂げて欲しいです。

長い戦いになりそうですが、私たちも負けずに頑張りましょう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 20:22 | Comment(0) | 日記

2020年03月27日

今年も学童修了式DVD制作

200327.jpg
【古いMacBookG4でDVDを焼く】

毎年この時期になると依頼のあるDVD制作。
学童保育所の修了式のDVDです。
例年なら、もっと早い時期に納品している。

今年も本当は3月14日までに納品の予定でした。
その日に修了式を行う予定でしたが、学校が臨時休校になり、学童の行事なども取りやめになった。
修了式は出来なくなったので、各家庭に直接DVDを渡すことになりました。

今日は朝からDVDを焼いていたのですが、とにかく時間がかかる。
最初に1枚目は、データを準備するために、どうしても時間がかかる。
およそ2時間近くかかって、ようやく1枚目が焼けた。
でも、次からは早い。
早いと言っても1枚10分近くかかります。

朝から焼いていったが、やはり終わらなかった。
本日納品の予定だったが、明日の午前中にしてもらいました。
なんせ50枚焼かないといけませんからね。

DVDを焼いている間、ふと昔のDVDが気になってムービーデーターを開いてみた。
2010年から制作を始めたので、今年でちょうど10年です。
制作したムービーは残してあるのですが、何度かデータが飛んだことがあるので、データが壊れているものもある。
古いデータは、MacBookG4でDVDを焼いていたので、G4にいくつか残っていた。
そして古いiMacにも、いくつか残っていた。

あちこちからデータを拾い集めて、なんとか以前のデータも揃って来た。
しかし、どうしても2016年の分だけが、見つからない。
データはあるのですが、どうも壊れているようで、途中で映像や音が止まる。
最悪の場合は、DVDからデータを取るしかない。
でも、そのDVDもありません。
学童の方にはあるかも知れないので、最悪借りて来てデータに落としたいと思います。

しかしもう10年も作り続けていたのですね。
依頼がある限りは作り続けたいと思いますが、DVDの形にするのは、もしかすると変わっていくかも知れませんね。
今回は出来上がったムービーをチェックしてもらうのに、ネットで確認してもらいました。
これまでは、DVDを私が持って行って学童で再生していた。
もしかするとこれからは、ネットで見てもらう方向に変わっていくかも知れません。

でも音楽CDと一緒で、「物」として手に届くのが嬉しいですよね。
しばらくはDVDを焼くことになると思うので、PowerBookG4にもまだ頑張ってもらわないといけません(笑)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:53 | Comment(0) | 仕事

2020年03月26日

もう一度気を引き締めて

200326.jpg

東京がやばい状況になっていますね。
ここが踏ん張りどころなんですが、桜も満開になって、出歩く人が増えているのかな?
自粛疲れもあるでしょうね。

我が家の子供達も、春休みに入った(とは言ってもずっと春休みみたいなもんだが)事で、外に遊びに行くようになりました。
お友達も誘いにくるようになったし。
今の所、我が市では感染者はおらず、奈良県も総数で9名です。
だからと言って油断は禁物です。

一番良いのは、家でじっとしている事ですが、流石にひと月も家の中に閉じこもってはいられない。
大勢で遊ぶのは避けて、少人数で遊んでいるようです。

芸能界からもついに感染者が出ました。
志村けんさんが、感染して入院しているようです。
一時期、人工呼吸器を付けていたとの情報もあり、今は回復に向かっているとの情報も。

志村どうぶつ園で一緒にレギュラーをしている、近藤春菜とか嵐の相葉くんとか大丈夫なんでしょうか?
近藤春菜は毎朝スッキリに出てるけど、もし感染していたら、スッキリメンバーも危ないですよね。
そして相葉くんも嵐の感染者を出してしまいかねない。
一応濃厚接触者はいないと言われているけど、こればかりはわかりません。

長引く自粛モードに、日本国民が疲弊しているのは確かです。
しかし、この長引くことは、想定内だったと思う。
元々医療崩壊を避けるために、少しずつ感染者が増えるグラフをなんども見ました。
時間稼ぎをしている間に、医療体制を整えるのが目的。

ただ、今後爆発的に増えたら、医療崩壊に繋がりかねない。
東京や大阪などの、大都市でどれくらい抑え込めるかがポイントになってくる。
北海道とは条件が違いますからね。
北海道とは違い、人口密集している東京や大阪。
なんとか持ちこたえて欲しいです。

暖かくなって来て、桜も咲き始めて、なんとなく気持ちが浮き足立ち、行動範囲が広くなります。
もう一度、気を引き締めなくてはならないですね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 19:47 | Comment(0) | 私の思うこと

2020年03月25日

美味しかったジンギスカン

200325.jpg
【最高に美味しかったサンミート木村さんのジンギスカン】

オリンピックは1年延期となりましたね。
まぁ今の状況では、どう考えたって無理。
1年延期も大変だけど、中止になるよりは良い。

今回の武漢肺炎で、本当にいろんなところに影響が出ている。
なんとかこの国難を乗り切るしかありません。
それにはやはり、国民一人一人の意識が大事だと思います。

先日、Facebookで拡散された内容があった。
北海道のサンミート木村というお店が困っている内容だった。
ジンギスカンの大量の在庫を抱えて、頭を悩ませているとのこと。

本来は東京で北海道物産展がある予定だった。
物産展に向けて、ジンギスカンを用意していたのですが、物産展が中止に。
売り先をなくしてしまったジンギスカンが、大量の在庫となり倉庫に眠っている。

私のその記事をシェア(拡散)して、私自身もジンギスカンを注文した。
少しでも経済を回すことができれば・・・との思いが一番でした。
ホワイトデーに花を買ったのも、少しでも花屋さんの経済を回すことの力になればとの思いから。

今回も、僅かでもお力になれればと思って、ジンギスカンのセットを購入しました。
商品は代引きで送られてきて、中には店長からのメッセージも入っていました。
私以外にもたくさんの方が注文をされているようで、文章からも喜びの気持ちが伝わって来ました。

200325-3.jpg

さて、肝心のジンギスカンですが、昨夜の晩御飯として食べました。
我が家はジンギスカンは食べなれた物です。
よく北海道からも送られてくるので、正直、さほど期待せずに食べました。

ところが、これが良い意味で期待を裏切られた。
肉厚が厚いのに、とても柔らかくて、ジューシーなんです。
味がタレ・塩・みその3種類あり、それぞれ美味しい。
中でも私は塩が気に入りました。

200325-2.jpg

一緒に焼肉のタレも入っていたので、最初はタレにつけて食べましたが、肉が美味しいので、つけなくても良い。
家族で食べると、あっという間にジンギスカンは無くなってしまいました。
みんな美味しいので、夢中で食べていました。

きっと足りないと思ったので、いつものスーパーで肉を買っておきました。
ジンギスカンを食べた後に、スーパーの肉を焼きましたが、あまりの硬さに絶句(笑)
いやこれが普通なんでしょうけど、柔らかいジンギスカンを食べた直後だったので。

本当に美味しいジンギスカンでした。
今回は、そんなに期待せずに、経済を回す意味で申し込んだのですが、美味しいのでまた食べたいです。
ネットショップもあるようなので、機会を見て申し込みたいと思います。
興味のある方は、ホームページへ。
http://www.sunmeat-kimura.com/top.htm
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:52 | Comment(0) | 日記

2020年03月24日

手作りオリジナルレターセット

200324.jpg
【桜と黒猫りっちー君のオリジナル手作りレターセット】

長女の中学校も、次女の小学校も、卒業式は卒業生&保護者・教員だけで行われました。
中学校は13日に、小学校は19日にそろぞれ行われたようです。
私は小学校の卒業式に、来賓で呼ばれていたのですが、今回の武漢肺炎騒動で来賓は無し。

卒業式は何とかできたようですが、在校生の終業式はやはり無理なようです。
今日は次女の担任の先生が、プリント類など一式を、わざわざ届けに来てくれました。
各家庭に二日間にかけて配って回るみたいです。

最初に私が出て、プリント類など受け取り、説明を受けました。
そして先生が「次女ちゃんいますか?」と聞かれたので、次女を呼びました。
しかしなかなか2階から降りて来ない。
返事はするのになかなか来ない。

先生も忙しいのに、何をグズグズしているのか?と思ったら、どうやら着替えて髪の毛を整えていたようだ。
確かにパジャマで髪の毛も寝起きのママだった(笑)
今までだったらそんな事気にもせず出て来たと思うのだが、次女もちょっと乙女心が付いて来たのか(笑)

久々に先生と会って、ちょっと照れ臭そうな次女。
先生と会うのは、実に1ヶ月ぶり。
次女は2月の末にインフルエンザにかかり、その後学級閉鎖となり、そのまま一斉休校になってしまった。
だから次女のクラスは学級閉鎖中に休校になったので、臨時のお別れ会などもできないままだったのです。

先生にとっても名残惜しかったのでしょうね。
次女に手紙を書いてくれていたようで、プリント類の中にお手紙が入っていました。
もちろん次女は大喜び。クラス全員に書いているのだと思います。
先生も大変です。

お手紙を読んだ次女は、「お返事書きたい」と言い出しました。
しかしあいにく便箋も封筒もありません。
あることにはあるけど、大人用の縦書き便箋や、業務用の封筒ばかり。

便箋は適当に作ることが出来るので、オリジナルで作ってあげる事にしました。
しかし封筒は適当な物がない。
その時ふと思い出した。

昔、無印良品で封筒のテンプレートを買った。
プラスチックの型になっていて、なぞって切って折り曲げると洋型の封筒が作れる。
早速作ってみたら、簡単に出来た。

そこでその型を元に、自分でオリジナルの封筒を作る事にした。
桜の季節なので、桜と黒猫りっちー君で、オリジナル封筒&便箋を作成。
コピー用紙なので、ちょっと封筒は柔らかめだが、それなりの物が作れた。
それを次女に渡すと、大喜びでお手紙を書いていました。

小一時間ほどで、封筒に手紙を入れて持って来たので、学校に送るように住所を書かせました。
ちゃんと切手も貼ったので、明日にでも投函させようと思います。
学校に持っていけば早いけど、それじゃお手紙の意味なくなるので、郵送で。

次女のお手紙発言から、オリジナルレターセットが出来上がりました。
昔は既成の封筒にプリントしたりしていたけど、手作りで封筒作れるのは良いですね。
他のイラストも使ったりして、もっとたくさんのレターセット作ってみよう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 19:15 | Comment(0) | アート

2020年03月23日

オリンピックは延期か

200323.jpg

ついにオリンピック延期の話が出始めましたね。
私も含め多くの方が、通常での開催は無理だろうと思っているはず。
どれだけ日本が頑張っても、世界中で武漢肺炎が終息しない限りは、オリンピックは開けません。

世界中は今、オリンピックどころでは無い。
いかにしてウイルスとの戦いに勝利するかで必死です。
特に欧米は今最も深刻な状態。

そして今後は、季節が逆転する南半球で感染が広がるでしょう。
最も懸念されるのは、アフリカ。
衛生状態も良くなく、医療体制が脆弱。
貧困にあえぐ国も多く、感染した場合に助けられない命が多く出てしまいそう。

そうなると世界規模で見れば、どんなに早くても、今年いっぱいはウイルスとの戦いが続く。
おそらく一年後に延期されるのが、最も考えられるシナリオだと思う。
ただ問題も多く、世界水泳大会と世界陸上大会が重なる。

2年後だと、冬季オリンピックとサッカーのWカップがある。
しかしこちらは2月と秋の開催なので、夏は空いている。
でも、2年後となると、完全に仕切り直しになります。
特に選手はまた一から選考しないとダメでしょうね。

仮に1年後だとしても、選手にとっては厳しい。
せっかく今年の夏に向けて調整して来たのに、また1年後に向けての調整になる。
そして選手によっては、引退を考える選手も出てくるでしょう。

最悪の結末である中止は何とか回避できそうですが、それでも日本経済にとっては大きな損失です。
昨年末までは誰がこんな状況を予想していたでしょう?
普通にオリンピックに向けて、カウントダウン出来るものと思っていた。

本当に、世界中に武漢肺炎を広げた中国と、それを擁護して来たWHOの責任は重い。
しかし当事者である本人たちは、全く反省する気配も無く、それどころか責任を転嫁。
絶対に今回の武漢肺炎を巡る中国とWHOを許してはいけません。
日本の損害損失を、中国に賠償してもらいたいくらいです。

もしこれが逆の立場だったら、日本は確実に賠償を求められていたでしょう。
それが故に中国は、武漢肺炎を「日本肺炎」と呼ぼうとしました。
日本で広がり始めた頃に、密かに「日本が発祥の肺炎」とキャンペーンを打ち出そうとした。
しかしそれに失敗して、次に考え出したのが、「アメリカ軍が持ち込んだ」キャンペーンでした。

ホント、世界が足並み揃えて、中国共産党に賠償責任を問えないものでしょうか。
腹立たしくて仕方ありません。

しかし、今は武漢肺炎との戦いを続けながら、最低限の経済を回すことに集中しなければならない。
まだまだ油断できない状況の中、桜も開花しているので、時には桜を愛でて心を落ち着かせましょう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:36 | Comment(0) | 私の思うこと

2020年03月22日

レザークラフト三昧

200322.jpg
【嫁さんに頼まれて作った小銭入れ】

この三連休は、ほぼほぼ家で過ごしていました。
土曜日は半日だけ仕事しましたが、残りの時間はレザークラフト制作。
今日も昼から嫁さんに頼まれて、小銭入れを作りました。

最初はガマ口で作ろうかと思いましたが、バネ式の方が良いとの事で、昨日のうちに100均でバネを購入。
ガマ口も売っていたので、ついでに購入しました。
最近の100均って本当になんでもありますね。

今回も型紙は自分で作成。
つまりは完全なオリジナルデザイン。
シンプルな作りなので、デザインってほどでも無いけど。

頭の中で作りをイメージして、それを元に型紙を作成。
型紙を切り抜いた物で、一度組み立ててみる。
それで行けそうなら、実際の革に書き写す。

やはり難しいのは最後の手縫いです。
糸が綺麗に縫われていると、とても綺麗に見えますが、揃っていないとやはり不細工。
なかなか綺麗に縫うことが出来ません。
やはりこれは数をこなさなければ、うまく出来ないのでしょうね。

しばらくは簡単な物を作って、腕を磨きたいと思います。
そして慣れてきたら、もっと大きな物や複雑な物を作りたい。
自分用のカバンとかも作りたいですね。
そしてスマホケースなんかも作れたら最高です。

今月いっぱいは、時間がありそうなので、いろんな物を手作りしたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 21:01 | Comment(0) | 日記

2020年03月21日

謝罪も反省もしない中国

200321.jpg

まだまだ油断できない武漢肺炎。
このまま緩やかな感染拡大で、後に終息に向かうか、一気に感染拡大してしまうか?
引き続き注意しながら日常を送らなくてはいけません。

でも、そんな中でも、経済はしっかり回していかないといけない。
ただただ家に閉じこもっていたんでは、精神的に弱ってしまう。
桜もそろそろ開花しそうなので、家族や少人数でお花見くらいは良いと思います。
ただ、そこで宴会しちゃうと白い目で見られると思うので、静かに桜を愛でるくらいで。

今回の武漢肺炎、一般的には新型コロナウイルス。
そしてWHOの正式名称はCOVID-19ですが、ほとんどの人が使っていませんよね。
テレビなどは「新型コロナウイルス」で統一。
ネットでは「武漢肺炎」が主流です。

そもそも中国の武漢で発生しているのですから、武漢肺炎で問題ない。
COVID-19などは、中国が発生源である事を隠すための名前。
WHOの前の事務局長が、中国のマーガレット・チャンが地名を入れないと決めた事。
そして今の事務局長のテドロス・アダノムはエチオピア。
エチオピアは、中国から散々金がつぎ込まれている。

今回の武漢肺炎で、中国はWHOを金で操っています。
初期の段階で、中国が情報を隠蔽し、それをWHOが問題としなかった事が、引き金となりました。
早い段階で非常事態宣言を出していれば、世界ももっと早く対応できた。
しかし、感染が中国から世界に広がってから宣言。

事もあろうにそんな中国をテドロス事務局長は、「中国の対応は素晴らしい」とべた褒め。
流石に世界は失笑したけど、中国だけは自画自賛。
そして新たな感染者が出ていないとして、中国は完全にウイルスを押さえ込んだと発表。
欧米に感染が広がった事で、「初期対応が甘いパンデミックの責任は欧米にある」と責任転嫁し出した。

さらには「ウイルスはアメリカ軍が持ち込んだ可能性がある」などと、完全に責任をアメリカになすりつける発言をしています。
そして「ウイルスを押さえ込んだ中国は世界の救世主である」と寝ぼけた発言。
これにはもう、世界中が呆れきっていると思う。
自分のところが発生源の病気で世界中に迷惑をかけているのに、全く謝らず他国に責任転嫁。
さらには、自国の対応は素晴らしいと、金でWHOに物言わせ、世界に感謝しろと強制する。

そもそも「ウイルスを押さえ込んだ」などと誰も信用しませんよ。
連日「中国では新たな感染者が出ていない」とマスコミは報道しますが、まだ中国の発表を信用しているのか?
情報隠蔽しているに決まっているじゃないですか。
まぁ嘘だとわかっていても、そう報じないといけないのでしょうね。
マスコミにもきっとチャイナマネーがどっぷり入っていると思いますから。

中国共産党は絶対に謝らないし反省などしません。
とにかく金で物言わせて、世界を牛耳ろうとしています。
だからこそアメリカとぶつかっている。

本当に迷惑な国ですが、この国は何も変わりません。
中国共産党がある限り、ますます中国は傲慢になり、世界を支配しようとするでしょう。
今回の武漢肺炎も、他国のせいにして、自分たちは被害者だと言い続けるでしょう。
そして世界中に金をばらまいて、それに従うように持っていくでしょう。

変わるとしたら内から変わるしかない。
香港が抵抗したように、中国全土で中国共産党に抵抗する動きが出てくると、大きく変わる。
今回の武漢肺炎で、中国国民は相当不満を抱えている。
加えて、中国の経済もかなり打撃を受けています。

この武漢肺炎が終息した後、世界は大きく変わるかも知れません。
少なくとも、日本国民の中国に対する見方は変わったと思います。
世界を、中国共産党の好きなようにさせてはいけない。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 20:26 | Comment(0) | 私の思うこと

2020年03月20日

久々にレザークラフト

200320.jpg
【自分のために作ったコード結束】

今日は春分の日で祝日。
しかし子供達にとっちゃ、ずっと祝日が続いているようなもんです。
かなり生活乱れて来ていますね。

まだまだ武漢肺炎が続いているので、本日も家族揃っておとなしく家で過ごしました。
それぞれに好きなように過ごす生活も、だいぶ慣れて来ましたね(笑)

私はここぞとばかりに、自分のやりたい事をやりました。
午前中はのんびりと過ごしましたが、午後からはレザークラフト。
嫁さんに頼まれていた、イヤホンのコードを束ねる物。

作りはシンプルですが、今回は初めてバネホックを使用。
コードを束ねて、カチッと留めるホックです。
これを付けるには、布に穴を開けて、バネホックを付けなくてはなりません。

初めての作業だったので、上手くいくか不安でしたが、なんとか出来ました。
嫁さんのコード結束を作った後、自分の分も作りました。
バネホックはシンプルな物はあったのですが、ちょっと寂しいので、飾り付きのバネホックを使用。
作りは簡単なので、小一時間程度で作ることが出来ました。

最初にカードケースを2つ(自分用と嫁さん用)を作り、次にキャッシュカード&通帳入れを作りました。
しばらく作っていなかったので、久しぶりのレザークラフト制作でした。
今回バネホックの使い方もわかったので、今後は財布やちょっとしたカバンなんかもチャレンジしたいと思います。

通常、レザークラフトは型紙が必要です。
しかし、私は自分で型紙から設計しています。
型紙をillustratorで簡単に作れるので、自分のオリジナル設計の物を作れます。
最初のカードケースは、市販の型紙を使用しましたが、キャッシュカード&通帳入れと、今回のコード結束はオリジナル型紙です。

これからも自分でオリジナルデザインの、レザークラフト作品を作って行きたいと思います。
まだまだ始めたばかりで、作りが粗いですが、自分で使ったり家族で使う物なので、良しとしています。
色々作っていかないと、腕も上達しないと思うので、また時間を見つけて作りたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 19:28 | Comment(0) | 日記

2020年03月19日

また忙しくなりそうです

200319.jpg

今夜は市PTAの話し合いでした。
このご時世ですので、皆マスクをして、会議室には消毒液。
会議の内容は、次の会長の選出。

無事に会長選出も出来て、来年度より新体制でスタートします。
私は引き続き、副会長(広報)として参加させていただく事になりました。
加えて県PTAの理事も役が当たったので、自分の出来る範囲で頑張りたいと思います。

来年度は中学校のPTAの副会長もあります。
そして再来年度は会長です。
また忙しくなりそうです。

さらに来年度からはコミュニティースクールが始まるので、その学校運営協議会のメンバーにもなっています。
色々と役があって、どこまで何が出来るのかわからないけど、自分の出来る範囲で頑張るだけですね。

会議の後に、5名ほどでちょっと飲みました。
美味しい焼肉を食べながら、しばし談笑しました。
これからのPTAの可能性についても、話をしました。

私も以前から思っているのですが、PTAに限らず、組織の在り方ってなかなか変わらないものです。
今までのやり方を、ずっと続けていて、それが今の時代に合わなくなっています。
しかしなかなか変えようとしない。変わろうとしない。
変えてはいけない、変わってはいけないと思い込んでいる気がします。

今回の武漢肺炎で、これまで「難しい」と思われてきた、テレワークや在宅勤務などが、やればできることがわかったと思う。
出来ないのではなくて、出来ない理由を挙げて、やらなかっただけ。
PTAなどの昔からある組織も、「変えれない」と思っているだけだと思います。

昔のように、専業主婦が多かった時代は、PTA活動も無理なく出来たと思う。
しかし現代のように、共働きが主流では、なかなかPTA活動も厳しいのが現状。
PTAの活動も、もっとネットなどを生かして、参加しやすい環境づくりが必要なのかも知れません。

でも、実際に顔を合わせて、飲んで話しするのも大切なんですよね。
その辺のバランスも難しいです。

4月からまた忙しくなりそうです。
まぁ自分の出来る範囲の事を、精一杯頑張りたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:56 | Comment(0) | 日記

2020年03月18日

今年の夏の予定が立たず

200318.jpg

娘たちの休校が始まって、2週間以上が経つ。
このまま春休みに突入すると、ほぼ夏休みと同じくらいの長期休みになります。
まぁ致し方ありませんね。

休校が始まってから、やたらと米の消費が早い。
いつもなら私1人の昼飯を考えれば良いのだが、今は子供3人が家にいる。
1人なら適当に済ませるお昼ご飯も、子供たちがいるとやはり何らか作らにゃならん。
加えて晩御飯も作らなやならんわけで、さすがに疲れて来た。

今日はお昼ご飯作る気力なくて、子供達を連れて外に食べに行きました。
ちょっと贅沢だけど、たまには良いでしょう。
私も息抜きになるし、ちょっとでも経済を回す意味でも良いかと。

しかし、この休校の分の授業の遅れは、どうやって回復させるのでしょう?
ただでさえ授業の時間が確保できない学校で、今回の休校は本当に痛手だと思う。
考えられるのは、土曜日に授業を行うか、夏休みを短縮するかですね。
もっともやりやすいのが、夏休み短縮かも知れない。

通常夏休みは、7月23日頃から8月31日まで。
しかし、8月の最終週頃から2学期が始まるところもすでにあるらしい。
そう考えると、今年の夏休みは短縮になる可能性がある。
学校にもエアコン入っているので、暑さが授業の妨げにはならない。

もしそうなると夏休みの予定が難しくなる。
我が家の夏休みは、いつもお盆の時期をずらして取っています。
つまり8月の最終週あたりで取るのです。

特に奄美や北海道に帰省する場合は、飛行機代が全然違ってくるので、お盆の時期を外して夏休みを取る。
飛行機のチケットは早めに取れば安いチケットが取れる。
しかしキャンセルが効かない。

いつもならこの時期には、チケットを手配している。
しかし、今年は予定が立てられません。
8月最終週辺りでチケットを取っていて、新学期入ってから夏休み短縮の決定があるかも知れません。
そうなったらチケットは紙屑となってしまう。

私1人ならチケットが紙屑になっても仕方ない。
しかし、家族分となると、すんごい金額になってしまいます。

新学期が無事に始まるのか?
始まったとして、今回の休校分の授業は行うのか?
そして夏休みはどうなるのか?

全く目処が立ちません。
目処が立つ頃には、安いチケットは手配出来ないでしょう。
おそらく今年の夏の帰省は難しいと思います。

直前でも安いチケットが取れれば別だが、期待はできないと思う。
全ては武漢肺炎のせい、そして情報を隠蔽して、世界中にウイルスをばらまいた中国共産党のせい。
そしてそれを阻止できず、むしろ手伝ったWHOのせいです。
私の母と姉も、4月にこちらに来る予定でしたが、こちらもキャンセルとなりました。

さらに言えばオリンピックもどうなるかわからない。
下手すりゃ中止、うまくいっても延期の可能性が高い。

本当に世界中を巻き込んで、世界中を不幸にしている中国共産党とWHO。
それなのに責任転嫁して、自分たちは救世主気取りですからね。
ほんと呆れて開いた口が塞がりません。
もう怒りを通り越して、笑えてしまいます。

中国共産党のことを書き出すと、止まらなくなるので、また別の機会に。
春の予定も、GWも、そして夏の予定もなかなか立てられない。
早く終息してほしいです。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 18:48 | Comment(0) | 日記

2020年03月17日

奄美の妖怪

200317.jpg
【画像はウィキペディアから】

連日武漢肺炎(新型コロナウイルス)のことばかりなので、たまには違う思考で。
やっぱり気分転換って必要ですよね。

突然ですが、皆さん「妖怪」って信じますか?
先日も妖怪アマビエを公開しましたが、日本にはたくさんの妖怪が居ます。
居ますというよりは、語り継がれているんですけどね。

妖怪の中で、最もポピュラーな存在が河童だと思います。
日本全国で河童の言い伝えがあります。
共通しているのは、頭に皿があり、緑色でクチバシがある。
亀の甲羅のような物が背中にあるのが特徴です。

おそらくこれは亀と鳥を合体させて、擬人化したキャラクターだと思います。
妖怪そのものが、人間が創り出して来た物であると思います。
でも、「絶対にいない」と言い切れるものでもない気もします。

私の故郷の奄美大島にも、この河童に似た存在がいます。
ケンムンと呼ばれているのですが、本土の河童とは微妙に違います。
頭に皿があるのは共通点ですが、全身が毛で覆われていて、背中に甲羅はない。
ケンムンとは「水蝹(けんもん)」が語源らしく、江戸末期の文献『南島雑話』にも出てくる。
ケンムンは元々人間だったとの説もあります。

昔は目撃情報などもあり、寒い冬の夜に、塩を炊くために海水を茹でていると、その火に温まりに来たとか。
そんな話が言い伝えられています。
ケンムンは貝が大好きで、海に入って貝を摂るんだとか。
海に入って冷えた体を、温めに来るという訳です。

どこまで本当なのかわかりません。
ただ、ガジュマルの木の下に、何故か貝殻がたくさん落ちていることがあります。
ガジュマルはケンムンの住処だと言われています。
また、ケンムンのよだれは青白い光を放つらしく、よく海の上に、青白い光を見たという人もいるとか。

もし本当にいたとしたら、写真の一つくらいあっても良いですよね。
昔はよく「ケンムンに会った」という人がいたらしいが、最近はそんな人はいません。
それこそ本当に見たのなら、今はスマホがあれば写真もビデオも撮れる。
それこそ大スクープです。

河童にしてもケンムンにしても、人間が創り出した創造物であると思います。
でも、「絶対にいない」とは言い切れない。
そんな気持ちが大切なんだと思います。
「いるのかも知れない」そんな気持ちで、共存するのが良いのだと思います。

昔から日本人は、妖怪や鬼などを、身近に感じて生きてきた。
それは、人間の力では太刀打ちできない存在を感じていたからではないでしょうか。
自然の猛威や疫病など、人間の力ではそうすることもできない。
今日の武漢肺炎も、昔の人からすれば、鬼や妖怪の仕業と感じたのでしょう。

創造物かも知れないが、もしかするといるのかも。
現実を見ながらも、少し異次元の世界を覗き見する。
そんな感覚で生きていきたいですね。

現実ばかりじゃなくて、非現実を時々味わうから、現実を生きていけるのだと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:53 | Comment(0) | 日記

2020年03月16日

好き嫌いじゃなく政策で評価すべき

200316.jpg
【写真は産経ニュースWeb版から】

日本も世界も大混乱している現在。
こんな時に国のリーダーの資質が問われます。
また同様に、国民性も見えてくると思う。

今回の武漢肺炎の発生地は中国。
中国のリーダーは習近平。
独裁国家ゆえの荒っぽいやり方で、武漢を突然封鎖して情報隠蔽。
この国に対しては資質を問う以前の問題です。

我が国はどうか?
初動はかなり遅かったので、安倍総理に対する風当たりは強かった。
私も初動から、基本方針発表までは、安倍政権の対応を支持していませんでした。

しかしその後、一切休校をはじめとする思い切った対策。
賛否両論あるが、何もしないよりは断然良い。
私はこの休校措置以降の対策は支持しています。

問題はこれからの経済支援と緊急対策です。
冷え切ってしまった経済を、どう立て直すのか?
何もしない、もしくは中途半端な対策では、日本経済は沈む一方です。

私は安倍政権が発足して以降、概ね支持して来ましたが、支持できない事もありました。
例えば日韓合意。絶対に後から破棄されるのをわかっていたので、ずっと反対でした。
結果は、ご存知の通りです。韓国の対応を見ればわかります。

そして消費税10%アップ。
絶対反対でしたが、残念ながらアップしてしまいました。
この二つは確実に失策だったと思います。

ネットなどの反応を見ると、安倍政権を支持している人の多くは、支持する政策とそうでない政策をちゃんと分けています。
なんでも安倍政権のする事に賛成ではなく、反対すべき時は声を大にして反対します。
中には盲目的に安倍総理を信じ込んでいる信者のような人もいる。
しかし、多くの人は是々非々で、支持する政策もあれば、反対する政策もある。

ところが安倍政権を支持しない人の多くは、なんでも反対の場合が多い。
何をやっても批判する。
ネットの書き込みなどを見ていると、「安倍が・・・」「アベが・・・」と、安倍総理を呼び捨て。
さらには「バカ」とか罵る。

なんかと似ているなと思ったら、野党の皆さんも似ていますよね。
とにかくなんでもかんでも「反対」で、終いには「タイは頭から腐る」と罵る。
共通しているのは、政策がどうとかじゃなくて、安倍総理が嫌いという事。

ちゃんと政策で判断しませんか?
日本国民は、この大変な時でも、協力体制をして政府の要請を受け入れています。
中には「コロナ移してやる」などと、バカなことをやっている人もいますが、一部です。

今は批判したり罵ったりする時ではありません。
批判するにしても、ちゃんと根拠があって避難するのならわかる。
ただただ「嫌い」という感情的な気持ちで避難するのはやめて欲しい。
ちゃんと批判するには、それ相応の対応策などを上げて批判して欲しいです。

ネット上でただただ批判する人って、結局は批判することで、自分が勝ち誇っている気になっているだけの気がします。
単なる自己満足で終わっては、なんの意味もないと思います。
世界が大混乱している今だからこそ、冷静に判断して、建設的な議論が必要です。
日本人の国民性であれば、それは十分に可能だと思います。

冷静に判断して、冷静に行動しましょう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:59 | Comment(0) | 私の思うこと

2020年03月15日

お出かけの一日

200315.jpg
【久々に美味しい海鮮を堪能】

今日は一日お出かけして来ました。
行き先は鳥羽、というより伊勢。
なぜかと言うと、息子の学校の卒業式。

息子はまだ卒業ではありません。
でも、同級生は今日が卒業式でした。
同じ5年生ですが、息子は商船学科。
それ以外の学科は今日が卒業式。

息子たちの商船学科は、4月から5ヶ月間の航海実習があり、それが終わらないと卒業出来ません。
なので卒業式は9月末なのです。
でも商船学科以外の同級生は、今日が卒業式でした。

元々は息子1人で学校まで行って、同級生をお祝いする予定にしていたようです。
しかし、この武漢肺炎の騒動で、卒業式が簡素化された。
卒業生と学校の先生だけで行い、保護者も不参加。
在校生や卒業生以外の生徒は、学校へ来ないようにとの通達があった。

それでも同級生に会いたい息子。
学校では会えないので、どこか近くで会うことにしたようです。
車で行きたいと話したのですが、道が不安なので一緒に来て欲しいとの事。

娘たちも用事も無いし、家族で車を走らせた。
お昼過ぎに同級生と待ち合わせの場所で、息子を降ろして別行動。
同級生と一緒にお昼ご飯食べるようです。
私たちもどこかでお昼ご飯食べるために、お店を探しました。

これまでも何度か食事をしているけど、いつもチェーン店ばかり。
そこでグルメサイトで検索。
海鮮料理を食べれるお店を見つけたので、そこでお昼ご飯にする事にした。

ちょうどお昼時で、お店は超満員。
20分ほど待ってようやく入れました。
自粛モードで人は少ないと思っていたら、意外にも人が多くてビックリでした。

私は車海老天丼を、嫁さんは天丼、そして長女はイクラ丼で次女はカニ・イクラ丼を注文。
そして一品として、アンコウの唐揚げとカレイの煮付けも注文。
ちょっと高くついたけど、美味しいお昼ご飯食べることが出来て満足。

その後は、伊勢のイオンに行って買い物を楽しみました。
夕方に息子から連絡があり、合流して帰って来ました。

いつもは空いている伊勢自動車道が、今日はやたらと車が多かった。
日曜日ということもあるのかも知れないけど、それでも多かったです。
みんなと冗談で、「みんな早く終息するように、伊勢参りかな?」と話していました。

ずっと家の中に閉じこもっている訳ににもいかないですからね。
できる範囲で経済を回しましょう。

さて、息子の卒業は9月の予定。
流石にその頃までには、落ち着いていて欲しいです。
そして卒業式には、私たちも出席したいですね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 21:01 | Comment(0) | 日記

2020年03月14日

Whitedayに花束を

200314.jpg

今日は朝からT学園へ出向。
幼稚園の卒園式の撮影でした。
本来は昨日の予定でしたが、一旦中止になり、その後、復活となりました。

今、どこの学校も、卒業式をどうするかで、頭を悩ませています。
卒業生&先生だけで行うところが多いようですね。
私も次女の小学校の卒業式に、来賓で招かれていましたが、結局無しになりました。

卒園式撮影は午前中で終わったので、帰りに花屋さんに寄りました。
今日はホワイトデーです。
いつもなら、お返しにお菓子を買っていましたが、今年は花束にしました。

卒業式などが自粛や、規模を縮小して行うために、お花の注文が激減しているとのこと。
政府も「ホワイトデーには花束を」と呼びかけいたこともあり、私も花束にしました。
本来であれば、卒業生に贈るための花束とか、逆に卒業生から先生方に贈ったり、保護者から先生に贈ったりと。
この季節、花束の需要は高い。

しかし、この武漢肺炎の影響で、全てが自粛モード。
花の消費が激減している。
私もちょっとでも力になればと、いつも行く花屋さんで3,000円分の花束を買いました。

花束は誰にも見つからないように、仕事部屋のクローゼットへ。
そして午後からは、家族で買い物に出かけました。
娘たちもずっと家の中なので、ストレスが溜まりがち。
橿原のイオンモールアルルへお買い物。

いつもよりは、やはり人が少ない気もしたけど、思ったよりは賑わっていました。
みんな行くところもないのでしょうね。
いろんなイベントは中止だし、家に閉じこもっていても、気が滅入るしね。
経済の落ち込みも心配されるので、少しでも外に出て、経済を回せるところは回さないと。

晩御飯の時に、花束を渡しました。
息子からはチョコレートを。
でも、これも私が買っておいた物なんですけどね(笑)

今年の卒業生は、本当にかわいそうですが、将来、月日が経って振り返ってみれば、これも思い出となる事だと思います。
大切なことは、その時に「あの頃は大変だったなぁ〜」と笑って話せる事です。
そのためにも、今をしっかり頑張って、明るい未来に繋げたいですね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:54 | Comment(0) | 日記

2020年03月13日

じっと我慢の時

200313.jpg

世界中が、えらいこっちゃ〜ですね。

武漢肺炎を封じ込めるために、各種イベントは自粛。
そして学校も休校。
子供達は遊びたくても、どこも自粛で閉まっている。

3月の経済の落ち込みは半端じゃないでしょうね。
何しろ全てのイベントが無くなっているので、それに伴う諸々が止まってしまっている。
印刷関係も大打撃を受けていると思われる。

私の仕事ではイベント関係は無いが、この時期にイベントを予定していた関連の印刷は大打撃です。
本来であれば、この時期は印刷会社も大忙しですが、きっと仕事が激減していると思う。
役所などの公共関係の仕事は、あまりイベントは関係無いので、公共関係の印刷をメインにしているところは、まだマシかも知れない。

私がいつも印刷を出しているネット印刷も、おそらく仕事が激減していると思われます。
何度かメールの案内で、キャンセル料を取らないので、キャンセルになるかも知れない印刷でも承ります。と通知が来た。
3月の22日以降だと、国の方針が微妙だから、その頃に予定しているイベントでも、印刷を取りたいのでしょうね。
例えキャンセルになったとしても、何もしないよりはマシなのでしょう。

今週の水曜日(11日)、すなわち一昨日に、私も印刷を出しました。
小学校の広報誌の印刷です。
オールカラーのA4で8ページ物の印刷。
通常は印刷に1週間くらいはみている。

今回は来週の月曜日、16日に届く予定のスケジュールだった。
11日の朝一から印刷の手配をして、9寺前には印刷の手配を終えた。
そしてネット印刷会社から、納品予定のスケジュールメールが届いた。

ところがそれから僅か3時間ほどして、またもやメールが届く。
それは印刷完了の通知のメールでした。
何かの間違いかと思いましたが、確かに印刷完了の通知メール。
まだ製本が残ってはいるものの、通常こんなに早く印刷完了のメールが届くことはない。

予定では今日くらいに印刷完了で、明日くらいに製本完了。
そして明後日くらいに発送で、16日に届く段取り。
ところが、本日届いてしまった。

印刷手配から納品まで丸3日。
あぁ〜よほど手が空いているのか。

なんとか1日も早く終息して、経済が動き出さないと、本当にヤバイです。
日本だけじゃなくて、世界中で経済が落ち込む見通し。
これは本当に大規模な経済支援策を出さないと、このまま大不況になります。

今はじっと耐えるしか出来ませんが、この危機を乗り越えたら、みんなでどんどん経済を回していきましょう。
そして今でも出来ることはやりましょう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 19:40 | Comment(0) | 日記

2020年03月12日

国難を利用しないでほしい

200312.jpg
【写真は産経ニュースWeb版から】

やっぱりこの人は好きになれない。

世界中が武漢肺炎(新型コロナウイルス)で大変な事になっています。
WHOもパンデミックと認めちゃったし。
日本はなんとか医療崩壊にならないように、緩やかな感染拡大で踏ん張っている。

こんな時に「善意を装った宣伝」を仕掛ける人がいる。
その人は孫正義氏。
突然Twitterで「PCR検査機を民間の病院に100万台寄付する」とつぶやいた。
ご本人としては、これで「素晴らしい」と絶賛の嵐の予定だったのでしょう。

しかし、反応は意外なものでした。
「医療崩壊させる気か!?」「絶対にやめてくれ」
こんなツイートがあふれた。

そりゃ〜そうだ。
PCR検査が万能でない事は、もうすでに多くの人が知っている。
それに誰でもが検査に病院に押しかけると、そこで再びクラスターが発生して感染源となる。
医療現場も検査に追われてしまい、通常の業務は出来なくなる。

その情報を知らずにTwitterでつぶやいたのか?
それとも知っててわざと医療崩壊に導きたかったのか?
後者だとしたらタチが悪い。

あまりにも評判が悪かったので、すぐに「評判が悪いのでやめようかな」とつぶやいています。
医療崩壊の危機は防げたものの、次は「マスクを100万枚寄付する」と言っています。

素朴な疑問なのですが、PCR検査機を100万台とか、マスク100万枚とか。
そんなに簡単に準備出来るもんなんですかね?
PCR検査機なんて、特殊な物だから、そこら中に転がっている物ではありません。
マスクだって品薄が叫ばれ続けている。
どこで入手するつもり?

そもそも「◯◯します」って、宣言しないといけない事か?
本当に善意の心があれば、わざわざ発表する必要は無いはず。
これは東日本大震災の時も感じた事です。

あの時も、孫正義氏は「100億円寄付します」と大々的に発表しました。
もちろん反応は絶賛の嵐。
でも私は「なぜわざわざマスコミに言う必要があるの?」って疑問に思った。
本当に善意で困っている人を救いたいのなら、黙って寄付すれば良い。

結局100億円の寄付はあやふやなまま。
何でも支援するための財団を立ち上げて、そこに40億円が寄付されたと言われています。
しかしこの財団も、代表は孫正義氏であり、役員などは自分の身内。
いやらしい目で見れば、ただただ財産を移しただけとも見える。

結局この人は、世間の注目を集め、自分の価値観を高めたいだけだと思う。
本当に善意の心があるのなら、黙って寄付をすれば良い。
わざわざ「これから私は良いことをしますよ」とアピールしてやろうとする。
東日本大震災の時も、今回の武漢肺炎も、災いを利用して自分の価値観をあげたいように見えて仕方ない。

「それでも実際に寄付したりお金出しているんだから偉い」と言う人もいるだろう。
確かに「お金を出す」と言う事は素晴らしいと思う。
同じことが自分に出来るか?と問われれば、それは無理。
でも、お金を出すから自分を良く見てもらおう。と言うのは違う気がする。
それって結局お金で自分の価値を上げるために行っていること。
つまり広告費と同じですよね。

日本人って自己PRが下手です。
それは謙虚な心が備わっているから。
自分をよく見せようと思う心は、卑しいと感じています。
そしてそのような行動は恥ずかしいと感じます。

良き行いは心から。
善意の行いには見返りは求めません。
だからこそ、誰にも言わず、誰にも知られず行います。
その行動に、多くの人は感謝をし、その人を称えます。
評価は後からついてくるものなのです。
最初から求めてはいけません。

お金で自分の評価を高める。
そんなことをしても、結果的には自分の価値を下げてしまうだけです。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:55 | Comment(0) | 私の思うこと

2020年03月11日

東日本大震災から9年

200311.jpg
【写真は産経ニュースWeb版から】

東日本大震災から9年が経ちました。
つい先日のように思い返される3月11日。
しかし、我が子の成長を振り返ると、9年の月日が流れた事を実感します。

当時息子は小学5年生。
長女は4歳、次女はまだ0歳10ヶ月でした。
それぞれに成長している姿を見れば、9年の歳月を感じます。

9年前、東日本大震災が発生し、巨大地震そして津波。
そして原発事故と、日本中が緊迫した日が続きました。
テレビはずっと震災のニュース。TVCMも公共広告のCMばかり。
日本中が悲しみに包まれた日々が続きました。

いまだに行方の分からない方がおられます。
今でも家族の姿を探し続けている被災者がいます。
9年前の今日の日から、時が止まったままの被災者が大勢いる。
でも、そんな中でも、必死に生きてきたと思います。

9年前の東日本大震災から、毎年のように大きな自然災害に見舞われて。
それでも日本人は、強くたくましく生きてきました。
東日本大震災の記憶を胸に秘め、これからも力強く生きていきたい。

しかし、今また、日本は危機に見舞われています。
今度は未知のウイルスとの戦い。
静かなる戦いですが、確実に経済が落ち込む戦いです。
でも、負ける訳にはいきません。
東日本大震災を含め、様々な災害で犠牲になってしまった方々の分も、生きている我々が頑張らなくてはなりません。

震災は自然相手です。
大自然の猛威の前には、私たち人間は成す術がありません。
とにかく自分の命を自分で守ることしか出来ない。

しかし、今回の武漢肺炎は、完全に人災です。
初動でしっかり対応出来ていれば防げたハズです。
それは日本政府もそうですが、何よりも中国共産党のミス。
そしてそれを野放しにしたWHOの責任が重い。

この戦いが終わったら、しっかりと検証をして、今後のために活かさなくてはなりません。
それが武漢肺炎で亡くなられた方々の、せめてもの報いです。
日本人だけでなく、中国を始め世界中の犠牲者のためです。

東日本大震災から学んだこと。
そして今回の武漢肺炎から学ぶべき事。
今を生きる私たちの課題です。
後々の日本を、そして世界を良くしていくためにも、しっかり伝えて行きましょう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 18:59 | Comment(0) | 私の思うこと

2020年03月10日

妖怪アマビエとともに乗り越えよう

200310.jpg

200310-2.jpg
【江戸末期に描かれたアマビエ】

毎日毎日、ニュースは武漢肺炎(新型コロナウイルス)のことばかり。
不要な外出を控えて、じっと我慢の日々ですが、流石に気が滅入ってしまう人もいるだろう。
イベントは無理だけど、2〜3人や家族で飲食くらいは良いと思う。
いやむしろ積極的にやるべきだと思う。

感染のリスクは、換気が悪く大勢の人が集まる場所。
食事をしたり、軽く飲むくらいは、経済を回す意味でも必要なこと。
本当にこの2週間は、経済の落ち込みがすごいと思います。
我々の気持ちを晴らす意味でも、経済を回す意味でも、多少は外出して飲食くらいは必要でしょう。

また観光地へ旅行も良いかも。
今は人が少なくてきっと狙い目。
感染者や濃厚接触者が動いてはいけないけど、そうでない人は動ける範囲で動きましょう。
とにかくクラスター(集団感染)さえなければ、抑え込みは十分可能です。

そんな事を思いながら、ネットニュースを見ていたら、気になる記事が。
【SNSなどでツイート激増「アマビエ」】という記事。
アマビエを最初「アマエビ」と読んでしまい、また「甘エビがウイルスに効く」などとデマが広がったのか?と思った。

しかしアマエビではなくアマビエ。
アマビエは江戸末期に描かれた妖怪らしく、そのアマビエを描いてSNSなどに投稿する人が増えているんだとか。
以下、アマビエの説明をYahooニュースから抜粋。

===<Yahooニュースより抜粋>=======================
■江戸末期に肥後に出現
アマビエは江戸時代末期の弘化3年(1846年)、肥後国(熊本県)に出現した怪異として、当時の新聞である瓦版にその姿が収められている。
この瓦版によると、何やら海に夜ごと光るものがあり、役人が調査に赴くと、奇妙な妖怪が姿を現した。

妖怪は、「私は海中に住む『アマビエ』である」と名乗り、「もし疫病が流行るようなことがあれば、私を描いた絵を人々に見せよ」と告げて、再び海の中に消えたという。
===<抜粋ここまで>==============================

なるほど、疫病が流行った時に、アマビエを描いた絵を人々に見せるので、みんなアマビエを描いて投稿しているのですね。
今回の武漢肺炎がまさしく疫病の流行。
アマビエを描いてみんなに見てもらう。

そこで私も自分なりのアマビエを描きました。
かなりデフォルメしていますが、一応特徴は残しています。
おまじないみたいなものですが、気休めにでもなれば良いかと。

本当に今後の状況は、神のみぞ知るという感じです。
おまじないでも願掛けでも、出来ることはやって、みんなで頑張りましょう。
そして乗り越えたら、経済の回復です。

妖怪アマビエちゃん、武漢肺炎ウイルスをやっつけておくれ!

posted by island(ふくはらしゅんじ) at 18:38 | Comment(0) | アート

2020年03月09日

今が正念場

200309.jpg
【写真は産経ニュースWeb版から】

ついに私の住む市からも、感染者が出ました。
これに伴って、一部を除く学童保育所が閉所となりました。
また、学校の一時預かりも中止となった。

市からの連絡によれば、大阪のライブハウスでの感染者が出たようです。
そしてその方の職場の保育所が閉園。
そして未就学児も陽性反応が出て、その未就学児が利用していた施設も同様に。

市としては最悪の状況を考えて、この二つの施設を利用していた未就学児の兄弟が通っている学童を閉所に決めた。
この連絡が入ったのは夕方。
急遽、学童の理事会が19時から開かれました。

私も外部理事として名を連ねているので、理事会に出席。
突然のことで、学童内でも慌ただしく動き回っているようでした。
閉所になる事で、先生方も自宅待機となります。

一気に身近に迫って来た武漢肺炎(新型コロナウイルス)です。
学童利用者から感染者が出た訳ではありませんが、もし今回感染が確認された未就学児から、他の未就学児に感染していた場合。
そこから兄弟感染は十分にあり得る。
それが学童利用者だった場合、クラスター発生になりかねない。

国の専門家会議では、感染者は増加しているものの、爆発的な感染は抑えられているとしている。
何とか日本国民の頑張りで、広がりを最小限に抑えているのでしょう。

今回、集団感染となってしまったライブハウス。
ライブが行われたのは、先月の中旬以降。
この頃は、まだ集団感染もなく、各地でライブやイベントが行われていた。

我が家も剣道に試合に行っていたのが、2月16日だったし、この頃って微妙な時期だったんですよね。
言い換えれば、2月25日に政府が基本方針を発表する数日前から、イベント自粛の傾向が強まっていたので、それ以降は集団感染は減っているはず。
2月25日からちょうど2週間になるわけですが、集団による感染はこれからは減る傾向。

後は、個々に感染しないように頑張るしかありません。
手洗いやアルコール消毒を徹底して、自らの感染を防ぐ。
集団感染が無くなれば、感染者の数も減っていくでしょう。

専門家会議の方からは、まだイベントなどは自粛してほしいとの要請がありました。
今月いっぱいは、大規模なイベントなどは難しいでしょうね。
経済の落ち込みは半端ないと思います。
終息する前から、経済立て直しの政策を、国は考えてほしいと思います。

そして私たちも声をあげましょう。
私はぜひ、消費税減税を訴えたい。
10%の増税は間違いだったし、思い切って5%に戻してほしい。

この武漢肺炎がおさまったら、いろいろ動き出すでしょうね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:48 | Comment(0) | 私の思うこと

2020年03月08日

我が家のペット

200308.jpg
【ヒョウモントカゲモドキのねる君】

まったりの日曜日。
なんの予定も無い日曜日なんてそうそう無い。
今日は朝からずっと家でゴロゴロしていました。

お昼過ぎになって、息子が「コオロギを買いに行きたい」との事でペットショップへ。
コオロギを飼いたいのでは無くて、コオロギを買いたいのです。
ペットとしてのコオロギでは無く、ペットの餌としてのコオロギ。

我が家はペットは飼っていませんが、厳密に言うと息子がトカゲを飼っている。
昨年の5月頃にヒョウモントカゲモドキと言うトカゲ(正確にはヤモリの仲間)を飼い出した。
最初に我が家に連れて来たのが、昨年の夏休みの時。
そして今年に入ってからは、我が家にずっと居る。

息子も寮を出たので、我が家にずっとヒョウモントカゲモドキが居るのです。
最初は「げ!トカゲ!?」と、みんな引いていました。
しかし、慣れてくるとなかなか可愛いもので、今ではみんなのアイドル的存在です(笑)

名前は「ねる」男の子です。
この「ねる」のご飯が、生きたコオロギなのです。
固形の餌も、コオロギの缶詰もあるのですが、ねるは生きた餌しか食べないのです。

最初はゴキブリを食べさせていましたが、最近はもっぱらコオロギです。
コオロギにはちょっとかわいそうな気もしますが、餌と割り切って与えています。

ペットショップに行くと、入り口には犬や猫が。
決まって次女はいつも釘付けになります。
そして決まって「飼いたい」と言い出すのです。

そりゃ〜私だって、犬も猫も大好き。
動物全般大好きなので、飼えるものなら飼いたい。
しかし、そんな余裕は我が家には無い。
ヒョウモントカゲモドキのねるで精一杯だ。

奥の方に進むと、そこにはウサギもいる。
犬や猫も惹かれるが、ウサギはもっと惹かれる。
なんせ昔飼っていましたからね。
犬や猫よりも手がかからないので、飼うならウサギですね。
まぁ飼わないけど(笑)

生き物を飼うのって、本当にゆとりが無ければ飼えません。
今の我が家は、この「ねる」だけで手一杯。
娘達がもう少し大きくなって、手が離れてゆとりが出て来たら飼っても良いかな。

しばらくはこの、ねる君で十分です。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:46 | Comment(0) | 日記

2020年03月07日

久々に外に出た娘たち

200307.jpg

娘たちが、あまりにも退屈しているので、今日はお買い物に連れていきました。
この1週間、全く外に出ていない娘たち。
家の前くらいには出ているけど、外出は全くありません。
次女に至っては、インフルエンザになっていたので、10日以上、家の中です。

最初に「いちご大福が食べたい」と言うので、昨年ホームページ制作をさせていただいた「倭の里」さんへ。
いちご大福を買って、車の中で食べながら移動。
今が旬のいちご大福は、やっぱり美味しかったです。

買い物は、いつもの郡山イオンモールへ。
土日ともなれば、いつも駐車場がいっぱいなのですが、今日はやたらと空いています。
やはりみんな外出を控えているのかも知れません。

まずはINOBUNへ。
いろんな雑貨などをみて回り、私はエコバッグを買いました。
スーパーなどのレジ袋が有料化になるので、自分用のエコバッグを購入。
小さく折りたためて、カバンに入れておけるので便利です。

続いて長女が無印のノートがほしいと言う事で無印良品へ。
無印良品って何も買わなくても、商品見て回るだけで楽しめます。
私と次女はソファーに腰掛けて、ちょいと一休みしていました。

その後は、私の靴を買いにスポーツ店へ。
一月前から、朝歩いているのですが、靴が古くなって足が痛い。
新しい靴を買う事にしました。
店員さんに相談して、扁平足である事を伝えると、扁平足をカバーするインナーがあることを知る。
それを入れて歩いてみると、とても足が楽。

早速靴とインナーを購入しました。
これで歩きやすくなると思います。

最後は手芸屋さんへ。
ここにきた理由は、レザークラフト 用の革を買うため。
レザークラフト を始めてから、革はネットで購入していました。
しかし、やはり実物を見て買いたい。

なかなか専門店は無いのですが、いろんなお店を見て回ると、レザークラフトのコーナーはある。
しかし革の種類は少なく、そしてせいぜいA4くらいのサイズしか置いてない。
このお店は、A3サイズくらいの革が置いてある。

色々買い物をして駐車場に戻ると、すっかり日が暮れていた。
お昼過ぎに出発したので、かれこれ5時間ほど買い物していたことになる。
他にもいろんな店を廻りましたからね。

娘たちもストレス解消になったことでしょう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:56 | Comment(0) | 日記

2020年03月06日

ピンチはチャンス

200306.jpg

毎日が日曜日の娘たち。
息子はとっくに春休みに入っていて、ずっと日曜日状態。
私も曜日感覚が狂って来ています。

どこもかしこも武漢肺炎(新型コロナウイルス)の話ばかりで、少し気も滅入ってしまいそうになる。
娘たちは外に出る事も無いので、余計に気が重くなると思う。
外に出てはいけない訳では無いが、友達と遊びに出たりするのは絶対にダメ。
渋谷あたりでは、学校休みの中高生が集まっていると言われ、これは大問題だと思う。

しかしずっと家の中にいて、外で遊べないのは、やはり子供達にとってはストレスになる。
時にはどこかに連れて行ってあげないといけないかなとは思っています。
もちろん人混みを避けて、マスク着用でですけどね。
若者がウイルスを運んでいる可能性はあるけど、若者を病原菌のように扱うことは絶対に許せない。

武漢肺炎との戦いで、みんな苦しんでいるけど、何も悪いことばかりでは無い。
これを機に様々な取り組みや試みが生まれている事も事実。
子供達のために、日頃は有料の学習コンテンツが無料になったりしている。
我が家も中一の長女のために、無料登録して始めることにしました。

それを見て次女がうらやましがったので、次女には無料でダウンロードできるプリントを渡した。
喜んでプリントをやったので、私も仕事の手を止めて、答え合わせをやりました。
すると夕方に小学校からお知らせメールが届いた。
そこには「こんなコンテンツがあるのでご活用ください」との案内が。

学校が無料で使えるコンテンツを紹介してくれました。
学校名と学年クラスに出席番号をIDとして登録すれば、無料でコンテンツが使えます。
早速登録してログインすると、こちらも動画での説明がありました。
私のMacでは私が仕事出来なくなるし、長女の使っているiMacだと長女が使えなくなる。

そこでひとまずMacBookProでやらせてみました。
楽しく勉強出来たようですので、明日以降はiPadでやらせてあげたいと思います。

日頃は勉強は学校、家に帰って来たら宿題だけはやるけど、家での自主勉強なんてなかなかやりません。
これを機に、自分で勉強する楽しさを、少しでも身につけてほしいと思います。
そして子供達が、こうしたネットを使った勉強に慣れてくると、学校や塾の勉強方法も変わってくると思います。

大人もテレワークを使って在宅勤務などが、大いに利用されている。
こちらも働き方改革に大きな変化をもたらすかも知れません。
今までは学校に行かないと勉強できない。会社に行かないと仕事出来ない。と考えていたことが、必ずしもそうでは無いと考えられるようになるでしょう。

時代が変わる節目になるかも知れません。
これまでは「実績がない」「できるか不安」などと、出来ないことが前提だった。
しかし、今回の事で無理やりでもやらざるを得ない状況に追い込まれた。

今日本は大ピンチです。
日本中が武漢肺炎と戦っています。
しかし、ピンチはチャンスでもあります。
この戦いの中で、これからの日本に必要なものが生まれて来ています。

ただただ耐え忍ぶのではなく、今やれることを考える。
この戦いを良きチャンスへと変えて行きましょう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:54 | Comment(0) | 日記

2020年03月05日

武漢肺炎との戦いは続く

200305.jpg
【画像は産経ニュースWeb版から】

遅すぎた感は否めない。
しかし、それでもやらないよりは全然マシ。

政府がようやく中韓からの入国に制限を設けました。
これまでも中国に関しては、湖北省からの入国には制限をしていたが、一部では意味がない。
そして韓国も、一部は制限していたが、どちらも全面的に制限をかけることとなった。

本当はひと月前、いやもっと前に実施して欲しかった。
武漢で人人感染が出た時点で、中国全土からの入国に制限をかけていたら、日本国内での感染者は防げたかもしれない。
やはり中国観光客を受け入れていたのが、結果的に今の事態を招いてしまっている。

しかし、武漢で人人感染が疑われていた時期は、マスコミも「たいしたことない」と報道し、WHOも全く警戒をしていなかった。
そんな時点で、日本が中国全土からの入国を拒否なんて事できるわけがない。
仮にやったとしたら、「観光にダメージを受ける」と批判されていただろう。
そして野党も「人権侵害だ」と騒いだだろう。

もう日本中に武漢肺炎が広がってしまっている中で、中韓とイランの入国制限をしたところで無駄だと言う人もいる。
しかし、何もしないよりは断然マシだと私は思う。
否定的な意見の中には、「もう中国では感染が終息しつつある」と言う。
え?まだ中国の発表を信じるの?
これまでの数字だって、明らかに怪しい。

そもそも、最初の段階で情報隠蔽しなければ、ここまで世界に広がることはなかった。
その中国の発表を信じて、入国制限をしなければ、また感染した中国人が日本の地を踏む。
私たち日本国民は、我慢して自宅待機を続けているのに、中韓から観光客が日本に来て町中を自由に歩き回る。
そしてウイルスを撒き散らしていく。
そんな事が我慢できますか?

遅い対応ではあるが、やらないよりは断然マシ。
そしてもう一つ、習近平国家主席の国賓としての来日も延期となった。
こちらも国賓来日に猛烈な反対があったが、なかなか政府が判断しないので、みんなやきもきしていたと思う。
中国が「感染が終息に向かっている」と情報を流したのも、きっと国賓来日を有利に進めたいからだと思う。

二つの懸念が、ようやく排除されて、少しは安心して武漢肺炎と戦える。
あとは不足しているマスクや消毒液などが、1日も早く店頭に並んでほしい。
トイレットペーパーは、少しずつ戻りつつあるようだが、マスクは相変わらず無い。
これだけ市場に出回らないと、途中で横流しされているのか?とさえ思ってしまう。

遅まきながらも、政府はやれることをやっている。
後は日本国民一人一人が、自分自身で水際対策して、感染を広げないように努力するしかない。
春も目前、今年は桜の開花も早そうです。
お花見も自粛モードですが、出かけて行って桜を愛でるくらいは良いと思う。
ただ桜の下で飲み会はやめてほしい。

1日も早い終息を願って、日々を耐え抜きましょう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:43 | Comment(0) | 私の思うこと

2020年03月04日

曜日感覚が・・・

200304.jpg

今日は水曜日。
いつもなら晩は剣道の稽古。
そのため、仕事を終えたらドタバタして、稽古へと向かう。

しかし、稽古は当面中止となっている。
そのため、先週の土日も稽古がなく、なんとなく変な感じの土日でした。

我が家の1週間は、習い事でスケジュールが埋まっている。
月曜日に次女の英語。
火曜日に長女の英語、そして水曜日は剣道。
木曜日は次女の百人一首。
土日に剣道と、何もないのは金曜日だけ。

剣道の稽古は中止となり、百人一首は学校のクラブなので、休校と同時に無しに。
そして英語も先日連絡があり、3月15日まで休講となった。
つまり習い事全てが休みになったのです。

ドタバタしなくて良い分、仕事も若干遅くまで出来る。
これはありがたい面ではあるけど、やはりだらけてしまう面もある。
いつもなら習い事に行く時間には、仕事を切り上げなくてはならない。
でもそれがないと精神的にだらけてしまう。

加えて曜日感覚が無くなりつつある。
ただでさえ子供達がずっと家にいて、毎日が日曜日みたいな状態。
習い事があれば、「今日は英語だ」とか意識するけど、それすら無い。
今日も「あれ?今日は水曜日?木曜日?」と、一瞬分からなくなってしまった。

武漢肺炎が収まるまで、しばらくこの生活は続きそうです。
英語が3月16日から開始されるのか?
それも感染拡大の状況によっては、再度延長もありうるでしょうね。

そして剣道も、おそらく3月いっぱいは稽古お休みだと思います。
本来は3月末に二つの試合があったのですが、試合そのものが中止となったようです。
我が道場は早々と参加自粛を決めていましたが、試合そのものが無くなりました。
6年生にとっては最後の試合であり、締めくくりでもあったので、本当に残念です。

様々な影響をもたらしている武漢肺炎。
1日も早く終息してほしいです。
そのためにも、一人一人が予防意識を持って、注意するしかありませんね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:54 | Comment(0) | 日記

2020年03月03日

娘たちの成長を願って

200303.jpg

灯りをつけましょうぼんぼりに〜♫

今日はひな祭りですね。
日本中で武漢肺炎(新型コロナウイルス)の恐怖が渦巻いていますが、今日は女の子の健やかな成長を願いましょう。
そして武漢肺炎なんか吹き飛ばしましょう。

我が家のひな祭りのお祝いは、日曜日の晩に行いました。
平日の晩は、ドタバタとするので、ゆっくりとお祝いできない。
子供達は家にいるが、親が仕事でドタバタするので、日曜日に済ませちゃいました。

この雛飾りを飾るのも、今年で14年目になります。
長女が生まれた時から飾っている雛飾り。
その後、次女も生まれて2人の姫のお祝いをしています。

おかげさまで2人とも、大病もなく健やかに育っています。
長女は中1、次女は小3、それぞれに成長しています。
欲を言えば、もう少し頭の方も成長してほしいけど(笑)
親が親なので、高望みは致しません(^^;)

学校が休校になり、家で暇を持て余している2人。
長女はフルートの練習をしたり、次女はプライムビデオ観たりしています。
午前中は学校の宿題をやらせていますが、それが終わったら、あとは好きなことやっています。

せっかくの休みなので、自宅でできる事を色々チャレンジさせたいと思います。
もちろん勉強もしっかりと。
テレビでやってのですが、いろんなオンライン講座が、特別に無料でできるようですね。
発信する側も、これを良き機会と捉えているのでしょう。
気に入ってもらえたら、そのまま有料でも続ける人がいるでしょうから。

まだまだ続くお休みですが、休みの間にお手伝いやお料理なんかもしてほしいですね。
まぁ、あまり期待は出来ませんが(笑)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 21:06 | Comment(0) | 日記

2020年03月02日

バリスタが壊れた

200302.jpg
【dolceで美味しいカフェを】

我が家の朝は、バリスタのコーヒーで始まる。
朝はシュガーとミルクで少し甘めのミルクコーヒーで。
デザートなどの甘い物を頂く時は、ブラックで。
夏場にはアイスコーヒーで。

その時々に応じて、カフェライフを楽しんでいました。
バリスタを買って、もう何年になるか?
4〜5年くらいはなるのかな?

そのバリスタが突然壊れた。
息子がコーヒーを飲もうと思ったら、突然壊れたらしい。
コンセントを入れると、電源が入っていないのに、突然モーターが回り出す。
パーツをばらして綺麗に洗っても直らない。
終いに息子が分解したが、結局は直らなかった。

おそらく修理に出しても、修理代の方が高くつく。
そこで買い換える事にした。
電器量販店で見ても、本体価格1万円もしないんですよね。
昨日、近くのケーズデンキに行って買う事にしました。

しかし、バリスタよりも気になったのが、側にあったネスカフェdolce(ドルチェ)。
機械の価格はバリスタとさほど変わらない。いやむしろ安い。
バリスタはタンクにコーヒーを入れるので、一度入れると同じコーヒーしか飲めない。
dolceは飲むごとにカプセルを入れて、そこからコーヒーが出てくる。
悩んだ(笑)

嫁さんと2人で散々悩んだ結果、dolceを買う事にした。
やはりいろんなコーヒーや、抹茶なんかも飲めるのがポイントになった。
カプセルも3種類ほど購入。
16個入りで700円ほど(物によっては個数が違う)なので、1杯50円程度になる。

早速飲み始めているが、その時の気分でいろんな物を飲めるのが、やはり良いですね。
バリスタも手頃で、ランニングコストが良かったので、散々悩みましたが美味しいコーヒーが飲めるのは嬉しい。
カプセルにはスタバのコーヒーもあって、やっぱりメチャ美味しいです。
でも普通のコーヒーよりも割高。当然ですけど。

たまに外でコーヒー飲むと、とっても美味しいけど、それはたまにしか出来ない。
家の中で、ホッと一息つくには、やはり美味しいコーヒーが良い。
バリスタよりはランニングコストかかりそうだけど、その分美味しくくつろげるかな。
dolceでCafelifeを楽しみたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:53 | Comment(0) | 日記

2020年03月01日

デマに振り回されないで

200301.jpg
【情報を見極めましょう】

いつもの日曜日なら、午前中は剣道の稽古。
しかし昨日も今日も、剣道の稽古はありません。
先週の日曜日に、早々に稽古中止の判断がありました。

土日が全く何も予定無いなんていつぶりだろう?
まぁ昨日の午前中は、T学園の撮影があったので、午後からなんですけどね。
でも、3月の土日は見事に全て予定無しになりました。
もちろん本来は様々な行事が予定されていた。

学校が休校扱いになったので、行事関連も中止。
さらには、娘たちの通う英語教室も、2週間お休みになりました。
緊急事態であるという意識からの対応だと思います。

一方で困った事態も起きています。
相変わらずマスクの品不足が続いていますが、今度はトイレットペーパーやティッシュペーパーが消えています。
「中国から髪が輸入できなくなって、紙製品が品薄になる。」というデマが広がったために、不安になった人たちが大量に買い占めているようです。

確かに昨日、本日と買い物した時に、トイレットペーパー売り場は空っぽでした。
これって本当に必要な人は、めちゃくちゃ困りますよね。
我が家はいつもネットで業務用の箱買いするので、まだ在庫があります。
でも、本当にトイレットペーパーが切れた人は、どうすれば良いのでしょう。

これには安倍総理も、「ほぼ日本での生産なので品切れになることは無い。冷静な判断をしてください。」と呼びかけた。
でも、実際に買い占められて、トイレットペーパーが無くなったら、やはり不安が広がります。
そうやって慌てて買い占めた人もいることでしょう。
我が家も念のためにと思って、いつも購入するAmazonで再注文しようとしたら、在庫切れになっていた。
仕方なく少し高い商品を注文。ところが翌日になって「商品の手配が出来なくなりました」と、キャンセルの通知が来た。

ネットでも買い占めが起きているのか?
それとも高く売れると思ってキャンセルされたのか?
何れにしても、我が家はまだ在庫あるので、様子見です。

まるでオイルショックの時のような人々の反応。
ちょっと冷静になりましょう。

しかし、マスクと除菌シートやアルコール消毒が入手できないのは、本当に困る。
新型コロナウイルスに注意しようと思っても、予防する物が無ければ、どうしようもない。
早く普通にドラッグストアに並ぶようになってほしいです。

今日は隣の市へ買い物に行く用事があったので、AEONに立ち寄った。
マスクが手に入りそうに無いので、最悪のことを想定して、マスクを作ろうかと考えた。
ガーゼを買おうと、手芸屋さんに行ったら、なんと「マスク手作りコーナー」が出来ていました(笑)
そのうち今度はガーゼ不足になりゃしないだろうか。

さて、明日からいよいよ休校が始まります。
娘たちがず〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜っと家にいるんですよね。
そして習い事も全部お休み。
はぁ、ちと憂鬱です。
でも、娘たちもストレス溜まりそう。

家のお手伝いをしてもらって、家で楽しめることを考えよう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 18:58 | Comment(0) | 日記