2019年06月04日

新型MacPro登場

190604.jpg
【昔に戻った感が強い新型MacPro】

アップルのイベントWWDC2019が、アメリカ時間の6月3日に開催された。
毎年様々な発表があるが、今年も新しい内容の発表があった。

iOSのバージョンアップや、macOSのバージョンアップは、もう当たり前になっている。
Apple Watchのバージョンアップも、もはや通常の事で、特に驚きは感じない。
今回驚いたのはiPad。

新しいiPadが出たのではなくて、iPadのOSが発表された。
これまではiPadはiPhoneと同じOSで動いていた。
iPad専用のOSが出来た事で、これまでiPadでやりたくても出来なかった事が可能になる。

特に興味深かったのが、Macのスクリーンをモニタリング出来ること。
これにより、MacのアプリをiPadで動かす事が可能になる。
つまりはiPadが液晶タブレットの代わりを出来ることになる。
PainterやCLIP STUDIO PAINなど、Macでは使えるけど、iPad版がないアプリは重宝しそうです。

今回の発表で一番驚いたのが、MacProの発表です。
MacProは長いこと刷新されていなくて、「もうAppleはMacProを見捨てた」とまで言われていました。
iMacやMacBookがグレードアップされていく中で、プロフェッショナルと言われる人も、iMacやMacBookProで十分な人も多い。
そんな中、MacProは存在価値を見失いつつあった。

ここに来てようやくMacProも刷新されたのです。
しかし、刷新されたMacProを見て驚いた。
「なんじゃこりゃ、まるでPowerMacG5じゃないか。」

MacProの前に存在した、アルミ筐体のG5にそっくりのデザイン。
今のMacProは小型化され、円筒形のデザインになり、とても気に入っていた。
ところが、Appleは時代を逆戻りしたようだ。
まるでAppleらしさが見当たらないデザイン。

今まで発表されたMacのデザインの中で最悪だと思う。
思わず「ダッセ〜」と言葉にしてしまった(笑)
一緒に発表されたディスプレイも同様。
う〜ん、なんでこのデザインなんだろう?

せっかく小型化されたMacProを再びでかい筐体に戻した。
おそらくパワーアップさせる上で、大きくせざる得なかったのだろう。
そして熱を外に出すために、このようなデザインにせざる得なかったのだろう。
スティーブ・ジョブズが生きていたら、このデザインをOKしたかな?

私のMacProは使い始めて3年ほど。
まだまだ使えるので、当分はこのデザインのMacProは使わない。
まぁ買い換えるお金も無い(笑)

あまりにもインパクトが大きかったMacProのデザイン。
でも、しばらくしたら見慣れてくるかな。
私が買い換える頃には、また違うデザインになるかも知れないし。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:27 | Comment(0) | Macintosh