2019年10月29日

認めて欲しいお年頃

191029.jpg
【次女の作文】

今日は次女の授業参観の日。
しかし朝から雨。
なんか授業参観の日って、結構雨の日が多い。

ちょっと憂鬱でしたが、昼過ぎには雨も上がりました。
まだどんよりとした曇り空でしたが、自転車で学校へと向かいました。
今日の授業参観は道徳の時間。

次女は私の姿を見つけるなり、ニタニタしながらこちらを見ている。
私も思わず「前向け」とジェスチャーしました。
毎回授業参観に顔を出していますが、それでもやはり親が来るのは嬉しいんでしょうね。

最近次女は「認めて欲しい願望」がとても強くなっています。
とにかく自分を認めて欲しい。
何かあると「◯◯◯(←自分の名前)頑張ったでしょ!?」と同意を求めてくる。
そして「◯◯◯可愛い!?」「◯◯◯の事好き!?」と聞いてくる。

しかし私よりも、お母さんに対して、特に認めて欲しいようである。
我が家の子供達の、皆通ってきた道。
とにかくお母さんに甘えたい。

普通の家庭と違って、家にいるのがお父さんで、お母さんは夜にならないと帰ってこない。
だから我が家の子供達は、とにかく母の愛に飢えている。
息子も長女も、一度は通った道なのです。

そこに加えて次女は末っ子という、さらに輪をかけた甘えっぷり。
でも最近は、甘えることにも、ちょっと照れ臭さが出てきている感がある。
素直に甘えたいけど、ちょっと強がって見せたり。
甘えん坊だと思われるのが、少し恥ずかしくなっているのかも。

今日も学校の放送で読んだという作文を持って帰ってきた。
数日前から「選ばれた作文を、学校の放送で読むの。」と言っていた。
そして本日読み終えたみたいで、その作文を持って帰ってきた。

嫁さんが「見せてよ」と言うが、恥ずかしがってなかなか見せない。
そこで私も「見たいなぁ〜」と言うと、ようやく持ってきた。
しかし見せない。自分で読み始めた(笑)
読み終えて、お母さんに褒められて、鼻の下を伸ばして喜ぶ単純な次女。

私からも「綺麗に書けてるやん。やればできるな。」と褒められて、またまた鼻の下を伸ばす。
おだてられるとすぐその気になる単純な性格。
でも自分のペースで事が進まないと、へそを曲げてしまう。
本当にわがままマイペースな次女。

時々、友達と上手くやっているのか?と思う事がある。
次女の性格をわかって、友達も付き合っていると思うのだが、親でも「めんどくせ〜性格」と思う事がある。
だから、時々友達ともぶつかる事があると思う。
めんどくさいけど、許せてしまうのが、また次女の特徴。
そんな感じで、友達とも付き合っているのかも知れません。

楽しく学校行けているようなので、今のところは何も心配はない。
あるとしたら勉強がついていけてるか・・・です(笑)
まぁ楽しく学校行ける事が、一番ですけどね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:30 | Comment(0) | 日記