2019年10月03日

小学校の運動会の2つの謎

191003.jpg
【別々に引っ張る綱引き】
2日続けての運動会ネタ。

今日は長女の中学校の運動会でした。
小学校は土曜日に運動会しますが、中学校は平日なんですよね。
昨日のT学園も水曜日の開催。
それでも多くの保護者が見に来ていた。

余裕があれば、ちょっと覗きに行っても良かったけど、もうこれ以上仕事の時間取られるのは勘弁(^^;)
中学校の体育祭って、保護者向けというよりも、競技大会って感じです。
昨日のT学園も、どちらかと言うと、生徒たちが楽しむ体育祭という感じでした。

夕方帰ってきた長女に「どうだった?」と聞くと「2位だった」と笑顔で答えました。
それなりに楽しんで来たようです。
今週の土曜日には、次女の小学校の運動会があるので、それまでは仕事に集中したいと思います。

小学校も息子が入学してから、長女そして次女と運動会に参加しています。
もう14年間ほどお世話になっている。
次女が卒業するまで、もう少しお世話になることになります。

ただ小学校の運動会で、今だに慣れない事が2つあります。
1つ目は準備体操。
通常、準備運動ってラジオ体操だと思う。
しかし、小学校独自の体操があるのだ。

最初は「これは一体なんの体操だ!?」と驚きを隠せませんでした。
なんでこの体操なのか?今だに謎です。
ラジオ体操をしないので、中学校に入った時に、娘たちの卒業生はラジオ体操が出来ない子が多い。

2つ目は綱引き。
通常綱引きは「よ〜いドン」で、一気に綱を引きあう。
そして自分たちの陣地に引き寄せた方が勝利。
コツとしては、引っ張るタイミングをいかに合わせて、より大きなパワーを生み出すかです。

しかし、この綱引きがまた独特。
同時に引っ張らないのです。
先手・後手に分かれて引く。
先手が先に引き、後手が引っ張られないように耐える。
次に交代で、後手が引っ張り、先手が耐える。

これも最初見た時は「なんじゃこの綱引き!?」とビックリしました。
この綱引きが娘の小学校だけなのか?
それとも市内の小学校がみんなそうなのか?
なんでこんな引き方なのか?謎です。

今週の土曜日の運動会も、この二つの謎を体験することになります(笑)
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:55 | Comment(0) | 日記