2020年01月31日

中国の今後を左右しかねない新型コロナウイルス

200131.jpg

ようやくWHOが緊急事態宣言を出しました。
「今頃遅いわ!!」って声が、あちらこちらから聞こえて来そうです。
なんで最初の段階で発表しなかったのか?
やっぱり中国に気を使ったのでしょうね。

WHOの事務局長はテドロス・アダノム氏。
この方はエチオピアです。
そしてエチオピアは、中国から莫大な投資を受けていると言われています。

つまりは中国の顔色を伺っているって事。
発言も完全に中国寄りで、全く信用できません。
こんな人が世界保健機関のトップなんですから、救いようがありませんね。
残念ながらSARSの再来どころか、それを上回る緊急事態となっています。

しかしこれは何もWHOだけに限ったことではありません。
国連をはじめあらゆる国際機関は、すでに機能を果たしていないと言っても過言じゃないと思う。
あらゆる場面で中国がチャイナマネーでロビー活動をしており、世界を牛耳ろうとしている。
だからこそ、トランプ大統領は貿易戦争を仕掛けたのだろう。

今回の新型コロナウイルスは、野生動物からの可能性が言われている。
なぜ中国発なのか?それは中国人が野生動物など、何でも食するから。
今回はコウモリではないか?とも言われている。
そもそも市場での野生動物の扱いは出来なくなっている。

やはり隠蔽体質が、この世界を巻き込んだ伝染病を生み出しています。
武漢で発生した段階で、おそらく武漢トップがこれを隠したと思われる。
しかし隠しきれなくなり、国レベルで情報が広がる。
中国共産党も、自国に不利な情報は出したくないから、極力少ない数字で発表する。

情報が出回らないから、そんな事をしている内に、ウイルスに感染した人間が、世界中に移動する。
慌てて武漢を封鎖したが、時すでに遅し。
そして武漢は今、地獄と化している。
医療機関に行っても患者だらけで、診療もままならない。
交通手段もないし、医療従事者も感染したり、感染しなくても対応が限界で、疲弊しまくっている。

私が思うに、中国共産党は、武漢を見捨てていると思う。
閉鎖して、武漢からこれ以上人が移動しない事だけを目的にしている。
新たな病院を建設して、医療従事者を集めるパフォーマンスをしているが、武漢から人を出さないのが目的。

以前、高速電車が事故を起こした時に、事故現場で車両を埋めたことがあった。
何もなかったことにしたかったのだろう。
流石に避難を浴びて、再び掘り起こしたなんて珍事がありました。
同じ発想だと思いますね。
武漢そのものを土に埋めているようなものです。

今回の中国共産党の対応は、中国国内はもちろん、海外からも批判を浴びている。
SARSの教訓を全く活かさず、むしろそれ以上の事態を招いています。
香港デモ問題も、まだまだ解決していない中で、広がる新型コロナウイルス。
今後、中国国内でも反政府運動が広がるかもしれません。

ウイルスはいずれ収束します。
しかし、人々の怒りは静まらないでしょう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:53 | Comment(0) | 私の思うこと

2020年01月30日

ようやく絵本の仕事完了

200130.jpg
【今回の絵本に描いた素材の一部】

新型コロナウイルスが猛威を振るい始めている。
おかげで薬局行ってもマスクは品薄、アルコール消毒液は売り切れ。
まぁそれだけみんな危機感を持っているという事ですね。
とにかく、すでにウイルスは日本国内にばら撒かれているので、一人一人が注意するしかありません。

外出時にはマスク、帰ったら手洗い・うがい、そして出来れば消毒。
薬局にアルコール消毒液がなかったので、アルコール消毒のウェットティッシュを購入して来ました。
何も無いよりは数倍マシです。
しばらくはこれでウイルス対策を徹底します。

新型コロナウイルスで日本中が大変でも、日常は変わらないわけで、子供達は学校へ、親は仕事へ。
私も家でしっかり仕事をしています。
こんな時は、フリーランスは人との接触が少ないので助かります。

仕事の方ですが、二つ大きな仕事がフィニッシュしました。
一つは半年以上前から手がけていたWebサイトの仕事。
そしてもう一つも同じ時期から手がけていた絵本の仕事。
どちらも半年以上かかって、ようやくフィニッシュしました。

Webサイつの方は、実質動き出したのが9月ごろから。
最終納期が今月だったので、ゆっくりと作業を進めることができました。
絵本の方は納期が決まっていなかったのですが、本当は3ヶ月くらいで終わる予定でした。
しかし、予想以上に苦戦してしまった。

今回の絵本のイラストは、とにかくリアルさにこだわった作品。
著者の方が、とても描写にこだわりがあり、制作に時間がかかってしまいました。
イラストの仕事って、描き始めて調子に乗らないと、なかなか進まない。
ようやく調子に乗って来ても、他の仕事で手を止めると、再び調子を上げるのに時間がかかってしまう。

そんなわけで、結局半年以上かかってしまいました。
長らくお待ちいただいた著者の方には、本当に申し訳なく思っています。
こだわり抜いた絵本なので、喜んでいただけると嬉しいですね。

そしてもう一つ絵本が控えています。
こちらは著者の方が、お忙しいようで、原稿がまだまとまっていないとの事。
しかし、そろそろまとまってくる頃なので、私の方も受け入れ態勢しておかなければ。

他にも抱えている仕事が数点あります。
年末の状態からすれば、多少マシかも知れませんが、忙しい事に変わりありません。
新型コロナウイルスが猛威を振るっていようとも、仕事を止めるわけにはいきません。
だから、しっかりウイルス対策して、明日からも頑張ります。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:52 | Comment(0) | 絵本

2020年01月29日

やはりマスクが品薄

200129.jpg
【何とか入手したマスク】

昨夜ドラッグストアに行った。
嫁さんの頭痛が治らないので、バファリンを買いに。
頭痛の本人は仕事中。帰って来るのは22時。
帰りに買う事は出来ない。

そこで私がドラッグストアに行って、バファリンを買って来た。
その時、マスクを買うか迷った。
家にマスクあった気もしたので、迷った末買わなかった。
やはり買っておきべきでしたね。

昨夜の「新型コロナウイルス日本人感染」のニュースは、やはり衝撃が大きかったようです。
それも奈良県在住ですからね。もうそこら中にウイルスが飛んでいてもおかしくない。

今日はT学園出向で、帰って来たのは18時過ぎ。
そのまま次女を連れて剣道の稽古へ。
嫁さんが仕事帰りにスーパーに寄って買い物をしていたようで、稽古付き添い中の私にメッセージが来た。

薬局売り場でマスクを買おうとしたが、やはり品薄になっていた模様。
残っているマスクも「お一人様3つまで」との張り紙もあったようで、やはりみんな買いに走ったようです。
我が家も何とかマスクゲットしたけど、このまま品薄では困りますね。

今日になってバスに一緒に乗っていたガイドも感染している事が判明しました。
日本在住ですが日本人では無いようです。
バス運転手から感染したのか、それとも元々この女性が感染していて、バス運転手に移ったのか?

バスは大阪関西空港から東京方面に向かっている。
途中で山梨にも立ち寄っているようです。
そして再び東京方面から大阪関西空港へ。
今度は奈良公園に立ち寄っている。

ウイルスをばら撒きながら移動しているようなもの。
いずれも観光地なので、大勢の人が来ている。
そこで感染した人が、それぞれの居住区へと戻っていく。
そこからまた広がる。

厚労省は「落ち着いて通常のインフルエンザと同様の対策を」と呼びかけていますが、落ち着いてなんかいられません。
もうすぐ目の前に危機は迫っている。
もしかしたら、もう感染しているかも知れないのです。
何だかなぁ〜やっぱ日本って平和ボケしているよね。
もっと早い段階から、中国人受け入れ禁止に出来なかったのかな?

厚労省はお役所仕事で、結果が出てから「流行が認められました」って言うだけでしょう。
もう個人個人が注意して、予防するしかありません。
明日から外出時にはマスク。
帰ったらうがい・手洗い・消毒を徹底しよう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:35 | Comment(0) | 私の思うこと

2020年01月28日

ついに日本人感染者が出た

200128.jpg
【写真は産経ニュースWeb版から】

やっぱり出ましたね。
新型コロナウイルスの感染者で、日本人の感染者が出てしまいました。
武漢には行っておらず、武漢から来た中国人観光客を乗せた、バスの運転手らしいです。
バスを運転したのは東京ですが、この方、何と奈良県の方。

つまりは奈良県に新型コロナウイルスが入って来ているという事。
そして、武漢からの観光客が、東京周辺を観光していたという事は、あちこちにウイルスが巻かれてしまっている。
やっぱりバイオテロだo(`ω´ )o

中国政府の情報は最初から信用できないと思っていた。
武漢で新型コロナウイルスが出たと発表があった時点で、きっとかなりの患者がいたのだろう。
だからこそ感染した中国人が、日本に旅行にやって来る。
もっと早い段階で、渡航禁止などの処置をしてくれれば、日本に上陸する事は無かった。

日本政府ももっと緊張感を持って対応して欲しい。
武漢からの旅行だけでも、阻止できていたら。
まぁ阻止したとしても、彼らは別ルートで来ていたでしょうね。
相手に迷惑かけるのなんて、何とも思っていませんから。

日本はもっと中国に対して、厳しい態度を取るべき。
そしてWHOも緊急事態だと宣言すべき。
このままだと、本当にパンデミックになりかねない。
しかしWHOは中国に対して強く言えない。
チャイナマネーに牛耳られていますからね。

そして日本もチャイナマネーに毒されています。
さらに言えば、日本の様々な機関に、中国の手が入っています。
だから国会議員がチャイナマネーで逮捕される。
そして不思議なのが、今回の日本政府の対応の遅さを、全く野党が批判しない事。
桜を見る会よりも、もっともっと重大な事だと思います。

不思議と野党は、朝鮮と中国の事になると、ダンマリです。
もし、日本政府が早い段階で、中国人観光客の受け入れを拒否していたら。
きっと「人種差別だ」「日本の観光資源に打撃を与える」などと批判していたと思います。

すてに日本中に、中国人観光客による、ウイルスがばら撒かれているだろう。
これからどんどん日本人感染者が出て来ると思います。
今回、感染して重症化しているのは、中年以上らしい。
私も十分注意しよう。

しっかり、手洗い・うがい・消毒・マスクを心がけよう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 21:04 | Comment(0) | 私の思うこと

2020年01月27日

MacBookProが・・・

200127.jpg

毎年この時期になると、仕事機器のトラブルがある気がする。
確か昨年は外付けHDDが吹っ飛んで、かなりの仕事のデータが飛んだ。
作り直しをしたデータもいくつかありました。

数年前には、その当時使っていたiMacのHDDが吹っ飛んだ。
どうもこの時期には、何らかのトラブルが多い。
そして今年もそれは突然やって来た。

今回はMacBookPro。
突然起動しなくなってしまった。
正確に言うと起動はするが、その後のログインで必ず落ちる。

最初は「ちょっとしたトラブルだろう」と思い、考えられる処置をした。
PRAMクリアやその他の対応を試みる。
しかし、いずれも解決しない。

少し焦り出す。
すかさずAppleサポートへ電話。
対応した女性は、一つ一つ対応してくれた。

最初はAppleの担当者も「おそらくこれで直る」と電話口で説明。
しかし、いずれも効果無く、結果は最悪の状態に。
私もOSの再インストールくらいは覚悟していた。
ところがそれすらも出来ない。

それが出来ないとなると、ハードの問題の可能性がある。
つまりはMacBookPro本体の修理。
流石にそこまでは想定していなかった。

しかしどうにもならないので、明日修理に出します。
今年も突然にやって来たトラブル。
MacBookProは外出先で、仕事する時に使いまくっていた。
実は明日もホームページの仕事の仕上げで、MacBookProを持っていく予定だった。

今回は嫁さんのMacBookProを借りる事にした。
明後日もT学園へ行かなくてはならないので、明後日も借りる事に。
私のMacBookProがいつ修理から戻ってくるのか?
そして一体いくら修理代がかかるのか?

なんかこの時期って呪われているな。
毎年何らかのトラブルに巻き込まれる。
もしかして変なウイルスでも飛んでいるのか?
中国あたりから。
それは新型コロナウイルスか(^^;)

でも毎年この時期に、トラブルがあると、ウイルスでも出回っているのか?と思ってしまいます。
しばらくMacBookProは使えないので、外での仕事はできません。
忙しい時期に限って起きるトラブル。
今回はデータの紛失が少なかったのが不幸中の幸いです。

でも今日は、午後からトラブルの対処で仕事になりませんでした。
気持ち切り替えて、また明日から頑張ろう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:53 | Comment(0) | Macintosh

2020年01月26日

二日遅れの誕生パーティー

200126.jpg
【家族でささやかながらお祝い】

昨日に続き、今朝も剣道の早朝寒稽古からスタート。
眠い目を擦りながら、車を30分走らせ奈良市へ。
寒い中、子供達は稽古を頑張りました。

稽古の後は、次女のお楽しみのマクドナルドへ。
毎年寒稽古の二日目は、マクドナルドに寄って朝ごはんを食べます。
空腹のお腹に、暖かいコーヒーが沁みて美味しかったです。

一旦家に戻って、仮眠をしたら、再び稽古へ。
いつもの稽古を1時間終えたら、今日は居残りは無しで帰りました。

午後からはお買い物。
今夜は嫁さんの誕生パーティー。
本当は二日前が誕生日でしたが、平日の夜は忙しい。
それに翌朝は剣道の早朝寒稽古。

二日ずらして、日曜日の晩にやる事にしました。
お買い物を終えたら、帰り際にケーキ屋さんによりました。
嫁さんには内緒で、長女と一緒にケーキを選んでおきました。

帰ったらお風呂に入って、ピザを用意して、いよいよ誕生パーティーの始まり。
まずはケーキにロウソクを立ててお祝い。
その後、これまた内緒にしていた、花束を次女からプレゼント。
花束は次女と二人で選んでおきました。

そして娘二人から、それぞれプレゼントを手渡します。
長女は服とパンツをセットで買っていたようです。
自分の小遣いからプレゼントを買って用意していた。
これは私も知りませんでした。
きっと、友達と買い物などに出ていたことがあるので、そこで購入したのでしょう。

次は次女からのプレゼント。
これまでは、紙でケーキを作ったり、カードを作ったり。
気持ちはこもっているけど、実用品ではなかったプレゼント。
しかし、今年はピアスをプレゼント。

でも、紙で作っている訳ではありません。
ちゃんとピアスのパーツで、レジンを使って作りました。
流石に次女ひとりでは難しくて、私や長女の手も借りました。
それでも、ちゃんとピアスを作れて、もらった本人よりも次女が一番喜んでいた(笑)

200126-2.jpg
【次女が作ったピアス】

私の方からもプレゼントを用意するつもりでしたが、ちょっと時間がかかっているので、後日手渡したいと思います。
今回は娘たちから、実用品のプレゼントをもらって、とても喜んでいた嫁さんでした。
これまでの、紙で手作りした物も、それはそれで嬉しかったと思いますが(笑)

恒例の手作りピザとケーキで、美味しくて楽しい誕生パーティーでした。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:35 | Comment(0) | 日記

2020年01月25日

早朝寒稽古と県PTA研究大会

200125.jpg
【なかなか面白い視点での話でした】

ね、眠い〜(=_=)

今朝は4時半起床。
なかなか起きない次女を起こして、剣道の早朝寒稽古へ。
今日は奈良の道場の主催する寒稽古。
車で30分ほど走って、1時間の寒稽古に参加して来ました。

次女は眠いので、超不機嫌。
顔に「嫌だ!!」と書いてあるような表情で稽古に参加しました。
しかし、1時間の稽古が終われば、スッキリした顔になっていた。
朝ご飯がまだだったので、帰りにコンビニでパンを買って食べ持って帰宅。

しかし私は帰宅して1時間もしない内に再び外出。
今日は県PTAの研究大会。
当初は行く予定にしていなかったが、人員が足りないとの事で、私も行く事になった。

会長が車で迎えに来てくれて、眠い目をこすりながら、県PTA研究大会に参加。
最初に表彰式が行われ、小学生や中学生の作文、標語などの表彰が行われました。
また一般の部の表彰もあり、大人の方も賞状を受け取っていました。

次に各委員会の発表があり、それぞれの委員会が行って来た内容を、スライドで紹介。
私たちの市PTAからも、委員会に入っている方がいて、今回はその方の発表でした。
市のPTAだけでも大変だと思いますが、県のPTAでも頑張っているのは、すごい事だと思います。

最後は記念公園として、県PTA役員さんと、講師の方々との討論会。
討論会というよりは、テーマを決めて話を聞く、座談会みたいな感じでした。
でも、これがなかなか面白かったです。
招かれた講師が、哲学者の小川仁志さんと、法律家の村井勝則さん。

哲学的な視点と、法律的な視点から、PTA活動を見る。
そもそもPTAとは?という哲学的な考えから、PTAって強制じゃないけど、法律的にはどうなの?と言った話まで。
なるほどと思える話がたくさんありました。

しかし、如何せん4時半起きのわたくし。
睡魔がなんども襲って来て、所々話が飛んでいた(^^;)
いや〜本当に眠かった。
でも、面白い話でした。

やっぱりPTAって難しい。
昔ながらのやり方では活動が難しい。
しかし、力を入れなければ、活動は出来ない。

今の時代にあったPTA活動を、みんなで考えて模索していかなくてはならないと思いました。
地域によっても学校によっても違う環境。
そして、一人一人働いている環境によっても違う。
その違いだらけの中で、どうやってPTA活動を続けていくのか?

PTAも新しい時代になっていく必要がありそうですね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 21:59 | Comment(0) | 日記

2020年01月24日

沈黙の北朝鮮

200124.jpg

世界の目が、中国の新型コロナウイルスに注目しているので、他の事を忘れがちなる。
つい最近まで、イランとアメリカが超緊張状態にあったが、それ以降動きが止まっている感がある。
このまま動きが止まってくれる事を願うばかり。

そしてもう一つ動きが止まっている国がある。
駄々っ子の北朝鮮です。
年末までにアメリカが何らかの回答をしなければ、アメリカにとって不幸なことになる。
そんな大風呂敷まで広げておいて、結局のところ何も行動せず。

まぁいつものハッタリである事は、日本もアメリカもわかっていた事。
しかし、それ以降がどうも北朝鮮がおかしい。
金正恩が雲隠れしているようなのです。

ネットの情報などでは、死亡説や重篤説などが流れています。
金正恩の代理として、妹がトップの座についているとか、30年以上海外で大使をしていた叔父が帰国しているなど。
どうも北朝鮮の内部で何かが起きている事は確かのようです。

さらに、アメリカも水面下で動いている可能性がある。
イランが落ち着いたら、トランプ大統領は、真剣に北朝鮮と向き合うかも知れない。
という事は、軍事的行動もあり得るという事。

金正恩が雲隠れしたのは、もしかするとアメリカの情報を掴んで、地下に潜っているのかも。
怖くて地上に出てこれなくて、地下でビクビクしているのかも知れません。
なんせ情報だけが頼りの国ですから、どこよりも情報は掴んでいるはず。

今年は東京オリンピックの年。
平和の祭典オリンピックですが、今年は年始から不穏な空気の世界です。
東京オリンピックは盛り上がって欲しいけど、オリンピックを利用して、嘘の平和を演出しては欲しくない。
また北朝鮮と韓国が、突然合同チーム作ったりしないで欲しい。

東京オリンピックまで半年。
世界情勢も心配ですが、やはり一番の心配は、新型コロナウイルスの感染です。
もう日本にも上陸しているので、日頃の対策で感染しないように注意するしかありません。
もう本当に迷惑な国です。

北朝鮮の今後も注視が必要ですね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:27 | Comment(0) | 私の思うこと

2020年01月23日

奄美旅行はいかが!?

200123.jpg
【夏の奄美はやはり海が綺麗です】

YouTubeで動画を見る人って多いと思います。
最近はYouTubeで動画を配信する人も増えています。
私はもっぱら見る側ですが、配信する側にもなってみたい気もする。
ただ、何を発信するのか?が大切。

一つ思ったのは、私がillustratorで描いているイラストの描き方の配信。
「こうやって描いていますよ」って感じで、ゆる〜い感じでやってみても面白いかなぁ〜と考えています。
しかし、一番の問題は、そんな時間があるのか?ってとこですね。
いずれやってみたいけど、とりあえずは目の前の仕事をこなさなくては(^^;)

YouTubeで動画を見ていると、時々「奄美大島に行って来ました」って動画を見つけます。
一般の人が、奄美大島に旅行に行って、その様子を投稿している。
結構、女性の一人旅が多くて、これまでも何回か女性がアップしている動画を見た記憶があります。

奄美って沖縄と比べると、マイナーで地味なイメージです。
実際にマイナーだし、沖縄ほど垢抜けていません。
それだけに、昔ながらの南の島の様子が残っていたりします。
そこが一人旅には良いのかも知れませんね。

そして一人旅の方の動画を見ていると、シーズンオフが多い。
きっと飛行機代が安いってのが、一番の理由でしょうね。
シーズンオフって言っても、天気が良ければ海も綺麗に見える。
海水浴をするのなら夏ですが、海を見て景色を見て、美味しい島の料理を食べるのなら、季節は関係ない。
でも、やっぱり夏の海が一番綺麗なのは確かです。

しかし夏の間は、飛行機代が高いです。
LCCの格安航空でも夏場は高くなる。
それがシーズンオフの平日になると、途端に安くなります。
一人だと片道数千円で行けたりする。
そりゃ〜一人旅がシーズンオフになるのはうなづけます。

私も昨年の10月に、一人で奄美に帰省しました。
この時も平日の水曜日に出て、金曜日に戻って来ました。
片道7,000円ほどでした。
それもLCCではなくJALです。

JALやANAでも、早めに予約すれば、格安のチケットが入手できる。
シーズンオフに限りますが。

私のように家族連れだと、なかなか気軽には行けない。
でも、一人とか二人とか、少人数であれば、結構格安で行けます。
今年は暖冬だし、奄美はさらに暖かい。
のんびり海を眺めたり、釣りをしたり。
美味しい島の料理食べて、奄美を満喫することもできます。

みなさん、ぜひ奄美の旅いかがですか?
紹介しておいて、自分が帰りたくなった(笑)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:54 | Comment(0) | 日記

2020年01月22日

やっぱりSARSの再来か

200122.jpg
【写真は産経ニュースWeb版から】

やっぱり中国は情報を隠していたな。
急激に人から人へと感染が始まり、死者が9人となった。
すでに日本国内でも感染者が出ている以上、日本で広まることも覚悟しておかないといけない。

中国の武漢で始まった、新型コロナウイルスによる肺炎。
1週間前は、死者は1人でしたが、あっという間に広がりを見せ始めました。
これに加えて、中国では春節が始まる。
感染している人間が、大勢海外へと旅行に出る可能性がある。

そして最も近くて人気の日本には、大勢の中国人が押し寄せる。
日本政府は何か対策を考えているのか?
全く動きがないように見えるのだが。
情報が出てこないだけで、ちゃんと対策を考えているのなら良いが。

国会が始まっているのに、野党ももっとその辺を追求しろよ。
いまだに「桜を見る会」を引っ張り出し、加えてIRの問題を追求。
不正を働いた国会議員は罰せられれば良い。
もっと問題なのは、チャイナマネーが日本で悪しき事に使われいている問題。

同じくチャイナから始まった新型コロナウイルスの問題こそ、野党が追求すべき問題です。
なんでこの事には触れないのか?
最も私たち日本人の命を脅かす問題ですけどね。

今回の新型コロナウイルスは、マスコミも「大丈夫だろう」とタカをくくっていた感があります。
それはやはり中国からの情報を信じ込んだからでしょう。
絶対に中国は、自分たちに不利な情報は出しません。
SARSの時も、情報を隠蔽して、隠しきれなくなって、世界中に広がりました。
やはり今回も同様の感じがします。

アメリカでも感染者が出ているので、もうすでに世界中に広がりつつあると考えた方が良い。
それなのにさらに中国人が、春節で世界に出て行く。
まさしくバイオテロみたいなものです。

こんな時こそ、一党独裁国家の中国は、政府命令で国外渡航禁止命令を出すべき。
そうすれば、独裁国家でも、まだマシな部分があると思ってもらえる。
しかし、そんな気は毛頭ないみたいで、むしろ他国にダメージを与える事を望んでいるようにすら感じる。
まさしくバイオテロですね。

私たちは自分の身は、自分で守るしかありません。
手洗い・うがい・ヤクルト・・・・・じゃなかった。
手洗い・うがい・マスクを心がけましょう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:54 | Comment(0) | 私の思うこと

2020年01月21日

魅力的だけどな〜

200121.jpg
【自宅でサーバーからビールが飲めるのは魅力的だけど】

最近いろんなサブスク(サブスクリプション)増えていますよね。
月に一定額を支払うサブスクは、お得感のあるものが多い。
私が利用しているサブスクは、音楽聴き放題のAPPLE MUSICと、仕事で使っているAdobeのCreative Cloudくらい。

最近は飲食店のサブスクや、車もサブスクのCMしたり、本当にいろんなサブスクが増えています。
そしてFacebookの広告で見つけたサブスク。
キリンビールのサブスクでした。

自宅にビールサーバーがあって、月2回美味しいビールが届く。
思わずクリックして詳細ページにジャンプした(笑)
自宅でクリーミーな泡のビールが飲めるなんて、夢のようです。

我が家は基本的に、平日にはあまり飲みません。
飲むとしたら、焼酎か梅酒orウイスキーを1杯飲むくらい。
ビールは週末に飲むくらいです。

このキリンビールのサブスク。
とっても魅力的でサイトも見ましたが、やはり手は出せません。
月々4,600円〜で、税込だと5,060円〜です。
月額基本料金が2,900円(税込3,190円)も必要。
月に1万円近くのお金を、ビールにかけることになる。

1回に届くのは、1Lが2本。つまり2L。
我が家は週末に、500mlのビールを2本買う。
金・土と飲むことも多いので、週末に2L飲む。
サブスクにしても、届いたビールは飲み切ってしまう事になる。

それにキリン以外にも飲みたい。
キリンなら一番搾り。一番搾りと同等な金額なら、サッポロ黒ラベル。
ちょっと贅沢したい時は、エビスかサントリープレミアムモルツ。
肉料理や脂っこい料理の時は、アサヒスーパードライなど。

銘柄を選ぶのもビールの楽しみです。
そして時には海外のビールを飲んだりもする。

自宅でいつでも気軽に、ビールサーバーからビールが飲めるのは魅力的。
でも、そうなるといつでも飲んでしまいそう。
それにきっと我が家では、サブスクでは足りない(笑)
量が2倍のコースもあるけど、そうなると金額も8,400円〜となる。
基本料金を足すと1万円越え。

さすがにビールに月1万円以上は出せない(^^;)
魅力的だけどな〜
やっぱりお店で選んで、飲みたい銘柄を選んで飲もう。
週末に「今週も頑張った!!」と、自分へのご褒美として飲みたいですね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:53 | Comment(0) | 日記

2020年01月20日

次女と英語

200120.jpg

今日は次女の英語教室の授業参観でした。
嫁さんも仕事終わらせて、現地で合流して授業参観に参加。
今日は外国の先生の授業。

外国の先生は定期的に変わります。
今日は初めての先生で、子供達もかなり緊張した様子。
もちろん次女も緊張しているのか、いつもの元気はありません(笑)
受け答えの声も小さくて、自信のないのが現れています。

外国の先生が授業をしている間に、日本人の講師が面談をします。
次女のいつもの様子や、家での様子など、話をしました。
本人は英語を楽しんでいるようだけど、まだまだわかっていないことも多いようです。
新年度から文法も取り入れるし、学校での英語の授業も始まる。
次女にとっては、英語に触れる機会が、さらに増えることになります。

家でももっと英語に取り組んで欲しけど、こればっかりは難しい。
学校から帰ってきたら、友達と遊ぶことが一番。
自分から進んで英語を勉強するなんて、とても考えられません(^^;)

せめて親が英語を出来たら違うんでしょうけどね。
残念ながら、親は二人とも英語はダメ。
家の中で、少しでも英語の会話があれば、次女ももっと英語に慣れることができるのでしょう。
かと言って、私たちが英語をできる訳も無い(笑)

よく「海外で暮らせば英語を話せるようになる」って聞きますよね。
実際に海外で暮らせば、いやでも英語で会話をしなくてはいけない。
そうなると、学ぶのではなくて、日常での手段となる。

楽天だったけな?
車内での言葉を英語に統一するって、数年前にそんな記事を見た記憶がある。
否が応でも英語で話さなければならないとなると、海外生活と一緒で、それが日常になる。
それくらいしないと、なかなか英語は身につかないのでしょうね。

英語教室でそれだけの英語が身につくかわかりません。
ただ、英語に対して拒絶反応が起きなければ良いと思っている。
私は中学校でいきなり英語の授業が始まり、それについて行けなくて、英語が嫌いになった。
私のようにならなければ、それで良いと思っています。

もちろんもっともっと英語に興味を持って、英語を得意になってくれたら、なおのこと良い。
これからの時代、英語は必須となる。
最近は便利な翻訳機もあるけど、日常レベルで会話がスムーズに出来るのと、そうでないのとでは、やはりコミュニケーション能力が違います。

まぁ、自分が出来ていないのだから、次女に無理にやらせるつもりはありません。
ただ英語を楽しみながら、学んでくれたら良いと思っています。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:51 | Comment(0) | 日記

2020年01月19日

剣道の一日(錬成会と新年会)

200119.jpg
【一生懸命頑張っていた次女】

今日は一日剣道の日でした。
いつもなら10時から稽古、そして11時から一般稽古に居残りして12時過ぎに帰る。
でも、今日は8時には家を出て、隣の市の体育館へ。
今日は錬成会があり、1日いっぱい試合をしました。

朝の10時から試合スタート。
錬成会なので、勝敗は関係ありません。
14分間の中で、何度でも試合をして、14分が終わったら次の試合場に移動。
そこでまた違う相手と14分間試合をします。

剣道の団体戦は、基本5人です。
先鋒・次鋒・中堅・副将・大将の5名。
しかし、道場によっては人数の足りないところがあったり、逆に7名いるところもある。
人数が多いところはA・Bチームの2つのチームに分かれて参加していました。

我が道場は9名で参加しましたが、内2名は他の道場の助っ人として他道場に合流。
試合毎に違う2名が、他道場に移動していました。
次女も最初の試合は、他道場に参加して参戦。
で、その対戦相手が、我が道場という、何ともおかしな組み合わせ。
結局、いつも対戦している身内試合みたいになりました(笑)

しかしその後は、我が道場に戻って、他の道場と対戦しました。
勝った試合もあれば、完敗の試合もありました。
時には体格差のある、大きな男の子と対戦しました。
以前なら、突き飛ばされて泣いていた次女。
今回は大きな相手にも、どんどん立ち向かっていき、引き分けていました。

まだ3年生の次女にとっては、上級生と当たる確率が高い。
そんな中で、試合経験を積んでいけば、試合慣れしてくると思う。
次女にとって、とても良い体験になったと思います。

全ての試合が終わったのは15時ごろ。
家に帰って、しばらくしたら、私は嫁さんに送ってもらいました。
それは剣道連盟の新年会があったからです。
保護者代表として参加させていただきました。

日頃から顔を合わせている先生方ばかりなので、和気藹々と楽しませていただきました。
ただ問題点も多々あるので、その辺も先生方と話させていただきました。
あくまでも保護者代表ですが、私にできることは、保護者の範囲を超えてもやらせていただこうと思います。

子供達がずっとお世話になっている剣道。
息子が小2の終わりから始めて、長女・次女と続けています。
もうかれこれ12年くらいのお付き合いです(^^;)
まだもう暫くお付き合いは続くので、私に出来る事をやらせていただきたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:56 | Comment(0) | 日記

2020年01月18日

懐かしのフォークダンス

200118.jpg

先日、何気に長女が話して来た内容。
「今、体育の授業でフォークダンスやってて意外と面白い」
そしてそのフォームダンスが、オクラホマミキサー。

久々にその名称を聞いた。
そして驚いたのが、今でもオクラホマミキサーをやっている事。
フォークダンスが今も変わらず、学校の授業でやっている事に驚いた。
なんせ私が中学生の頃も、やっていましたからね。

男女ペアで輪になって踊る。
次々とペアが変わって行き、輪がくるくると回る。
運動会の時に、必ずフォークダンスがありました。
今でも学校でフォークダンス踊るのですね。

オクラホマミキサーの他にも、マイムマイムも踊ったようです。
私も中学生の頃に踊りました。
曲がアップテンポで、踊りもノリが良いんですよね。
いや〜懐かしい。

私が中学生の頃からすると、学校教育ってかなり変わっている。
それなのに、まさかフォークダンスが残っているとは、驚きました。
息子もフォークダンス踊っていたのかな?
あまり来た事ないけど、中学生の男の子なんて、学校での話なんかしないからね。
それに通っていた学校も違うし。

ちょっとネットで調べたら、フォークダンスって他にも色々あるんですね。
私はオクラホマミキサーとマイムマイムしか知らない。
でも映像見ると、ジェシカもやった事あるかも。コブロチカもあるかな?
曲や踊り見てると、なんとなくそんな気が(笑)

フォークダンスって、必ず学校でやるもんなんですかね?
日本全国、どこの学校でもやっている?
それならきっと、日本国民ほぼ全員、オクラホマミキサー踊れるって事ですよね。
よく考えたらこれって凄いかも(笑)

でも社会人になってから、フォークダンスをする機会ってないですよね。
せっかく多くの日本人が踊れるのだから、フォークダンスをやる機会あっても良いかも知れませんね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 20:27 | Comment(0) | 日記

2020年01月17日

阪神淡路大震災から25年

200117.jpg
【写真は産経ニュースWeb版から-今も当時の記憶が鮮明に残っている-】

阪神淡路大震災から今日で25年です。
もう25年になるのですね。
遠い昔のようにも、つい最近のようにも思える。

あの当時、私はまだ独身。
でも、嫁さんと一緒に暮らしていました。
明け方、嫁さんはちょうど夜勤で病院。
一人寝ていた時に、地鳴りで目が覚めました。

その直後に大きく揺れた。
天井の電気が、右に左に揺れるのを、ただただ見ていた記憶があります。
人間とっさの時は動けないものですね。

その後に見たテレビニュースでは、我が目を疑いました。
横倒しいなった高速道路。
崩れ落ちたビル。
火災により煙が立ち込める神戸の街。

まるで映画でも見ているような映像でした。
ゴジラが街を襲って、めちゃくちゃにしてしまったような映像。
とても現実に起きている事とは思えませんでした。

今ではすっかり復旧した神戸の街。
とてもあの震災があった街とは思えない。
でも、25年前、確かにそこには大きな地震があり、大勢の人が犠牲になった。

当時生まれた子供が、すでに成人になり、社会人として働いている。
震災を知らない世代が、どんどんと増えていきます。
人間は体験していないことを想像することは難しい。
私たちが戦争を知らないように、震災を知らない人には、想像することは難しい。

それでも、やはり震災の記憶を薄れさせてはならないと思う。
震災のことを、少しでも伝えていく。
それが防災にもつながるのだと思う。

阪神淡路大震災以降も、東日本大震災を筆頭に大きな震災が起きている。
私たちは自然豊かな日本という国に生まれ育っている。
自然豊かだと言うことは、裏を返せば自然の脅威と背中合わせです。
いつ大きな震災が、どこで起きてもおかしくない。

起きて欲しくはない震災。
しかし、いつどこで起きるかわからない。
そのことを胸に刻んで、日々の生活を送らなくてはいけませんね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:59 | Comment(0) | 私の思うこと

2020年01月16日

暖冬でも暖かい家にしたい

200116.jpg
【コタツの魅力は猫も同じ】

暖冬傾向とは言えやっぱり寒い。
ストーブ焚かなきゃ寒さ耐えられない訳で、仕事部屋もストーブを焚いています。

昨日話題にした新型コロナウイルスは、日本国内でも感染者が出てしまいましたね。
でも感染者は中国人。
今の所、人から人への感染は、あるとされながらも低いと言われている。
ただ、突然変異する可能性もあるので、注視しないといけません。

さて、比較的暖かい冬ですが、この気温だと奄美では極寒になる(笑)
私が子供の頃は、奄美の冬の寒さが、今の寒さと同じくらいに感じていた。
しかし現実には、寒くても10℃を切ることはなかった。
気温的に言えば、こちらの晩秋くらいです。

それでも奄美に住んでいた頃は、寒かったわけで、家ではコタツで温まっていました。
その頃はエアコンなんて無くて、温まるとしたらコタツか練炭炊くか。
お正月の頃は、練炭でお餅を焼いて食べた記憶があります。
でも、もっぱら暖を取るのはコタツでした。

コタツに入って寝転んでテレビ見て、いつの間にか寝てしまい、母親に起こされて布団へ。
そんなことは日常茶飯事でした(笑)
奄美の冬は気温的には暖かいけど、海風が強いので、体感的にはもっと寒く感じます。

コタツって本当に暖かいですよね。
昔はエアコンなんて無かったので、暖を取るならコタツ。
みんなコタツに入って、そこで話が盛り上がって家族団欒があった気がします。

我が家もコタツは無いので、コタツの魅力に惹かれるのですが、コタツがあるとそこから出られなくなるのも事実。
コタツの代わりにホットカーペットを活用していたけど、今年はホットカーペットもありません。
これまで使っていたホットカーペットが壊れたので、新しいものを買うつもりでいましたが、暖冬傾向なのでなんとかやり過ごそうかと思っています(笑)

一番良いのは床暖でしょうね。
やはり足元から温まるのが、一番温まります。
床暖ならホットカーペットも要らないし、コタツだって電気つけなくても良い。
知人で床暖の家に住んでいる人から聞くと、やはり快適らしい。

床暖と薪ストーブ。これが最高の理想の組み合わせですね。
しかしどちらも家の設計段階から導入を決めないと、なかなか難しい。
もし家を建てる機会があれば、ぜひ床暖と薪ストーブにしたい。
まぁ叶わぬ夢であろうと思うが(^^;)

今年は暖冬傾向なので、春も早く訪れるかな?
それとも後から寒さが来て、冬が長引くか?
何れにしても、春が待ち遠しい。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:54 | Comment(0) | 日記

2020年01月15日

SARSの再来にならないことを願う

200115.jpg

今年は暖冬ですが、それでもやはり寒いのに変わりはない。
今夜の剣道も寒かった。
MacBookPro持って行って、いつものように仕事しようとスタンバイ。
しかし、寒くて思考回路ストップ&手がかじかんで仕事ならんかった(^^;)

例年なら、この時期インフルエンザが猛威をふるって、学級閉鎖などが増える。
しかし今年は学級閉鎖の話をあまり聞かない。
インフルエンザも暖冬で活動を控えているのか?

ただ、お隣の中国では新型のウイルス性肺炎で死者が出ている模様。
人から人への感染も排除できないようで、ちょっと嫌な感じです。
これがアメリカやヨーロッパなど、民主主義国家ならまだ良い。
中国って情報捜査して、自国に不利な情報は、隠蔽しますからね。

2002年から2003年ごろに、SARS(重症急性呼吸器症候群)が発生した時も、情報をひた隠しにした。
そのため、被害が世界中に拡大。
日本も水際で食い止めるために、必死になっていたのを思い出します。

またあの時のように、情報を捜査して、自国内で起きていることを、なかったことにしようとするかも。
なんせ隠蔽が普通の国家ですからね。

加えて怖いのが、中国では春節(旧正月)の大型連休が始まること。
この時期は、中国内外で人の移動が多く、感染した人から人へと広がる危険性が高い。
中国から日本への観光旅行者も増えるだろう。
その中に、感染者がいる可能性も十分にある。

インフルエンザなら、ちゃんと受診して安静にしていれば良い。
しかし新型のウイルス性肺炎は、治療法も確定されていないでしょうから、どうしようもありません。
中国の発表では「人から人への感染リスクはやや低く、まだ明確な証拠も発見されていない。」との事。
でも、中国だから信用できない。
SARSの例があるだけに、ちょっと不気味な感じもしています。

まぁ未知のものを怯えても仕方ありません。
それよりも身近な、インフルエンザや風邪などに注意を払いたいと思います。
暖冬傾向の今年の冬ですが、きを緩めると体調を崩してしまう。
身体が資本なので、気を引き締めたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:53 | Comment(0) | 私の思うこと

2020年01月14日

さよならWindows7

200114.jpg

本日をもって終了です。

何の話かと言うと、Windows7のサポートが本日をもって終了するそうです。
残念ながら私はWindows持っていないので、何も関係ありません。
サポートが終了するとどうなるのか?
OSの修正アップデートが無くなる。

つまりはバグやウイルスなどに対応した、Windows7の修正が届かなくなる。
そうなるとどうなるか?ウイルスに感染するリスクが高まる。
また、アプリなどが対応しなくなる。

ここ数年でWindowsのパソコンを買った人は、ほぼほぼWindows10でしょう。
しかし10年ほど前に買った人は、Windows7のままって人もいると思う。
MicrosoftはOSのアップデートをずっと勧めてきたが、新しいOSにアップデートするには、パソコンのスペックが追いつかないことがほとんど。
つまりは買い替えを促すことになる。

これはWindowsだけに限った話じゃない。
Macだって10年も使っていれば、最新のOSなんぞ入れられない。
我が家のMacで使っている一番古いのは、9年前に買ったiMac。
こちらはもう最新のOSは入れられません。

仕事では使えないので、しばらくは嫁さんが使っていました。
しかし、昨年末に嫁さんも思い切ってMacBookProを購入したので、iMacを使う必要性は無くなった。
そこで、長女のお絵描き用として、今は長女の机に移動しています。

次に古いのが、私のMacProになります。
もう購入してから、5年近くになります。
購入してから5年ですが、2014年型なので、機器としては6年になる。
新しいMacProも発売されたので、Appleは古いMacProのサポートは終了する方向に進むでしょうね。

残念ながら仕事でパソコンを使うとなると、やはり5年周期で買い替えが必要。
特に私の仕事は、どんどん新しいアプリを使っていくので、Macもそれに合わせて変えていくしかない。
しかし新しく出たMacProはとても買えた値段じゃない(T_T)
もうちょっとスペックの低いMacPro出してよAppleさん。

まだ、あと2〜3年は今のMacProで頑張れると思うけど。
次のMacProのために、頑張って貯めないとダメですね。

話がすっかりWindowsからMacに変わってしまいました(笑)
Windows7のサポートが終了ってことで、買い替えを検討している人もいるんでしょうね。
話によると、Windows7に使い慣れた人は、Windows10は使いにくいようですね。
私も時々使う機会がありますが、Macに慣れている私には、Windowsそのものが使い慣れないので、使いづらいです。

今週の土日あたりは、電気量販店などは買い替えの人で溢れるのでしょうか?
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 21:19 | Comment(0) | 日記

2020年01月13日

息子の成人式

200113-1.jpg
【たくさんの新成人で賑わっていました】

今日は成人の日。
我が家も息子が成人式でした。
女の子なら、晴れ着を着たりして、準備が大変ですが、男の子は至ってシンプル。

朝も私に叩き起こされて、ようやく準備する息子。
スーツで行くので、準備もそんなにかからない。
車で会場まで送って行ったが、その前に同級生の家に立ち寄った。

小学生の時の同級生ですが、息子も会うのは7年ぶりくらい。
小学生時代に仲良くしていた同級生ですが、息子が中学は別の学校に行ったので、そのまま疎遠になっていた。
今年息子が年賀状を出したので、それから連絡を取り合ったらしい。

久しぶりに再会して、一緒に会場へと向かいました。
会場近くのコンビニの駐車場で、中学校の同級生と待ち合わせをしていて、皆で揃って会場へ向かって行きました。
12時前に「終わった」とメッセージが来たので、嫁さんと二人で迎えに行きました。

しかし会場は新成人で溢れかえっていて、どこに息子がいるのかわからない。
電話しても出ないので、きっと同級生と盛り上がっていたのだろう。
しばらく待っていたが、いつまで待っても息子を探せない。
再び電話して、ようやく繋がった。
中学校の同級生と一緒にいて、記念撮影して帰りました。

昨年の8月で二十歳になった息子。
もう酒も一緒に飲んでいるので、「成人」という意識はありますが、やはり成人式を迎えると改めて成人したんだなぁ〜と実感しますね。
そして今年の秋には就職するので、これからは社会人として歩み出すことになります。

小学校に入るまでは一人っ子で、私たちも初めての子供で、厳しくも可愛がってきた息子。
娘たちが産まれてからは、お兄ちゃんとして頑張った息子。
でも、たくさん反抗もして、中学時代はケンカの毎日。

進学して商船学校に入ってからは、あっという間に5年が経ちました。
いつの間にか大人の男に成長した息子。
20年の歳月は長かったようで、あっという間の歳月でした。

午後からは大阪の姉がやって来た。
本当は先週来る予定だったが、体調を崩してしまい、今日になった。
息子に最後のお年玉を渡し、成人式のお祝いにケーキまで持って来てくれました。

200113-2.jpg

夕方には鳥羽に帰るために電車に乗った息子。
帰る前に、いただいたケーキを食べさせました。
私たちも食後のデザートにいただきたいと思います。

祝!成人の日。
息子を含め、多くの若者が成人しました。
これから社会に出て、日本の未来を背負っていく若者たちです。
ぜひ頑張ってくださいね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 20:31 | Comment(0) | 日記

2020年01月12日

早朝寒稽古を頑張った次女

200112.jpg
【大勢の剣士の中で頑張りました】

今日は早起き。5時には起床しました。
自分の準備ができたら、次女を起こします。
今日は剣道の早朝寒稽古。

なかなか起きない次女を、何とか叩き起こして、ちょっと出遅れて道場へ。
何とか準備体操から合流する事が出来ました。
今日は大学主催の寒稽古です。
そのため、大学生だけでなく、大学OBやその関係者、知人なども各地から集まりました。

いつもなら広い道場は、剣士で埋め尽くされています。
さらに、付き添いできた保護者も多い。
道場に入るのもやっとでした。

2時間休憩も無しで恵子が続きました。
ほとんどが大学生以上の剣士の中、小学生もチラホラいます。
次女も大きな剣士に混じって、一生懸命稽古をしていました。

早朝寒稽古が終わったら、一旦家に帰り、朝ごはんを食べます。
そして1時間もしない内に再び道場へ。
今度はいつもの10時からの稽古です。

いつもなら居残り稽古もするのですが、流石に次女は疲れた様子。
それに今日は「鏡開き」という事で、先生がぜんざいを用意してくださいました。
子供達はもちろん、私たちもご馳走になりました。
ぜんざいを食べたら、すっかり気持ちは帰宅モード。
次女はさっさと防具をまとめて帰る準備をしていました(笑)

まぁ、早朝から頑張りましたからね。
再来週にも、別の道場の早朝寒稽古があります。
土日二日続けてですので、また早起きしないといけません。
次女も大変だけど、私も早起きは辛いのだ(^^;)

でも、頑張るしかないか。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 21:15 | Comment(0) | 日記

2020年01月11日

小学生もプログラミングを習う時代

200111.jpg

我が家は息子が習い事で剣道と英語を始めたのがきっかけで、長女も次女も同じように剣道と英語を習っています。
親としては、同じ習い事なので、あっち行ったりこっち行ったりしなくて済む。
これが3人ともバラバラの習い事だったら、きっと続かなかったと思う。

長女は中学生になっても英語に通っており、お陰で英語の成績はまだマシ。
他が絶望的(特に数学)ってのもありますが(笑)

その英語ですが、来年度から小学校でも必修科目になって来る。
次女は英語に通っているので、抵抗は無いと思うけど、学校の授業で英語が入るのは、やはり大変でしょうね。
子供も大変だけど、それ以上に教える先生が大変です。

中学校は教科ごとに先生が変わる。
しかし小学校は、すべて担任の先生が教える。音楽を除いては。
つまりは小学校の先生は、これから英語もできないといけないのです。

さらに大変なのは、英語だけでなくプログラミングも必修科目になる事。
英語なら、まだ中学校から習うから、多少はできる。
だって先生になるくらいだから、それなりの成績は取っているはず。
しかし、プログラミングなんて、これまで誰も習っていないもの。
それを子供達に教えなくてはならない。

ただでさえ学校の先生は仕事が多い。
勉強を教えるだけでなく、子供達のサポートもいるし、親との対応もいる。
モンスターペアレンツなんかに睨まれたら、その対応だけで仕事以上に披露する。

それなのに「働き方改革」と言われて、早く帰るように促される。
やっている事と、言っている事が矛盾しまくりなんです。
プログラミングの授業なんて、まずは先生方が、勉強しないとダメ。
そのシステムとかできているんだろうか?

きっとまた各市町村に丸投げなんでしょうね。
やる事だけ決めたら、現場に丸投げ。
うまく出来るところもあれば、躓くところも出て来ると思います。

そもそも文科省の役人が、プログラミングを理解出来ているのか?
それからして疑問です。
IT時代になって、AI化が進むから、プログラミングも子供の内から教えよう。ってなもんでしょうね。
子供は順応性が高いから、きっとスンナリと受け入れるでしょう。
問題は、やはり教える先生です。
その内、子供達が先生に教えている。なんてことも出てきそうです(笑)

次女も来年度から、英語とプログラミングを勉強することになるんでしょうね。
英語は習っているし、プログラミングは、小学生がやるようなものなら、私もわかるはず。
きっと学校で習ったものを、家でもやりたがると思う。
一緒になって夢中になってたりして(^^;)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 21:01 | Comment(0) | 日記

2020年01月10日

今年は暖冬

200110.jpg
【5年前の大雪】

今年は寒さがマシですね。
というかあまり寒くないです。
やっぱり暖冬のようですね。

寒さが苦手な私にとっては、ありがたいのだが、やはり冬は寒くないと冬らしくない。
寒い日に熱々のお鍋で温まったり、ゆっくりとお風呂で温まるのが冬。
でも、暖房費が節約できて良いかな(^^;)

でも意外と暖冬の年に、ドカ雪降ったりする事あるので、油断は禁物です。
寒さが厳しい冬って、寒いけど雪は降らない事が多い。
そして積もらない。

ここ数年、奈良盆地で積雪って記憶にない。
4〜5年くらい前に、大雪降った事あるけど、あれ以降まともに積もった記憶がない。
せっかく冬タイヤ履いているのに、発揮する機会がありません(笑)

毎年湯たんぽ使うのですが、今年は湯たんぽも使っていない。
このまま暖冬で寒くない冬のままなのかなぁ?
スキー場とか大変でしょうね。

暖冬とは言っても、やはりストーブは点けないと寒い。
今年は灯油代が高いので、ストーブもあまり使いたくない。
早めに春が来て欲しいですね。

とはいえ、冬には冬の楽しみがあります。
暖冬でも冬に楽しめるものは、楽しみましょう。
子供達にとっては、やはり雪が積もる事でしょうね。
雪積もらないかなぁ〜。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:21 | Comment(0) | 日記

2020年01月09日

椅子も新しくなった

200109.jpg
【右が以前の椅子で左が今回の椅子】

昨年末にニトリで買った椅子が昨日届いた。
夜遅くに一人で汗だくになって組み立てた。
お店で見た時は、それほど感じなかったが、部屋に置いてみるとデカイ!!

お店では広いスペースで見ているので、何も感じなかったが、仕事部屋に置くと物凄い存在感。
以前の椅子と比べると、まるでお偉いさんが座る椅子のように見える。
これまで使ってきた椅子が、あまりにボロっちいのもありますけどね。
もう20年以上使ってきた椅子ですから。

今まで使ってきた椅子は、お絵描き用の椅子として、液タブのところに移動。
今日は一日新しい椅子に座って仕事しましたが、いや〜快適でした。
一番はお尻が痛くならない(笑)
以前の椅子は、古くなった事もあり、クッションがほとんど無くて、長時間座っていると、お尻が痛かった。
これでようやく、お尻の痛さから解放される(笑)

今回買った椅子は、ニトリの椅子の中では、比較的高い方。
税抜きで23,000円ほどでした。
実際に座って見て、一番座り心地が良かった事。
そしてリクライニングが出来る事。
さらに足元にもクッションあって、出し入れ出来る事。

これらが購入の決め手になった。
リクライニングして、足元のクッションを出せば、完全に寝ることが出来る。
これまでも仕事中で休憩を取ったり、リラックスする時に、椅子の上で横になったりしていた。
でも、以前の椅子はリクライニング出来なかったので、キツかった。

気をつけなくちゃいけないのは、本当に快適なので、寝てしまう事(笑)
休憩と思って、横になって足まで伸ばしたら、完全に寝てしまうだろう。
寝不足や体調不良の時など、仮眠を取る事も稀にある。
そんな時には、完全に寝る体制でリラックスできるので良いですね。

さぁ、椅子も新しくなりました。
気持ちも新たに、今年もガンガン仕事しよう。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:54 | Comment(0) | 日記

2020年01月08日

残念な記者会見でした

200108.jpg
【写真は産経ニュースWeb版から】

今日は本当に嵐のような1日でした。
朝は雨、雨が止んで晴れてきたと思ったら、次は暴風。
暴風の中、車運転していて、何度もハンドルを取られそうになりました。
気温も上昇して、冬なのに春の嵐みたいでした。

そんな嵐の日本ですが、夜には多くの人がテレビにかじりついていたのでは?
年末に日本から逃亡したゴーン被告が、レバノンで記者会見を開きました。
自身の潔白の表明。
さらには、日本政府の中にも、日産と協力してクーデターを起こした人物がいるとの事で、その人物も公表すると言っていました。

興味津々で記者会見を見ていましたが、途中でアホらしくなって見るのをやめた。
結局は日本の司法の悪口、検察の悪口、日産幹部の悪口。
自身にかけられた疑いを晴らす証拠もなければ、ただただ自己弁護ばかり。
日本政府関係者の名前も出さない。
後でネットニュースなどでも読みましたが、結局は自己弁護と批判だけのようですね。

ダラダラと続く日本批判と自己弁護に、何が言いたいのかサッパリ分からない会見。
その会見も、自分が招待したメディアばかり。
つまりは、自分が好きなようにものを言える舞台での、「自分は潔白」のPR。
日本のメディアは入れていない。

そんな状態で、ゴーン被告に鋭い質問が出るわけもなく、これで身の潔白を表明したと言えるのか?
結局ただただ逃げたかっただけのような印象しか残りません。
本当に身の潔白を表明するのなら、正々堂々検察と戦って、裁判で無罪を勝ち取れば良い話。
逃げ出したと言うことは、罪を認めたのと同じと思われても仕方ありません。

ゴーン被告はレバノンに逃れたことで、自由になったと思っているのでしょうが、日本で逮捕されて裁判もせずに逃げたことは一生付きまといます。
皆が納得できるような身の潔白を表明できたのなら、理解者も増えたと思う。
今日の会見を見る限り、疑惑が深まっただけです。
そして「逃亡者」としての十字架を一生背負って生きなければならないのです。

人は一度逃げ出すと、どんどん逃げる人生になる。
辛かったら逃げたら良いのですから。
辛くても苦しくても戦ってこそ、本当の幸せがあるのだと思います。
最初から戦いもせずに、逃げてばかりでは、本当の幸せは見つかりません。

よく「頑張らなくてもいい」とか「逃げ出してもいい」とか、そんな言葉を聞きます。
精神的に自分を追い詰めてまで頑張らなくてもいい。と言う意味だと思います。
でも、私はあまり好きな言葉ではありません。
この言葉を使うのは、本当に頑張っている人や、戦っている人に向けての言葉だと思います。

どんなに頑張っても、どんなに戦っても、うまくいかない人生もある。
そんな時には、頑張らなくても、逃げ出しても別の道もある。
最初から逃げ出してしまうのは、ただの弱虫です。

ゴーン被告の最大の過ちは、戦わずして逃げたこと。
批判をするのなら、同じ土俵に上がって戦うべきだったのです。
戦わずして土俵の外から批判したって、単なる言い訳にしか聞こえない。

カリスマ経営者として名声を得た人物だけに、本当に残念な会見でした。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:51 | Comment(0) | 私の思うこと

2020年01月07日

気になる世界の動き

200107.jpg

新年が明けておめでたい気持ちでしたが、今年は年末から年始にかけて、嫌なニュースが多い。
まずは年末にゴーン被告が日本から逃亡。
レバノンに逃げていたことがわかった。

どんなに自分を正当化しても、逃げたのでは話にならない。
ゴーン被告は、完全に日本を敵に回して、自分の正当性を訴えるつもりのようです。
でも、逃亡した人間の言う事なんて、誰も信じないと思うのですが。

明日レバノンで記者会見を開くそうです。
まぁ自分に都合の良いことしか言わないと思いますが。

それよりも気になるのが、アメリカとイランの対立です。
報復に次ぐ報復で、どんどんエスカレートしています。
このまま軍事衝突にならない事を願うばかりです。

アメリカとイランの対立激化で、影が薄くなりましたが、北朝鮮の動きも気になります。
年末までにアメリカからなんらかの回答があると思っていたのでしょうが、イランとの対立でそれどころでは無くなってきた。
年末年始にかけての北朝鮮の動きも、例年とは異なる動きのようです。
世界がもの凄い勢いで、動き出しているような気がします。

良い方向に動いてくれれば良いのですが、どうもきな臭い方向に動いている。
今年はオリンピックイヤーなので、争い事なく平和な一年であってほしい。
そんな願いとは裏腹に、世界が回っている気がしてならない。

新年早々、嫌なニュースが多いが、しっかり前を向いて行きましょう。
そして明日はお天気が大荒れだと言う事です。
春の嵐のような天気になるとの事なので、皆さん気をつけましょう。

世界は大きく動いているけど、私は私の仕事を頑張るしかないのだ。
明日も頑張るぞ。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:53 | Comment(0) | 私の思うこと

2020年01月06日

通い慣れた道も残り僅か

200106.jpg
【この道を走るのもあと僅か】

本日より仕事始め。
やるべき事はたくさんあって、あっという間に1日が終わった。
今年も忙しい一年になるのでしょうね。

今日は17時には仕事を終えて、子供達を乗せて嫁さんを迎えに行く。
そしてその足で、そのまま鳥羽へ。
今日は息子が鳥羽に戻る日。

2週間の冬休みを終えて、息子も明日から学校です。
でも来週には成人式で、また帰って来ます。
そしてその一月後には春休みに入ります。
その時にまた迎えに行かなくてはなりません。

来月迎えに行く時は、そのまま寮を退寮します。
春休みに入って、春休みが終わったら、通常であれば卒業。
同じ学年の他の学科は3月で卒業します。

しかし、息子たちの商船学科は半年間の航海訓練が残っている。
4月から再び航海訓練があり、約半年間船で実習します。
それが終われば卒業。

つまりは次学校に来る時は、卒業式になる。
春休みに入る時には、寮を出る事になるのです。
5年前に、期待と不安の中、15歳で入った寮。
本人も不安だったと思いますが、私たちも心配していたのは確か。
あっという間に5年が過ぎ去った。

息子を寮まで送った帰り道。
嫁さんと、「この道のりもあと2回やなぁ〜」と感慨深く話していました。
長期休暇の送迎や、年に2回行われる懇談会。
1年に8回ほど鳥羽まで車を走らせたのも、もう終わりが近づいています。

入学した日のことを、昨日のように鮮明に覚えているのに、もうすぐ卒業を迎えるのがとても不思議です。
息子には残り少ない寮生活を堪能してほしいと思います。
上下関係が厳しい寮だったからこそ、息子も大きく成長出来たと思う。

そして最後の航海訓練を頑張って、無事に卒業・就職してほしいです。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:46 | Comment(0) | 日記

2020年01月05日

おせちとマッサージの日

200105.jpg
【今年も美味しくいただきました】

今日は5日で日曜日。
いつもなら剣道の稽古ですが、今日まで休み。
剣道の稽古は8日からです。

今日から3日間、天理教教会本部にて、おせちが振舞われます。
おせちと言っても、いわゆる一般的なお節料理ではなく、餅と水菜と出汁だけのシンプルなもの。
しかしこれが美味いのだ。

明日から嫁さんも私も仕事。
さらには息子は明日帰るので、行くなら今日。
しかし日曜日だから絶対に混んでいる。
でも、今日しかないので、息子以外は行きました。
息子は友達と遊ぶ約束をしていた。

覚悟はしていたが、予想以上の人の多さ。
毎年並びますが、例年の2倍以上の列でした。
例年なら30分ほどで入れますが、今日は1時間以上並びました。
でも、並んだ分だけ美味しかったです。
ごちそうさまでした(^人^)

そして私は夕方からマッサージへ行きました。
実は大晦日に、スーパー銭湯でマッサージを受けるつもりだった。
ところが、もう予約でいっぱいで、マッサージは出来なかった。
「今年の疲れを今年の内に」と思っていたのですが、出来ませんでした。

そこで本日、家から車で2〜3分のところにある、チェーン店のマッサージ屋さんに行きました。
チェーン店で安いので、正直あまり期待はしていなかった。
少しでも楽になれば・・・くらいの気持ちでした。

しかし、意外と良かったです。
店内も完全個室で、雰囲気も良いし、リラックスしてマッサージを受けることが出来ました。
90分たっぷりと全身マッサージをしてもらって、だいぶ楽になりました。
会員カードももらったので、また辛くなったら行きたいと思います。

体の疲れ(特に肩)がだいぶ楽になったので、明日の仕事始めから全力でスタートします。
そして夕方からは息子を送っていかなくてはなりません。
往復4時間のドライブに備えたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 20:11 | Comment(0) | 日記

2020年01月04日

仕事部屋片付け&棚作りDIY

200104.jpg
【作業スペースが広がった】

今日から仕事始め。と思いましたが、やっぱり仕事部屋片付けから(笑)
年末に完全には終わらなかった大掃除。
引き続き、仕事部屋の片付けを行いました。

Macの掃除も出来ていなかったので、Macの電源を落として内部も掃除。
もっとホコリだらけかと思いましたが、意外とホコリ溜まっていませんでした。
キーボードも汚れを拭き取りました。

引き続き横の作業机も片付け開始。
Macの机の横には、作業用の机が設置されています。
元々は絵を描いたり工作をする作業台として作りました。
しかし、いつの間にか物置き場に。

今日は作業机の片付けをして、要らないものはどんどん処分。
昨年の前半に断捨離を行い、かなり不要な物を捨てたつもりでした。
しかしまだまだ不要な物が溜まっていました。
今日はかなり断捨離できた気がします。

でも、まだまだ不要な物はあると思う。
これからも少しずつ断捨離をしていこう。

今日は作業台を本来の作業台として復活させるために、作業台の上に棚を作りました。
後半は片付けからDIYに変更(笑)
でも、おかげで作業台の上にあった書類などが、棚の上に移動することができました。
作業スペースが出来て、これから色々と作業できる環境となりました。

昨年買ったレジンの道具も、棚にしまったままだったので、左側はレジン製作コーナーに。
右側はいろんな作業スペースとして、いずれはここで革製品も制作したいです。
ただ足元には、まだまだ物が散乱しています。
足元もボチボチ片付けていきたいと思います。

今年の目標は、仕事は仕事時間内に終わらせる。
夜の時間に仕事をせずに、作品創作時間に当てたい。
そのためにも、作業台は常に作業できる状態に。
整理整頓に努めたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:51 | Comment(0) | 日記

2020年01月03日

アナと雪の女王2を観てきた

200103.jpg

今日は昨日とは違い、家族それぞれに楽しんだ一日。
息子は友達と遊びに、そして長女もクラスメイトと映画を観に、イオンモールアルルへ。
そこで残った次女を連れて、私たちも映画を観に行く事にしました。

映画は「アナと雪の女王2」です。
午前中のうちに、ネットでチケットを予約しました。
長女は年末に、これまたイオンモールアルルで、アナ雪2を観ています。
今日はヒロアカ(僕らのヒーローアカデミー)を観に行きました。

次女だけがいつも取り残されてしまうので、今日は次女と3人で郡山イオンモールで映画を観ることにしました。
それを知った次女は、朝からワクワクが止まらない。
昨夜寝たのが遅かったにも関わらず、朝早くから起きてきて「いつ観に行くの?」を連呼。
「お昼ご飯食べてからだよ」と言うと、「早くお昼ぎはん食べよう」と言いだす(笑)

お昼ご飯を済ませて、郡山イオンモールへ。
意外に空いていて、駐車場もすぐに入れた。
予約していたチケットを出力して、ポップコーンと飲み物買って劇場へ。

内容はネタバレになるので書きませんが、とても良かったです。
相変わらず映像は綺麗だし、ストーリーも良かった。
オラフは声優が変わりましたが、違和感はありませんでした。

満足して帰りましたが、次女にはもう一つの楽しみが。
それは鬼滅の刃の漫画。
年末にサンタさんから、漫画をプレゼントされて、続けて他の巻も読みたくなった。
最初は郡山イオンモール内の本屋さんへ。

ところが全巻売り切れで、コーナーには1冊も漫画が無い。
仕方ないので、一旦帰ってきて、近くのスーパーBIG内の本屋さんへ。
こちらには、数冊残っていて、持っていない巻が2つあったので、2冊購入して帰りました。
やっぱり凄い人気ですね。

私はレザークラフトの本を買って帰りました。
昨日、嫁さんが買ったレザークラフト体験キットを、午前中で作り終えた。
やっぱりもう少し本格的に作ってみたい。
まずは知識を叩き込むために、本を買いました。
自分のカバンとか作ってみたいです。

夜はみんなが楽しみにしていたすき焼き。
実は年末に、北海道から士幌牛が届いていた。
本当は元日の夜に食べる予定でしたが、息子が頭痛で寝込んでしまい延期。
昨夜は大阪行きで、帰りが遅くなり延期。

ようやく本日いただきました。
いや〜美味しかった〜。
みんな大満足です。
北海道のジジ・ババに感謝です。

さて、お正月三が日も終わり。
明日は土曜日ですが、少し仕事始めしたいと思います。
まずは部屋の片付けからかな(笑)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:46 | Comment(0) | 音楽/映画

2020年01月02日

お正月二日目-大阪へ初売り-

200102.jpg
【いつ行ってもワクワクする東急ハンズ】

お正月二日目。
今日は家族で大阪まで初売りへ。
私も久々の大阪です。

出かけたのがお昼過ぎだったので、大阪に着いた時には13時過ぎ。
お腹ペコペコだったので、まずはお昼ご飯。
しかし、さすがはお正月。
どこのお店も長蛇の列。

並んでいたら、おそらく1時間は待たなくてはいけない。
そこで簡単に済ませるために、マクドナルドへ。
でもマクドナルドもいっぱい。
ようやく空いた席をゲットして、お昼ご飯を食べました。

まずはグランフロントにある無印良品へ。
無印良品はいつも行っていますが、店舗の大きさが桁違い。
日頃見ない商品もあり、色々と見て回りました。

続いてヨドバシカメラへ。
こちらは毎年来ていますが、相変わらず人でいっぱいです。
私がまず向かったのがAppleコーナー。
それはMacProを見たかったから。

1台だけMacProが展示されていましたが、残念ながら展示だけ。
ディスプレイも無くて、実際の作動は体験出来ませんでした。
しかしチーズ削り器とも、大根おろしとも言われる、あのデザインは実際に触れる事が出来ました。
最初見た時は違和感あったけど、だいぶ見慣れてきた(笑)

続いてペンタブコーナーへ。
私は液晶タブレットを持っていますが、息子と長女は板タブです。
液タブでいろんな絵を描いていました。
そして次女も板タブを使って、色々とお絵かきしていました。
我が家の子供達は、みんな絵を描くのが好きです。

嫁さんもなにやら描いていました。
よく見るとネズミです。
子年なので、ネズミを描いているのだと思ったのですが、衝撃の一言が。
「これうさぎだよ!!」

絵を見ていた私と息子は思わず爆笑。
いやどう見たってちょっと耳の長いネズミだ(笑)
大笑いしたら喉が渇いたので、スタバでブレイクタイム。

最後は東急ハンズでお買い物。
東急ハンズに来ると、いろんなものがあって、本当に目移りします。
今日もレジン用のパーツや、革製品の製作キットなど、目移りしましたが、我慢しました(笑)

でも、嫁さんが革製の定期入れが欲しくて、キットがあったので買いました。
最初から全て揃っていて、簡単に作れるキットのようです。
それを私に作ってほしいとのことで買いました。
これをやったら、私はハマるかも知れません。

以前から革製品には興味がありました。
自分で小物入れ作ったり、頑張ったらカバンなんかも作れます。
ハマっちゃうかもな〜(笑)

子供達もそれぞれにほしいものを買いましたが、次女だけは鬼滅の刃のガチャガチャをやっただけ。
主人公の炭治郎が出てきて喜んでいました。
もらったお年玉で、買い物をしても良いと伝えていますが、本人は鬼滅の刃の漫画を買いたいみたいです。

人でごった返す大阪で、ぐったり疲れましたが、家族で楽しい買い物ができました。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:52 | Comment(0) | 日記

2020年01月01日

あけましておめでとうございます

200101.jpg
【今年も元旦稽古】

昨夜は年越しの瞬間まで、全員が起きていた我が家。
紅白を楽しみながら、次女も最後まで起きていました。
紅白には娘たちが大好きな「鬼滅の刃」の主題歌を歌っているLiSAが登場し、興奮しながら観ていました。

また、私と嫁さんはKingGnuやOfficial髭男dismが出たので、見入っていました。
実は歌っている姿を、まともに観たのは、今回が初めてでした。

紅白が終わった後は、さすがに次女に眠気が襲ってきましたが、長女に励まされながら、なんとか年越し。
その後、すぐにみんな布団に入りました(笑)

今朝は、みんなゆっくり目の起床で、朝は奄美の三献(さんごん)と呼ばれる二つのお吸い物とお刺身で朝食。
お昼前に天理教教会本部に参拝して来ました。
お昼は軽く餅などを食べて、剣道の元旦稽古へ。

しかし、息子が朝から「頭が痛い」と言っており、結局息子を残して稽古へ。
長女と次女は、元日からしっかり稽古をしました。
今年も一年、しっかりと頑張ってほしいと思います。

帰ってきたら、子供達にお年玉を渡します。
親からはありませんが、奄美のおばあちゃん、おばちゃん、北海道のおじいちゃん・おばあちゃん、そして東京のおじちゃんからのお年玉。
息子はまだ布団の中なので、渡せていませんが、娘二人は「いくら入っているかな?」と中身を見ては笑みを浮かべていました。

息子の体調不良というハプニングに見舞われた元日。
ちょっと予定が狂ってしまったものもありますが、のんびりと過ごした元日でした。
明日には息子の体調不良も回復していると良いのですが。

今年も色々と忙しくなりそうですが、頑張りたいと思います。
今年もよろしくお願いいたします。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 19:44 | Comment(0) | 日記