2019年04月29日

平成最後の誕生日

190429.jpg

我が家が魔女のお家なら、今日は長女が家を出なくてはならない日です。
確か「魔女の宅急便」のキキは、13歳になって家を出たんですよね。
立派な魔女になるために、一人と一匹で新しい街を求めて、夜空を飛んで行きました。

我が家の長女は家を出ることはありません(笑)
今は中学生となって、新たな環境を楽しんでいます。
今日は「昭和の日」、昭和天皇のお誕生日でもある日です。
ささやかなお祝いを、家で行いました。

いつもの手作りピザと、長女のリクエストの唐揚げ。
そして予約していたケーキでお祝いしました。

もう13歳になったんですね。
とにかく小学生で無くなったと言う事が、とても不思議な感覚です。
中学校の制服姿の長女を見るたびに、「あっそうだった中学生だったんだ」と気付く日々です(笑)

長女が生まれた時は、本当に待ちに待った誕生だったのを、今も思い出します。
息子が生まれてから早7年。
小学生になったばかりの息子が、ようやくお兄ちゃんになった日です。

息子から長女の間に、何度も流産してしまい、正直もう無理かと思っていました。
長女を授かった時も、また流産してしまうのではないかと、ただただ心配な日々でした。
途中、お腹の中で成長が止まった時もあり、生まれてくるまでは、本当に気がかりな毎日でした。
だからこそ、無事生まれて来た時は、家族全員が大喜びしたのです。

そんな日から13年も経ったのが信じられません。
長女は幼い頃から、周りの面倒見が良くて、託児所のキリン組さん(年長さん)の時には、先生方から「小さな先生」と呼ばれていました。
私たち親も、長女が色々できることが、まるで普通のように感じていました。
だから、時々できない事があると、「なんでできないの?」と思ってしまうほどでした。

そんな長女も、小学生になり勉強が始まると、普通の子になって行きました。
親としては「勉強もできる子になるかも」などと、淡い期待を持っていましたが、普通の子になってくれました(笑)
それでも大きな病気や怪我もなく、すくすくと育ってくれているので、親としては大満足です。

これからますます難しい年頃になって行きますが、長女の成長を見守りたいと思います。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 22:16 | Comment(0) | 日記