2020年02月10日

誰もいないのに・・・

200210.jpg

昨年のゴールデンウィーク期間中に、我が家は自転車小屋を設置した。
自分たちで木材を買って、一から手作りしたのです。
おかげで、雨が降っても自転車が濡れる事は無くなりました。

以前は鉄パイプにビニールを被せた、簡易の自転車収納スペースでした。
もうボロボロになり、自転車も台数が増えて入りにくくなり、頑張って自転車小屋を作りました。
その際に、せっかくなので、感知センサー照明をつけることにした。
夜に帰って来ても、ライトが自動で点灯してくれるので、自転車も入れやすい。

しかし、最近この感知センサー照明でちょっと困っている。
それは突然ライトが点くことがあるのです。
もちろん誰かが帰って来た訳でも、誰かが通った訳でもありません。

自転車小屋はキッチンの東側に設置していて、感知センサーはその端っこ、入り口側に設置している。
ライトがつくと、キッチンの磨りガラスに、明かりが点くので、すぐにわかる。
突然ライトが点くことがしばしばあり、皆不気味がっていた。
特に次女は「怖い〜」と怯えている。

色々原因を考えた。
考えられる事は。

1)小動物(特にイタチ)が通った。
2)風で何かが揺れて反応した。
3)お隣の感知センサーに反応した。
4)実は誰かが通った。
5)見えない何かが通った。

一番可能性がありそうなのは、1)ですが、3)の可能性も高い。
実は最近になってこの現象が起きている。
設置当社は無かった現象です。

我が家の隣は、一軒家ですがグループホームになっている。
そこの従業員の方が、休憩でタバコを吸うときに、家の裏に来る。
最近、そこに感知センサーがついたのです。
もしかすると、そこのライトが点いた時に、反応しているのかも。

ただ、反応する日と反応しない日があるので、それもおかしいと思う。
1)は以前、よくイタチが出ていたので、その可能性を感じている。
というかそうであって欲しいと思っている(^^;)
4)とか5)とかはあり得ないし、あって欲しくない。

気になってネットで調べたら、結構似たような経験している人いるんですね。
玄関の感知センサーが勝手に反応する場合があるようです。
玄関の場合、確実に誰もいないのがわかるので、余計に怖いですね。
やはり私と同じように5)の可能性を疑う人もいるようです。

しかし、調べていると、下記のような要因がわかった。

A)強い光に反応した場合
例:反射の強い床面のある場所、凸凹が比較的大きい壁面のある場所(目に見えなくても赤外線が反射してセンサが反応することもある)
B)背景温度と温度差のある物体が動いた場合
例:風などでよくゆれる植物の近く、交通量の多い道路に面した場所
C)物体の温度が変化した場合
例:エアコンの室外機などの熱量を発生するものの近く、換気扇などの送風を発生させるものの近く
D)器具が振動で動いた場合
例:振動の激しいポールなど不安定な場所

A)は3)の「お隣の感知センサーに反応した。」に当てはまる。
そしてC)の「物体の温度が変化した場合」の可能性が出て来た。
例:エアコンの室外機などの熱量を発生するものの近く、換気扇などの送風を発生させるものの近く
キッチンの換気扇の近くに、感知センサーが設置されている。
そういえば、今夜も晩ご飯を作っている時に、頻繁に点いていた。

ただ、換気扇を回している時に、必ず点く訳でもない。
おそらく風向きなどで、反応する場合とそうでない場合があるのかも。
A)とC)の複合的な条件で現象が起きているのかも。
そういう事にしておきましょう。

また、これからも原因を探ってみたいと思います。
もし、はっきりとした原因がわかったら、また呟きます。
4)実は誰かが通った。
5)見えない何かが通った。
この二つでないことを祈りつつ(笑)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:04 | Comment(0) | 日記