2020年02月27日

骨抜き方針から一転

200227.jpg
【写真は産経ニュースWeb版から】

突然の発表に、日本中に激震が走った。
安部総理から、全国の小中学校・そして高等学校まで、来月2日から春休み終了まで休校の要請。
あくまでも要請だが、これは自治体判断ではなく、国からのトップダウンと同じ。

奇しくも2日目に基本方針を発表したばかり。
その時はとても曖昧な表現で、まるで判断は国民に丸投げと捉えられても仕方のない方針。
だから私も「骨抜きの方針」と批判的なつぶやきをした。
しかしその後、イベント関係などの自粛が相次いだ。

安部総理とすれば、要請であったとしても、ちゃんと受け止めてもらえることに手応えを感じたのかも知れない。
要請を出しても、イベント関係の自粛が少なければ、今回の学校休校の要請も出なかったのでは。
イベント中止や延期は、明らかに経済に大打撃。
それでも要請に応じて中止や延期が相次いだので、ここは勝負と見たのでしょう。

私も今回の要請は良かったと思っています。
子供への感染が広がり始めている。
学校はより感染が広がりやすい環境。
一律に休校にすることで、広がりを抑える効果はある。

ただ、現場は大変です。
今日の夜に突然発表があり、来週月曜から休校。
明日の1日しか時間はありません。

それに卒業式もあれば、中学校以上は期末試験もある。
どう対処していくか?ここは各地方自治体で対応するしかありません。
卒業式は卒業生と保護者だけとかにして、簡素な卒業式にする。
まさか卒業式無しってのも、さすがにかわいそうですよね。

休校になることで、共働き家庭には不安材料が。
子供だけにして家を留守にしなくてはならない。
仕事を休めるのなら良いけど、ほとんどの人は休めない。
学校が休みなので、基本学童なども休みになる。
人との接触を極力避けるために、休校にしているのだから、子供を預かることも難しい。

とにかく感染の封じ込めを第一に考えているので、細かな部分は後追いで地方自治体に任せる。
それが国の方針と言うことになりますね。
丸投げ感が強いが、これは致し方ない。

来週から子供達が一斉に休みに入る。
実は次女はインフルエンザBにかかってしまい、今週明けの火曜日から学校を休んでいる。
そしてクラスでも大量にインフルエンザが発生して、学級閉鎖となった。
来週の月曜から復帰する予定だったのに、結局次女は一足先に休みに入ってしまった(^^;)

3月のひと月間が勝負ですね。
ここで感染拡大を抑え込めれば、収束に向かうでしょう。
そして3月のひと月間で、経済はものすごいダメージを受けます。
そのダメージを取り戻せるように、政策を考えて欲しいと思います。

それが国会議員の皆さんの仕事です。
日本国民は生活を犠牲にして、戦いに入ります。
戦いが終わった後は、しっかりと立ち直れるように、与野党が知恵を絞って政策論議してください。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:55 | Comment(0) | 日記