2020年01月31日

中国の今後を左右しかねない新型コロナウイルス

200131.jpg

ようやくWHOが緊急事態宣言を出しました。
「今頃遅いわ!!」って声が、あちらこちらから聞こえて来そうです。
なんで最初の段階で発表しなかったのか?
やっぱり中国に気を使ったのでしょうね。

WHOの事務局長はテドロス・アダノム氏。
この方はエチオピアです。
そしてエチオピアは、中国から莫大な投資を受けていると言われています。

つまりは中国の顔色を伺っているって事。
発言も完全に中国寄りで、全く信用できません。
こんな人が世界保健機関のトップなんですから、救いようがありませんね。
残念ながらSARSの再来どころか、それを上回る緊急事態となっています。

しかしこれは何もWHOだけに限ったことではありません。
国連をはじめあらゆる国際機関は、すでに機能を果たしていないと言っても過言じゃないと思う。
あらゆる場面で中国がチャイナマネーでロビー活動をしており、世界を牛耳ろうとしている。
だからこそ、トランプ大統領は貿易戦争を仕掛けたのだろう。

今回の新型コロナウイルスは、野生動物からの可能性が言われている。
なぜ中国発なのか?それは中国人が野生動物など、何でも食するから。
今回はコウモリではないか?とも言われている。
そもそも市場での野生動物の扱いは出来なくなっている。

やはり隠蔽体質が、この世界を巻き込んだ伝染病を生み出しています。
武漢で発生した段階で、おそらく武漢トップがこれを隠したと思われる。
しかし隠しきれなくなり、国レベルで情報が広がる。
中国共産党も、自国に不利な情報は出したくないから、極力少ない数字で発表する。

情報が出回らないから、そんな事をしている内に、ウイルスに感染した人間が、世界中に移動する。
慌てて武漢を封鎖したが、時すでに遅し。
そして武漢は今、地獄と化している。
医療機関に行っても患者だらけで、診療もままならない。
交通手段もないし、医療従事者も感染したり、感染しなくても対応が限界で、疲弊しまくっている。

私が思うに、中国共産党は、武漢を見捨てていると思う。
閉鎖して、武漢からこれ以上人が移動しない事だけを目的にしている。
新たな病院を建設して、医療従事者を集めるパフォーマンスをしているが、武漢から人を出さないのが目的。

以前、高速電車が事故を起こした時に、事故現場で車両を埋めたことがあった。
何もなかったことにしたかったのだろう。
流石に避難を浴びて、再び掘り起こしたなんて珍事がありました。
同じ発想だと思いますね。
武漢そのものを土に埋めているようなものです。

今回の中国共産党の対応は、中国国内はもちろん、海外からも批判を浴びている。
SARSの教訓を全く活かさず、むしろそれ以上の事態を招いています。
香港デモ問題も、まだまだ解決していない中で、広がる新型コロナウイルス。
今後、中国国内でも反政府運動が広がるかもしれません。

ウイルスはいずれ収束します。
しかし、人々の怒りは静まらないでしょう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:53 | Comment(0) | 私の思うこと