2019年06月19日

山形・新潟地震で感じたこと

190619.jpg
【写真は産経ニュースWeb版から】

昨夜は突然の津波注意報にビックリしました。
地震速報よりも、津波注意報を先に見たので、「一体何があった?」とわけわからん状態になった。
その後、地震があったことを知った。

偶然にも一年前に大阪北部地震があった日。
同じ日に地震が起きるなんて、ちょっと不気味ですね。
一夜明けて、幸いにも死者の情報は出てきていません。
まだ安心はできませんが。

ここ数年の間に、震度6の地震が頻繁に起きている。
昨年も大阪北部と北海道。
その前には、熊本地震もあったし鳥取でも大きな地震があった。
もう日本のどこで大地震が起きてもおかしくないですね。

地震だけでなく、それに続く津波が一番の心配です。
特に南海トラフは「必ず来る」と言われているだけに心配です。
日本は四方を海で囲まれた国。
津波は覚悟しておかなければならない。

東日本大震災では、津波の恐怖が多くのカメラにおさめられた。
多くの人がスマホを持ち、そのスマホで撮影された映像。
津波の威力と恐怖がたくさんのカメラによって映された。

今回の地震では、津波注意報で予想も1mだった。
幸いにして津波が到着したところも、数十センチ程度の潮位だったようです。
しかし、あの東日本大震災の教訓があるので、テレビではずっと避難を叫んでいた。

テレビを見ていて違和感を感じたのが、テレビでは「避難してください。海には近づかないでください。」と呼びかけていて、その画面は海岸沿いを写している。
その海岸沿いを車が何台も走り、時に人がのんびりと歩いている。
まるで別世界のことのように感じた。

津波注意報で、津波も1mという予測を見て、「大丈夫だろう」と思う人が多かったのだろうか?
それとも津波注意報が出ていることを知らないのだろうか?
ちょっと違和感を感じた映像でした。

幸いにして大きな津波にはなりませんでしたが、やはり危機意識は持たないといけませんね。
津波に限った事ではなく、豪雨や台風など、自然災害に対して危機意識を持つことが大切だと思います。
災害は起きて欲しくない。でも、いつ起きてもおかしくない。
その気持ちを持って、災害が起こりそうな時は、しっかり避難をしないといけないと思いました。

まだ余震などの心配があります。
山形・新潟方面の皆さん、くれぐれもご注意ください。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:21 | Comment(0) | 私の思うこと