2020年02月18日

一人一人の意識で感染拡大を防ぐしかない

200218.jpg

この冬一番の寒さの中、冷たい風を切って次女の授業参観へ。
最近は外に出るときには、必ずマスクを着けている。
本当は使い捨てしたいけど、マスクが手に入らないので、数回使って捨てている。
手持ちのマスクが無くなるまでに、品薄が解消されれば良いのだが。

学校へ着いて、周りを見回しても、マスクを着けているのは少数。
買い物に出ても、意外にマスクを着けている人は少ない。
マスクが品薄で入手出来ないから着けていないのか、あるけど着けていないのか?
マスクを着けたからと言って、ウイルスをブロックできる訳ではない。
しかし、もし仮に自分が感染者だったら、他人に移す可能性を下げることが出来る。

マスク品薄は深刻な状態で、本当にマスクが必要な人のところに届いていない。
例えば高齢者の方や、これから特に大変なのが、花粉症の方。
マスクが無ければ、生活に支障をきたしかねません。

マスクが品薄なのを良いことに、ネットではマスクが高額で売られているとか。
人の弱みに付け込んで商売しようとする最低な人達です。
こんな最低な人達は、いずれ痛い目に合うと思います。

しかし同様に最低だと思うのが、この時期に「支援」と言って中国にマスクを送っている自治体。
日本国内でマスクが不足しているのに、なんでそれを横目に中国に送る?
本来ならば、マスクが手に入らないと困っている人に配るのが先では?
政治家もそうだが、自国民よりも中国の顔色伺っているのはあまりにも滑稽です。

最悪なのが、元総理大臣の鳩山由紀夫氏。
なんと中国に100万個のマスクを送ったことをTwitterで公表した。
それもある企業の協力を得てと書いている。
つまりは日本の企業で作っているマスクを、中国に送ったということ。

さらに言い訳のように、「中国に送るマスクは日本の市場に出ることのない製品であり、日本の皆さんには影響はないのでご安心ください。」と追記しています。
そんなわけあるかい!現に品薄で大きな影響が出ている。
仮に日本で作っていないマスクだったしても、真っ先に日本国内に回すのが普通。
自国民よりも、中国の方を大事に思っているというのが、よくわかる。

現職の政治家も似たようなものです。
自民党の二階幹事長は、自民党の議員から一律5,000円を徴収して中国に送ると言い出しました。
これに青山議員などが反発して、結局は任意となりましたが、なんで日本国内よりも中国を優先しようとする?
中国共産党の手が入った議員である事がよくわかる事例だと思います。

つまりは自民党の中に、中国共産党の手がしっかりと入っていると言うこと。
中国だけじゃありません。韓国や北朝鮮の手も入っていると思います。
だからこそ、なかなか憲法改正も出来ないし、日本のための政治が出来ない。

そして野党はもっと大勢だと想像できる。
「国民のために」と声を荒げるが、「その国民ってどこの国民?」って聞きたくなる。
まともな国会質疑はせず、この緊急事態時にも、安定の「桜」だらけ。
政権の足を引っ張ることだけが目的の野党は、日本国民の目には「どこの国の国会議員だ!?」って映っていますよ。

そもそも中国武漢発祥のウイルスであるにも関わらず、中国政府の対応には何一つ問題視しない。
国会でほぼ取り上げないのですから、野党にとってはどうでも良いことなんでしょう。
日本国民の命が危険に晒されている、今この時ですら、安倍総理の桜を見る会前夜祭の、ホテルの領収書の方が大問題らしいです。
日本人の1人や2人が死のうが、多くの日本人が苦しもうが、そんなの知ったこっちゃ無い。って事でしょう。

逆に新型コロナウイルスが広がって、日本中に大きな被害が出れば、それをネタにして政権批判出来るとさえ思っているのではないでしょうか。
政権のあら探ししか出来ない野党議員ですから、きっとそう考えている気がします。
日本の危機に対応できない政権与党も情けないけど、日本国民の命を政局に利用しようと見える野党も本当に馬鹿げている。

日本の政治がまともでない以上は、私たち個人レベルで自分の身を守るしかありません。
うがい・手洗い(できればアルコール消毒)、そして足りてないけど、外出時は極力マスクを徹底しましょう。
2〜4月くらいまでは、景気は思い切り落ち込むと思います。
しかしこれを乗り切って、落ち込んだ分をバネにして、東京オリンピックに向けて飛躍したいですね。

ここは日本人の底力の見せ所だと思います。
新型コロナウイルスが蔓延していても、個人個人がしっかり水際対策出来れば、感染は確実に防げます。
政治や行政に頼っていてはダメです。私たち一人一人でこの危機的状況を乗り越えましょう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:53 | Comment(0) | 私の思うこと