2019年06月21日

雷雨の誕生日

190621.jpg
【息子からのプレゼント】

今日は私の生まれた日でした。
早いなぁ〜もう53回も誕生日を迎えたことになるのか。
この歳になると、嬉しいよりも「また一つ歳とった」って悲壮感が強くなる(笑)

とは言え、誕生日を祝っていただくことは嬉しいことで。
Facebookでも多くの方から、誕生日お祝いのメッセージをいただきました。
後ほど、お返事書きたいと思います。

午前中に荷物が届いたので、てっきりAmazonで注文した書籍が届いたと思って、袋開けて目が点。
なぜかTシャツが入っていた。開けてすぐに「え!配送間違い!?」と思って宛先ラベルを見た。
送って来たのは息子だった。
すぐにこれが誕生日プレゼントだとわかった。

黒のTシャツにバックプリントで、デカデカと「燃料は酒」(笑)
思わず笑ってしまった。
面白いので使わせてもらいます。

本日は、午後から仕事の打ち合わせに出ていて、帰って来たのは18時過ぎでした。
出かけたのがお昼過ぎ。
学園前なので、車で片道40〜50分はかかる。

打ち合わせ中に電話が鳴った。
バイブにしていたので、正確には電話が震えた(笑)
かけて来たのは奄美の母だった。
私の誕生日を思い出して電話して来たようだ。

しかし打ち合わせ中なので、帰ってから電話することを伝えて切った。
すると今度は嫁さんからメッセージ。
「洗濯物取り込めないよね?」とメッセージ。
もちろん出かけているので無理。

なぜかと思って天気アプリで雨雲チェックすると、物凄い雷雨の模様。
離れているのでどれだけ降っているのかわからないが、真っ赤になっているので、相当降っているはず。
次女が帰って来ているようですが、雷も凄くて怖がっているようでした。
しかし、帰る事は出来ない。

すると今度は見知らぬ番号で電話がかかって来た。
電話に出ると、なぜか電話の主は長女。
なんでも下校途中で大雨になって、ケーズデンキで雨宿りをしているらしい。

そこに隣町の女性の方が気にかけて声をかけて来たようだ。
私に迎えに来てもらおうと思って、電話を貸してもらってかけて来た。
しかし、迎えに行けない。

雨が上がるまで待つように伝えて電話を切った。
すると10分ほどして、今度は自宅の番号から電話。
再び長女だった。

声をかけてくれた女性の方が、車で家まで送ってくれたらしい。
でも自転車はケーズデンキに置いたままとの事。
とりあえず18時には帰るので、それから取りに行く事で電話を切った。

いやはや、なんという誕生日(笑)
さすが「雨男」ならぬ「嵐を呼ぶ男」です。
誕生日にこんな大荒れの天気になるとは。

私が帰る時間帯になると、長女を足止めにした雨が、ちょうどやって来た。
傘を持っていなかったので、駐車場まで雨に濡れて走った。
バイキング小峠風に叫びたい。
「なんて日だ!!」

でも、たくさんのメッセージをもらい、息子からもプレゼントをもらい。
母からも電話が来て、何よりも困っている長女に声をかけて、助けてくれた方がいた。
雷雨が無ければそんな出来事もなかっただろう。
そう考えると、素晴らしい誕生日です。

帰って来てから、長女を送ってくださった方に、お礼の電話を入れさせていただきました。
困っている時に手を差し伸べていただけて、本当にありがたいです。
暖かい心が、私へのプレゼントとなりました。

明日も明後日も剣道の錬成会と試合があるので、今週はゆっくりできません。
それに来週には息子が帰省するので、誕生パーティーは来週に持ち越しです。
また一つ、歳を重ねましたが、これからももっと頑張りたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 20:57 | Comment(0) | 日記