2019年10月13日

無地に剣道大会終了

191013.jpg
【精一杯頑張りました】

心配していた台風の後遺症もなく、警報も全て解除になりました。
予定通り行われた剣道大会。
昨夜の準備も無駄にならなくて済みました。

今年は剣道連盟の体勢が変わったこともあり、色々と不安の中での大会でした。
しかし、高校生・大学生が大勢お手伝いに来てくれて助かりました。
また、父母会のOBからもお手伝いに来てくれて、頼もしかったです。

今年は保護者が時計係や掲示係をしなくても済んだので、とても助かりました。
時計係はまだ良いけど、やはり掲示係とかは、剣道の試合に慣れている学生さんの方が良い。
決まり手が何だったのか、わからないこともありますからね。
今年の大会は、試合場の時計&掲示・記録、全て学生さんが行ってくれたので、本当にスムーズでした。

試合の方もいつもより1時間ほど早く終わりました。
実は明日も大きな大会があり、そこに参加するために、今回の大会を見送った道場もあるようです。
また、中学生は中間試験が近いこともあり、いつもよりも参加人数が少なかった。
開催時期をずらしたいところですが、そうなるとまた別に支障が出るところもあり、なかなか難しい問題です。

試合の方は、小学生がA・Bチーム出場。
中学生が男女1名ずつ。
女子は我が家の長女、男子が同じ歳の男の子。
昨年まで、一緒にクラブで頑張っていた子です。

中学生の方は、二人とも残念ながら1回戦負けでした。
長女は足が全く出ていない。
稽古不足もあるけど、気持ちが前に出ていませんね。
稽古に行っても、中学生女子が全くいないので、なかなかやる気が起きないのかも知れません。

小学生の方はBチームから試合が始まりました。
しかし、対戦相手は優勝候補。
それでも当たって砕けろの精神で、みんな試合に臨みました。
そして砕けました(笑)
やはり相手は強い、そして準優勝しました。

Aチームの方に次女が出させていただきました。
今回も副将で出場。
1回戦、先方の4年生の男子が幸先よく1本勝ち。
続く次鋒も同じ4年生の男子。

ところがいきなり面を決められて1本。
しかし、負けじとこちらも面を決め並んだ。
「勝負」で再び面を決めて勝利。

続く中堅は6年生男子のキャプテン。
頑張ったが、惜しくも敗れてしまった。

そして次女の登場。
まだ3年生なので、負けても仕方ないと思いましたが、1本勝ちを決めてくれました。
この時点で、我がチームの勝利が決定。
続く6年生女子の大将も2本勝ちで、2回戦に駒を進めました。

2回戦はなかなかの強豪です。
しかし、気持ちで負けていてはいけません。
みんな気合いを入れて臨みました。

だが、先方から中堅まで、皆敗れてしまった。
この時点で負けは決定。
それでも次女は頑張って引き分けました。
相手はかなり強かったけど、次女も頑張りました。
最後は大将が、一矢報いて2本勝ちを決めてくれました。

敗れたけれど、試合内容はそんなに悪くなかった。
そして我がチームに勝利したチームは、準決勝まで進み、3位に入賞しました。

疲れたけれど、みんなの頑張りが次の試合につながることと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 20:27 | Comment(0) | 日記