2018年12月09日

デビューシーズンで優勝の快挙

181209.jpg
【写真は産経ニュースWeb版から】

今日も寒かったですね。
ようやく本格的な冬に突入した感じです。
もう後戻り出来ないので、灯油も買って、タイヤも冬タイヤにチェンジしました。

寒くなってくると、熱くなってくるのが、ウインタースポーツです。
早速喜びのニュースが飛び込んで来ました。
フィギュアスケート・グランプリで、日本の紀平梨花選手が優勝を成し遂げました。
あの平昌オリンピックで圧倒的な金メダルを獲得した、ロシアのザギトワを抑えての優勝です。

正直、紀平梨花という名前を、私は知りませんでした。
まだ16歳、突然姿を現した感のある選手ですが、それはこれまではジュニアだったからなのでしょうね。
ザギトワも突然出て来て、金メダルを取った感がありました。
どちらも同じ16歳、これは良きライバルになりそうな気がします。

紀平梨花選手のデビューシーズンでの優勝は、浅田真央さん以来の快挙です。
でも、浅田真央さんよりも、より表現が豊かな感じに見えますよね。
それでいて、ジャンプも凄い。
とても16歳とは思えない力強さとしなやかさを持っています。

浅田真央さんに憧れて、フィギアスケートを始めた子供達が、今どんどんと華を開かせている。
これからも、次々と実力のある選手が出てくると思います。
日本選手の活躍は、子供達に大きな夢を与えます。

男子も羽生結弦選手が頑張っているので、未来の羽生結弦を夢見た子供達が、次々と出てくるでしょうね。
フィギアの男子で金メダルを獲るなんて、夢にも思わなかったですからね。
本当にフィギアスケートは、日本のお家芸になりつつあります。

日本の選手が活躍することで、他の国の選手がライバル心を燃やす。
そうしてお互いに切磋琢磨して、より良い演技を見せてくれます。
その演技を見て、夢を抱いた子供達が、将来のスターになっていく。
こうやって時代は繋がっていくのでしょうね。

今回の紀平梨花選手の優勝は、今フィギアスケートを頑張っている、ジュニアの子供達。
そして、これからフィギアスケートを始めたいと思っている子供達に、大きな夢を与えたことでしょう。
良きライバルとなるザギトワ選手もいる。
ライバル同士で、切磋琢磨して、お互いに成長して行って欲しいですね。
posted by island(ふくはらしゅんじ) at 23:46 | Comment(0) | 日記