2019年06月11日

田植えの季節

190611.jpg
【やはり田園風景は良いですね】

今日は次女の授業参観の日でした。
朝から私に「観に来てね」と念押しをして行った次女。
お母さんではなく、私に念押しして来るところが、ちゃんと現実を見ている(笑)
毎回授業参観には、私が行くので、次女もすっかり慣れている。

今日の授業参観は算数でした。
もう3年生なので、割り算の勉強が始まっています。
つい先日まで、かけ算九九を必死にやっていたのに。
子供の成長って、本当に早いですね。
次女もちゃんと割り算を出来ているようで、ちゃんと授業を受けていました(笑)

今日は天気も良くて、授業参観の前に少し時間あったので、田園が広がる場所まで、ちょっと足を伸ばしてみました。
自転車なので、ちょっと寄り道すれば、田園が広がる場所が。
昔は家の近くも、こんな感じに田園風景が広がっていたんですけどね。

水が張られて、田植えを済ませた田んぼと、まだ水だけの田んぼ。
一面に水が張られるだけで、全く違う風景になるから不思議です。
この田園風景、日本の景色なので、私は大好きです。

これから夏に向けて、ぐんぐん稲が伸びていく。
そして秋にはたわわに実り、黄金色の稲穂が垂れる。
田んぼって四季によって、全く違う風景になりますよね。

まだ梅雨入りしていない関西ですが、今夜は突然の雷雨に見舞われています。
今、まさに雷が鳴り、大雨が降っている。
昼の天気とは正反対。

田んぼも始まったので、雨も降ってもらわないと困ります。
でも、あまり強い雨はご勘弁。
おそらく通り雨だと思うのですが、結構な雨です。
雷は去って行ったようなので、あとは雨が過ぎ去るのを待ちましょう。

190611-2.jpg
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 20:21 | Comment(0) | 日記