2019年08月27日

壊れゆく韓国という国

190827.jpg

もうね、呆れて何もいうことはないですね。

北海道帰省中に、韓国が日本との軍事情報包括保護協定(GSOMIA)を破棄したとのニュースがありました。
8/2に日本が韓国をホワイト国から外すことが決まって以降、韓国は日本に対して撤回を求めています。
しかし、日本はもちろん撤回などしません。

そもそも、ホワイト国から外れた事で、輸入ができなくなるわけではなく、ちゃんと手続きをすれば問題なく輸入できる。
それなのに、まるで日本が輸出制限をしているような受け取り方をしているのは韓国。
そしてそれが徴用工問題の制裁だと思い込んでいる。

韓国がこれだけ騒ぐのは、日本という国を見下しているからだと思います。
スポーツでも文化でもそうですが、とにかく日本に敵対意識を持って、日本を叩きのめすことだけに全力を注ぐ。
プライドだけはとても高くて、「自分たちは日本よりも上だ」という意識が非常に強い。

ホワイト国から外れた事による輸入の問題ではなく、ホワイト国から日本が外した行為そのものが許されないのだと思う。
日本に対しては、何をやってもどんな無礼を働いても、全く気にもしないけど、自分たちが何かをされたら途端に目の色を変えて批判をする。
人間関係でもいますよね、こんなめんどくさい人。

人の批判や悪口は大好きだけど、自分が批判されたり悪口を言われた途端に、目の色を変えて怒る人。
そんな人はみんな上辺だけの付き合いで、心の底から信用される事はありません。
今の韓国って、まさにそんなめんどくさい人(国)になっていると思います。

だから多くの日本国民が、「もう韓国は相手にしなくても良いのでは?」と思っている気がする。
韓国という国の、本当にめんどくささがわかったと思う。
でも、そうさせてしまったのには、日本にも問題があった。

敗戦後の日本は、とにかく他国に頭を下げ、文句の一つも言わず「遺憾の意」だけでやり過ごして来た。
だからこそ韓国も日本を見下すようになった。
「日本は何をしても起こらない」「日本には何をしても良い」
そんな感情が反日教育と共に育っていったのだろう。

そのなりの果てが、今の韓国です。
やっている事は、完全に就学前のわがまま幼児と同じ。
自分たちは全て正しくて、悪いのは全て日本。
そんな意識がゴリゴリに固まって、引くに引けない状態になっている。

そんな国と、まともに付き合えるわけがありません。
ここで日本が引いたら、ますます韓国はおかしくなって行く。
毅然とした態度で韓国と接し、言うべき事は言うのが大事です。
それが本当の親友というもの。

韓国の中にも、「これはおかしい」と気づいている人もいると思います。
しかしそんな事を口に出せない雰囲気が蔓延しているのでしょう。
ずっと「日本は敵」と反日教育で教わって来た。
自国の歴史も歪曲されたものを教わって来た。

今回の日韓関係悪化をきっかけに、本当の自国の歴史を学んで欲しいと思います。
本当の自分の姿を見て、それを受け入れて、そこから本当の韓国の国づくりが始まると思います。
そしてそれは日本にも言える事。
敗戦後に刷り込まれた「日本は戦争をした悪い国」という思い込みを捨て去らなければなりません。

日本は何のために戦い、敗戦によって何を失ったのか?
我々日本人、日本国の成すべき事は何なのか?
しっかりと考える時期に来ていると思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:41 | Comment(0) | 私の思うこと